12angels story~EXOの架空のお話とお喋り

EXOの架空のお話と、EXOについてのお喋り。

※使用しているお写真はお借りしております。

寝言トーク!with Vchartawards

2017-05-03 | TALK

まぁ、今までも全部、寝言なんですけど!(妄想とも言う)

今回は更に信憑性がない寝言です!


☆☆☆

先月、coldplayのコンサートがソウルで行われた時、スホさんはBoA先輩やイトゥク先輩と一緒に行った写真が上がってました。

coldplay、私も大好きなんですけど、スホちゃんも好きだったなんて!運命かな!←



奥にいるのはヨンミン社長でしょうか。

現社長と、(非登記)理事のBoAちゃんといずれ事務所の経営も担っていくのでは、と言われているイトゥクさん。

そこにスホちゃん。

可愛がってもらえて何よりです。


スホちゃんは、自分達が後日同じ場所で行うアンコールコンサートの下見も兼ねてたのかもね。
(いや、ファンでもあったのかもだけど。)

以前から彼らを大好きアピールしてたチャニョルちゃんは、コンサート行かなかったのかな?

せっかくソウルに彼らが来たのに!

と、思ってたら、



行ってた(^^)。

良かった。

お友だちと一緒に行ってたんだね。

これはお友だちがアップしたインスタのお写真です。


…でも…


こんな時、絶対、自分でインスタ上げてアピールするのがチャニョルちゃんじゃない?

それなのに。

上げなかったのなぜ。

同じ日にスホちゃんも行ってたのなら、一緒に写真撮って上げたらよかったのに。
ほんとなら同じグループのメンバー同士で行って写真上げるのがイメージ的にもファンの受けもいいに決まってるよね。

だけどそれがそうは簡単にいかないEXO。


(さあ、大いなる寝言の始まりですよ‼)



先輩や会社の社長と行くのって肩凝るよね、フツー。

でも、それがスホちゃんにとっては『普通』なんだろな。


上の写真のスホちゃんのいる位置に、他のメンバーを当てはめてみて?
すごい違和感…

だけどスホちゃんだと、あ、仕方ないね、
『後継者』だもんね。
って、すんなり思えちゃうんだよね…


同じ日に同じ場所に居たのに。
同じコンサートを見てるのに。
チャニョルちゃんはそれさえ呟かなかった。

…やだ…なんか、身分差的なものを感じて萌えてごめんね…(おい、そこか。)


陰で二人でアイコンタクトして

『楽しかった?』

『うん、そっちは?』

『うん、まあね、、』

とか言っててほしい。←


この前のロッテペンミでファンからの『セフンさんが最近爆笑したことは?』という質問に考え込むセフンちゃんをスホさんがフォローして、
『僕がコールドプレイのコンサートに出掛ける時セフンがゲームをしてて、帰ってきても同じ格好でゲームをしてました笑』って、自分がセフンちゃんに爆笑した話を披露したのですって。

…きっと、拗ねてたんじゃないの。
置いてかれたことに。(寝言)

『僕も行きたかったのに』
『仕方ないだろ。じゃあ、一緒に来る?』
『嫌ですよ、二人でなら行くけど。』

とか言っててほしい。←

(゜ロ゜)!
そっか、その埋め合わせで、ロスに2人きりで残ってたのか!←



セフンちゃんのインスタ♪
楽しかったようで良かったね!



すっごい高級スイートルームなんだって!ここ!(解析班すごい)



今日、帰国の途につく二人…
パリといい、今回といい、仲良くて良かったよ…ほんとに😢


話が横道に逸れました〜☆

戻しますね。

スホちゃんの『後継者』云々…

そりゃ寝言に過ぎないんだけど。

だけど、ほら。




跪きたくならない…?



己の罪を懺悔したくならない…?

顔面の正義。

美しいは正しい。

あ、ちがう、今回はそこじゃなくて(^^;


スホさんのリーダー的素地について、です、、



この人に任せておけば絶対大丈夫、みたいな安心感、ありません?


