宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

民主党・国民新党、「郵政事業見直し検証委員会」を発足

2008年07月30日 20時02分47秒 | 第170臨時会(2008年9月~12月)麻生兵糧攻め

[写真は直嶋正行民主党政調会長、自見庄三郎国民新党政審会長]

 民主党と国民新党は30日、第45回総選挙での協力の目玉となる郵政民営化プロセスの見直しに関する話し合いの場を設けました。

 出席者は国民新党から自見庄三郎副代表(政審会長)、糸川正晃国会対策委員長、民主党から直嶋正行政調会長、原口一博ネクスト総務大臣。

 名称は「郵政事業における国民の権利を保障するための改革委員会」(略称:郵政事業見直し検証委員会)に決まりました。

 「国民の権利を保障する」ための郵政事業見直し。

 実にいい名称だと思います。特に憲法29条の財産権を保障してほしい。財産権=自分のサイフを守る権利です。当然の権利です。

 しかし、2010年秋に日本郵政株を外資系が買い占めたら、日本国民のサイフ(郵便貯金200兆円など)を奪われるかもしれません。郵政民営化はいまさら元に戻すわけにはいきませんが、郵政民営化プロセス(なかでも株式売却)は凍結も含めた見直しが必要です。

 そう考えると、2010年秋より前の衆院選って、おそらく次の総選挙しかないでしょう。
 民主党・国民新党のタンデム(二頭立て馬車)の足並みが乱れることは国民の損失になります。
 
 「郵政事業見直し検証委」の協議は8月から早速、始まります。

   
http://politics.blogmura.com/
↑クリックで「モノ言える日本」へ!
(ブログの人気ランキングに参加しています)

[関連エントリ]
2008/7/17
「政権交代に全力」郵便局長会が民主党、国民新党と合意文書
2008/6/18郵政民営化見直しを第45回総選挙マニフェストに―菅直人さん
2007/12/12【参院本会議】郵政民営化凍結法案が可決→衆院へ
2007/10/12国民新党の郵政見直し法案、3党で参院提出へ
2007/10/012007年10月1日、郵政民営化!

tag Nobuyuki Miyazaki kokkai-blog DPJ LDP Japan Politics, Election
<script type="text/javascript" src="&quot;&lt;/FONT">// http://2069463.ranking2.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"> // ]]></script>

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川端達夫副代表、「小沢代表... | トップ | 小沢一郎総理(仮)「初デー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む