九重自然史研究所便り

昆虫採集と観察のすすめ

1.チョウやガの翅に残る鳥の嘴によってできた傷から何がわかるか?その3

2016-10-13 17:51:46 | 日記
1.チョウやガの翅に残る鳥の嘴によってできた傷から何がわかるか?その3
スライド3.正解はどちらも一回の攻撃でついたキズです。ビークマークを研究するなら展翅する前、つまりまだ体が柔らかいうちに調べてください。上のウラギンスジヒョウモンは右のように翅をたたんで静止していたときに攻撃された。
 他の学者はその説明で満足するのですが、私はウラギンスジヒョウモンは朝寝坊して熟睡している時襲われた、またウラギンヒョウモンは昼間花の蜜を吸っている時襲われたと思います。なぜそこまでわかるのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1.チョウやガの翅に残る鳥... | トップ | 1.チョウやガの翅に残る鳥... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。