広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なつ

2015-07-12 21:40:22 | Weblog

18時42分 永眠

平成20年2月11日より 家族となって7年余

ありがとう。

「できることはすべてやった。みじんの後悔もない。」と治療にあたった家族談。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

クレマチスの丘

2015-05-07 00:39:24 | Weblog

三島駅(静岡県)から無料シャトルバスで25分。クレマチス中心のガーデン。美術館も併設。

これはないよ~。我が家でもプリンセス・ダイアナとプリンス・チャールズを合わせて植えたらどうだろなどと不謹慎な話をしていたが、「カミラ」があるとは知らなんだ。

三島駅で寿司ランチ。イタクおいしい。

入り口のお店に売られていたクレマチスの「流星」  今月号の趣味の園芸のおすすめ品種だった。買えばよかったなあ。後悔。


この記事をはてなブックマークに追加

花弁餅

2015-02-17 03:55:50 | Weblog

知り合いのお茶の先生が初釜をされたそうで、れいの和菓子屋さんの花弁餅のおすそ分け。

仕事の合間に頂いた。味噌餡と甘く煮たごぼうが入っている。とてもおいしい。


この記事をはてなブックマークに追加

あやめ雪かぶを食す

2015-02-17 03:47:01 | Weblog

自家栽培のあやめ雪蕪は望み薄だが、農協の産直で立派なあやめ雪かぶを手に入れた。

牡蠣があったので「みんなの今日の料理」を検索して、牡蠣とカブの味噌グラタンをつくった。本当はホタテも入るのだがなかった。

コンソメで煮た蕪が「柔らかすぎ」とのクレームもあったが、大満足。とてもおいしい。

白ワインに会う。

生クリームとバターを使うので高脂血症には×なメニュー。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ベランダ園芸の悲劇

2015-02-14 14:57:12 | Weblog

唯一日があたる2Fベランダでおいしい「あやめ雪かぶ」を育てた。4cmほどまで育って「あと一週間で収穫!」と思った翌日の悲惨な現状。堆肥もたくさん入れてそれはそれは大事に育てたのになあ…。

鳥もよほど空腹らしい。


この記事をはてなブックマークに追加

レーズンウィッチ 小川軒

2015-02-13 17:34:40 | Weblog

昔、頂き物で食べたことのある小川軒のレーズンウィッチ。

たしか、御茶ノ水だった。それが、乗り継ぎ駅の「津田沼のエキナカ」で売られていた。イヤー、どうしようかな!カロリー高そうだし、10個入り。

1か月後、誘惑に勝てず、やはり、購入。

翌週、千葉駅で鎌倉の小川軒のレーズンウィッチが売られていた。ハテ、どちらが・・・。

お味はやはり津田沼駅の「御茶ノ水小川軒」のほうがおいしかった。おまけに安い。◎なり。


この記事をはてなブックマークに追加

新年の生和菓子

2015-02-13 17:30:57 | Weblog

暮れにおいしい和菓子屋さんから電話があって、新年の和菓子を売ってもらえることになった。

31日に勇んでバス→電車→バスと乗り継いで新年用のおめでたい和菓子10個入りを購入。お抹茶でいただきました。


この記事をはてなブックマークに追加

「痒み」 

2015-02-13 17:24:34 | Weblog

近くのスーパーに 雑誌にの間に 「なぜ皮膚はかゆくなるのか」  菊池新著 PHP新書  が売られている。場違いな感じ。先日から痒みについて???だったので即購入。ぱらぱらとななめ読み。面白うそう。

じっくり読みたいけれど、日限の迫った仕事があるから、読めない。

あ~あ早く終わらないかな。


この記事をはてなブックマークに追加

ブーツ購入

2015-02-09 02:26:44 | Weblog

おおよそブーツは無理な足である。

が、寄る年波には勝てぬ、パンプスとタイツで過ごしてきたが、しもやけができて足底が痛痒い。帰宅して素足になったら、足指がロウのように白くなっている。若い人の履いているムートンブーツがウラヤマシイ。

でも、仕事中、あれは無理。そんな折、デパートをふらふら歩いていたら、いつものコンフォートシューズのお店がシーズンの終わりのセール。足首までのブーツっぽいモノを半額で売っていた。

即購入。朝7時16分のバスに乗る日に履いてみた。これほど暖かいとは思わなかった。いくら厚手のタイツで防御しようともブーツには勝てない。いい買い物だったとうれしくなった。しかし、スーツに中途半端な長さのブーツ、ごく短い脚、絵的にはウ~~~ン。タイツをブーツと同じ黒にして「長めに見せる」せめてもの抵抗ダイ!!

それはそうと、「痒み」ってなんだろう。麻酔をして痛覚を麻痺させると痒みも消えてしまうそうで、痛覚の弱い刺激と解釈されている。が、その意味はよくわかっていないようだ。痒い→掻破→一層痒くなる→掻破で悪化の一途だ。

痛覚は「順応」しない感覚。痒みの感覚も確かに順応はない。自覚的には痒みが痒みを呼んで、加重されているように感じる。痒みの研究が思ったより進んでいないことが意外である。


この記事をはてなブックマークに追加

「精霊の守り人」 読書中

2015-01-16 01:16:36 | Weblog

先日、ラジオで著者の上橋菜穂子さんのインタビューをやっていた。

2014年 国際アンデルセン賞を受賞した方とか。

ちなみに日本人では2人目 (1994年 まど みちお 受賞)

守り人 シリーズは10冊ほど?

おまけに「バルサの食卓」という物語の中の食事を再現した本まで出版されている。それも新潮文庫。

主人公バルサを綾瀬はるかが演じてドラマ化決定! とか

物語のテンポも速く文章も申し分なし。通勤の電車の中で楽しんでいる。


この記事をはてなブックマークに追加