シロの詩

僕の詩と僕の森

図書館

2017年06月30日 13時11分52秒 | 日記
図書館。
広いフロアに1人っきりで勉強をする時には
感動する。
図書館にいると皆、ほっとするのか、たまに
泣いている学生がいる。
以前、一度だけ声を上げて泣いている男性をみた。
わたしも、図書館ではよく涙がでる。
でも、本を読むと気分は良くなる。

椅子と机と読書灯と天井の照明
どれも同じ間隔でつくってある。
椅子に座り、1人の時はちようど椅子と机と読書灯が重なる所に身体を合わせる。私の目の前の1組だけが見える。僅かに身体を動かすと突然に何十もの机と読書灯が現れる。1とたくさんを身体を揺らして何度も楽しむ。
そして、全くの沈黙に包まれて何万もの本が美しく整理整頓して本棚に並んでいるのをみると、
ため息がでる。
天井には、一寸違いもなく丸い照明が等間隔で光る。
音楽も小さい音でもよく聴こえる。
イヤホンをして。

なんとか本を読み続けたい。


2016-06-30
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴こえる | TOP | 今日 »

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。