4月8日マカオで行われたVchartawardsに出席したEXOちゃんたち。

(以下、SNSで中国EXO-Lちゃんたちが言ってたことです)

予定では4曲披露するはずだったそうです。



スタッフに呼ばれて、時間の都合で2曲にしてくれと言われているスホさんらしいです。

中国エクセルちゃんたちのために中国語の『FOR LIFE』を用意していたEXOちゃん。

なんとかそれだけでも、と静かに交渉するスホさん。

スホさんの耳元に顔を近付けて叫ぶように話すスタッフ。

(元動画を貼る術がない私を許して…‼)

かなり強い口調で言われてる感じがするし、しまいには金髪のスタッフに急かされ(押され)席に戻るスホさん。

見ていて心が痛かった。

普通なら直接アーティストにあんな交渉する?
マネージャーとか通さないの?

完全放任主義なのか、
完全に信頼してのことなのか。

そして…

席に戻るスホさんに話しかけることなく、自席で舞台に向かって他のアーティストたちに拍手するメンバーたち。

それはとても自然なような、
不自然なような、、、

…やっぱり不自然だよね。

だって、だれもスホさんを見ないし声も掛けないんだよ。

スホさんに任せておけば、心配ないから?

どうした?なにがあった?何を言われた?って、気にならないの?


それとも、

いつものことなの?

こんなこと、慣れてるの?

…察しはついてたの?

彼らの位置からスホさんとスタッフのやり取りは見えたものね…

わかってたよね、メンバーも。

でも、どうすることもできない。


もしかしたら、

スホさんが傷付いた顔してた…?

話しかけられない雰囲気を纏ってた?


それを見て、

自分達の無力さを感じたりした…?


喝采と、絶望と、妥協と、日常があまりにも劇的すぎるね…





EXOって、

逆境の中で輝くよね…

もう、これなんか宗教画として美術館に飾ろう?



この日ですよ…

EXOデビュー5周年の節目の日、

このハプニングがあった日の夜に、スホさんが公式にアップしたお写真が、あの自撮り2枚です。


『エクソエルでいてくれて ありがとう』


って、書かれていました。



憶測の同情なんて、いらないんだろうなぁ…

そこにあるのは現実のみ。

我々は彼らの差し出す美しさに感服し賛美するのみ。





栄光の日々でないばかりか、

1日のうちにだって、天国と地獄が訪れるんだもの。

現実を受け入れて歩いていくしかないんだもの。


タフでなくちゃ、やっていけないよね。


だけど、EXOちゃんたち、みんなソフトじゃないですか…

こんな激レースに身を置きながら、

激昂しない、激しすぎない、

硬質な輝きを放つ品格がある。

それって、

やはりカラーですよね、EXOの。




























前人未到の地を先陣を切って駆けていてほしい。




☆☆☆
話は戻るのですが、
スホちゃんが先輩たちから可愛がってもらえて良かった、と思ったのは訳がありまして…。
14年くらいに、こんな噂がありました。
イスマン氏とヨンミン社長の不仲(確執)により、イスマン氏が手塩にかけてマネジメントしたEXOなどのアーティストへの不当な待遇が案じられる、と。そんなことあり得ないと思っても、ちょっと気にしちゃうじゃないですか。なのでヨンミン社長とスホちゃんが一緒にいるのを見るとホッとしちゃったのです。(*´-`)

☆☆☆以上、膨大な寝言でした☆

☆追記☆

V Chart Awards

EXO
アジアで最も影響力のあるアーティスト賞🏆


セフンくん
最も人気のあるアーティスト賞🏆
(ライブ投票/個人)


チャニョル
最も人気のあるアーティスト賞🏆


レイさん 今年のアルバム賞🏆


レイさん
最優秀男性アーティスト賞🏆


ベッキョン
韓国で最も人気のあるアーティスト賞🏆










『EXO』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タオBIRTHDAY追記・るぅちゃ... | トップ | ベッキョンHAPPYBIRTHDAY♪ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TALK」カテゴリの最新記事