宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治を実現します。
(2)開かれた国会を報じます。

◎「国民の生活が第一」が「国民生活会議」設立 小沢一郎が悪質なマネーロンダリング継続

2012年09月20日 10時55分37秒 | 宮崎信行 Miyazaki Nobuyuki

[写真]小沢一郎氏、筆者撮影。

 本当に悪い奴だ。やれやれ、小沢一郎氏の「病気」はまったく治っていないようで、またしても、政党助成金などをめぐる悪質なマネーロンダリングに向けて、悪の温床を作りました。


[画像]2012年9月20日付官報。なお総務大臣の個人名(民主党員)は消させていただきました。将来的にこのページをご覧になった方が、何か勘違いをすることを未然に防ぐためですのでご了解下さい。

 2012年7月11日(水)に「結党」を宣言した小沢一郎氏が党首を務める政党「国民の生活が第一」の政治資金管理団体として「国民生活会議」の設立が告示されました。代表者は、小沢秘書軍団の実質トップ(実際には閣僚を務めた父親の秘書出身)である同党参議院議員、佐藤公治さん、会計責任者は、民主党を(おそらく定年で)退職した西尾利逸職員の名前で、平成24年8月29日付で届け出ました。主たる事務所の所在地は、同党本部と同じ住所。

 これが何が問題か。

 小沢一郎氏は新進党解党の資産を自由党に移しました。この自由党の政治資金管理団体は「改革国民会議」という名前でしたが、自由党解党後も政治団体として存続し、直近の政治資金収支報告書では、代表者・会計責任者とも側近の元参議院議員、平野貞夫さんが務めており、9億円ほどの繰越金が残っています。さらに、それ以前に1992年の経世会分裂後にできた自民党羽田派こと「改革フォーラム21」も残っており、直近の政治資金報告書では、代表者・会計責任者とも小沢秘書出身で衆議院議員の川島智太郎さんが務めており、2億円ほどの繰越金があります。なお、改革フォーラム21は、羽田孜代表でしたが、この団体の存続に羽田さんはタッチしていません。

 一方、民主党の政治資金団体(献金の受け皿団体)は「国民改革協議会」と呼び、これは直近の政治資金収支報告書では、代表者は元民主党参院議員で初代組織委員長(元連合副会長)が務めており、会計責任者は西尾利逸さんになっています。定年退職に前後して、最も政治資金に詳しい西尾職員が小沢新党に参加したようです。

 ここまでで、固有名詞がグチャグチャでしょうから、党名と政治資金団体(受け皿機関)を整理すると、

 自民党=国民政治協会

 民主党 =国民改革協議会

 国民の生活が第一=国民生活会議

 になります。

 そして、かつて小沢氏が党首や代表幹事を務めて、現在は政党が存在しないのに、政治資金管理団体が残っているのが、

 (通称・自民党羽田派、新生党)=改革フォーラム21
 (自由党)=改革国民会議

 になります。

ですから、現在小沢氏が支配下に置いていると思われる政治団体の中で、古い順に、

 改革フォーラム21
 改革国民会議
 国民生活会議

 となり、3つめが新しく加わったことになります。このほかに、政党本体の「国民の生活が第一」も資金を受け入れられるし、支部として「国民の生活が第一衆議院岩手県第4区総支部」というような名称の団体も届けられたか、届けられる見通し。このほかに、小沢一郎・衆議院議員(候補者含む)の政治資金管理団体として「陸山会」があります。さらに日中友好や、草の根国際交流の政治団体も小沢氏の支配下にあります。

 今回の「国民生活会議」という名称は、明らかに混同をねらったものと思われます。ここまで行くとうんざり感が出るので、テレビ媒体は当然として、雑誌・新聞ですら、「うんざり」「もういい」という感じで、ジャーナリズムによる、取材・追及・検証が弱まると考えられます。

 このため、政党である「国民の生活が第一」に5億円以上の振り込みがあると思われる2013年4月19日よりも前に、総選挙をして、小沢グループ新党「国民の生活が第一」を根絶やしにする必要性が高まったと考えられます。

 このようにプロセスを不明確化し、お金を動かすのが小沢流であり、今回の「国民生活会議」はこれからも同じような政治手法をとり続ける宣言と思われます。さらに、「誠山会」という団体を解散し、そのうえで、今回、新しい政治団体を少なくとも3つ(政党、政治資金管理団体、支部)つくったことにより、さらに小沢マネーの把握は複雑になり、小沢氏本人だけが思うように動かすことが可能になります。

 とにかく、総選挙で、小沢グループを根絶やしにしなければなりません。政治改革どころか、民主政治の危機です。

 日本国民全員の総力を結集して、小沢一郎の息の根を止めましょう!

[お知らせ]

 衆議院解散はいつか。その答えはこの日程表にある。会員制ブログ(月840円)。

今後の政治日程 by 下町の太陽

 最初の1ヶ月は無料で試し読みできますので、気軽に登録してみてください。取材資金にもなりますので、ご協力をお願いします。
 
「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い

 「新党結成」の煽り報道で食べている既存メディアは恥を知れ。国権の最高機関である国会を中心に地道に、本質を見抜いた政治報道を続けられるようご支援をお願いします。

[お知らせおわり]
tag http://www.kantei.go.jp/jp/fukusouri/press/ http://regimag.jp/b/sample/list/?blog=65 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国とのパイプが太い公明党... | トップ | ◎野田佳彦さんが代表に再選 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮崎信行 Miyazaki Nobuyuki」カテゴリの最新記事