宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

岡田克也前副総理が「天皇平成30年退位」で、「与野党対立しないように」菅官房長官「岡田委員の言う通りになればいいと思う」

2016年10月19日 17時20分55秒 | 岡田克也、旅の途中

[画像]内閣官房長官に質問する、岡田克也前副総理、2016年10月19日、衆議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 岡田克也前総理は、平成28年2016年10月19日(水)の衆議院内閣委員会「大臣所信表明に対する一般質疑」で質疑に立ちました。

 岡田前副総理は、今上天皇である明仁が、平成30年2018年をめどに、退位なさりたいご意向をお持ちのことについて、菅義偉内閣官房長官に問いました。

 岡田前副総理は「なるべく与野党が対立しない方がよい」と語り、菅官房長官は「岡田委員の言うようになればいいと思う」と応じました。

 この質疑のもようは、新聞電子版で速報されました。菅官房長官は、有識者会議のとりまとめを受けて、来年平成29年の通常国会に法案を提出するかまえ。

 岡田さんは、平成24年2012年末に下野した後の、第183回国会で、初めて衆議院内閣委員に就任。今回は3年ぶりの再登板になりました。

 非世襲議員として、日本を代表する、新旧官邸政務の岡田さんと菅さん。

 現在衆議院の定数は475ですが、岡田さんの62歳は、180番目になりますので、高齢者4分の1よりもやや下となります。最年長の亀井静香さんと比べると17歳若い。これをどう見るかですが、政権交代ある二大政党政治では、時間軸は半分と考えるべきで、私としては、なかなか、高齢になってきたという感じは否めないように感じます。年長者のランキングを見ても、次の解散の後でも、上位100番よりも若いということにはなりそうです。

(C)2016年、宮崎信行。

  

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厚生労働委員会以外の衆参常... | トップ | TPPの地方公聴会を24日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。