Everything EXO~EXOが好き。

EXOのお写真の記録用。
(お写真はお借りしています)

『グローリーデイ』スホ、インタビュー

2016-10-15 | スホ出演映画『グローリーデイ』
『韓スタ!』の記事より



日韓で絶大な人気を誇る韓国9人組ボーイズグループEXOのリーダーのスホが待望のスクリーンデビューを飾った話題の映画『グローリーデイ』(チェ・ジョンヨル監督)が10月8日にシネマート新宿ほか全国ロードショーとなる。
映画『グローリーデイ』は、前だけを見て突き進みながらも悩み多き二十歳の若者4 人が旅先で遭遇したある事件を描く衝撃作。スホは自分の学費を稼ぐために苦労している祖母の姿に心を痛め、大学進学の代わりに軍隊を選ぶ心優しき青年サンウをみずみずしく演じた。そこで映画公開を記念して、映画『グローリーデイ』について語るスホのインタビューをお届け!





――まずスホさんが映画初出演作として『グローリーデイ』を選んだ理由から教えてください

「俳優としての初出演作はぜひ映画にしたくて、いくつかのシナリオを読みました。その中で『グローリーデイ』が一番、目に留まって、本当に面白かったです。ストーリーに完全にのめり込むことができ、どんな役であれ、この作品に絶対に出演したいと思いました。出演できるという話を聞いた時、うれしかったです。生涯、忘れられない大事な初出演作になると思います」

――では、スホさんが演じられたサンウはどんなキャラクターですか?

「サンウは祖母と一緒に暮らし、生活が苦しい。そんな状況のため大学を諦めて軍隊に行く決心をし、若くして多くの葛藤を経験するキャラクターです。つらい青春時代を送ってますが、それにもかかわらず、友達と一緒にいる時は明るく前向きな純粋な若者です」



――役作りにあたり心がけたことがあれば教えてください

「実際サンウという人物は二十歳という年齢にしては内面的葛藤がとても重く、それを表現するために努力しました。しっかり内面的な演技が表現されたかは未知数ですが、僕の場合、祖母への思いや感情が大事なので、毎日撮影に臨む前に祖母宛に手紙を書いてみたり、読んでみたりして、サンウの気持ちを感じようとしました。また、できるだけ自然に二十歳のサンウを表現するために、ヘアスタイルも近所の美容室で切ったような感じにしようと自分でセットして撮影に臨みましたね」

――苦労したシーン、お気に入りのシーンを教えてください

「最初の方でアスファルトの上に僕が横たわっているシーンがとても心配だったし、難しかったと思います。監督が僕と一緒にアスファルトの上に横になっていろんな話をしてくれて、とても助かりました。それでエネルギーを受けて上手く撮影できたと思います。そのシーンでタイトルが入るのでもっとも記憶に残っています。大変だったけど一番思い出深いシーンだといえます」

――二十歳の思い出や記憶に残っている出来事を教えてください

「二十歳の時は練習生だったし、大学に入学する時期でした。足を怪我していたので学校と練習生を両立するのがとてもしんどかったです。周りからいろいろ支えてもらって今があると思います。二十歳になる前の年、高校3年生からが大変だったかも。怪我して6ヶ月、いやほぼ1年間、僕にとっては大変で試練の時期だったと思います」

――今後、どのような役を演じてみたいですか?

「この映画は僕にとって初のフィルモグラフィーで、本当に大切な映画です。今後また映画などの作品に出演する機会があるとしたら、正直僕はどんな役でもいいです。あえて言うのなら、学園ものとか、制服を着て仲間たちも出る作品をやってみたいですね。『グローリーデイ』を撮影するとき、仲間たちと一緒に旅行するシーンをとても楽しく撮影したので、もう一度そのような作品に出演して、いい思い出になる演技をしたいですね

――最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします

「心に響く映画なので、僕たちと一緒に感情を共有してください。(日本語で)皆さん!期待してくださいね。ありがとうございます」

◇プロフィール

1991年5月22日生まれ、173㎝。
2012年4月に韓国でデビューした韓国男性アイドルグループEXOのリーダー。2015年11月にリリースした日本デビューシングル「Love Me Right ~romantic universe~」がオリコンシングルチャート1位を獲得。俳優としては、「総理と私」に出演している。

◇ストーリー

二十歳になったばかりのヨンビ(ジス)、サンウ(スホ/EXO)、ジゴン(リュ・ジュンヨル)、ドゥマン(キム・ヒチャン)は、入隊するサンウを見送るために久しぶりに集まって旅行に出掛ける。友達がすべてのヨンビ、大学進学の代わりに軍隊を選んだサンウ、母に言われるがままの浪人生ジゴン、父親のコネで大学に入ったドゥマンは、それぞれの人生から抜け出して自由を満喫する。浦項(ポハン)のある海辺ですっかり大人になった気分で浮かれていたのも束の間、4 人一緒なら何一つ怖いものなどなかった彼らの心を揺るがす事件に遭遇する―。

『グローリーデイ』

2016年10月8日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー
配給:クロックワークス©2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
【公式サイト】http://gloryday-movie.com/
【公式Twitter/Instagram】@gloryday_movie



『EXO』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 161014 1日1スホ ・7♪公式HP | トップ | 『グローリーデイ』ジス、イ... »

あわせて読む