九重自然史研究所便り

昆虫採集と観察のすすめ

1.チョウやガの翅に残る鳥の嘴によってできた傷から何がわかるか?その4

2016-10-13 17:57:57 | 日記
1.チョウやガの翅に残る鳥の嘴によってできた傷から何がわかるか?その4
スライド4.大学の教授は定年前が一番忙しく、朝早く出勤し日が暮れてから帰宅するので、野外に出かける暇がありません。幸い大分市富士見ヶ丘の自宅の庭は56種のチョウがやってきます。だから日没後、帰宅するとまず懐中電灯とカメラを持って庭を一回りし、眠っているチョウを観察し記録するのが唯一の楽しみでした。だから私には「チョウの睡眠について」という小学生でも書ける論文があります。
 その庭にはツマグロヒョウモンが見られました。その寝姿を何度も観察していたのです。一般にタテハチョウ類は植木や草の先端近くの茎や枝につかまり翅を固く閉じて眠ります。翅の裏を見ると前翅と後翅の縁が重なるほど固く翅を閉じています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1.チョウやガの翅に残る鳥... | トップ | 1.チョウやガの翅に残る鳥... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。