シロの詩

僕の詩と僕の森

聴こえる

2017年06月30日 11時41分29秒 | 詩2017


jazz

ピアノのバラバラ

ひとつずつガラスに固まって

音符と固まって

静かにして

薄い氷もはって

身体から鳴るの静かに

そして薔薇


次に夏の乾いた太陽

横顔

ゴッホがひまわりを描いた場所

そこの香りになじむ


また森で

無心で佇む

いつかの雨が柔らかな土を湿らし

ハート型の香りがする

ふとみると薄い肌色の葉が落ちていた

枯れていないのに

あまい

あまい

香りがする

雨が降って

雨が降って






2017-06-30


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 因果関係 | TOP | 図書館 »

post a comment

Recent Entries | 詩2017

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。