nobuのアウトロー国会傍聴記(旧宮崎信行の国会傍聴記)

2017年の選挙で、民進党(無所属の会)が衆議院わずか13議席の野党第3党に。やむなくアウトローに転じました。

【第196回通常国会】平成30年2018年1月22日(月)に召集、当初会期末は6月20日(水)

2017年12月19日 20時03分04秒 | 第196回通常国会(2018年1月召集)群雄割拠

[写真]国会議事堂中央部3階の御休所(ごきゅうじょ)から見る国会正門側(皇居側)、向こう正面は常任委員長室で、下は中央階段=2017年5月、筆者・宮崎信行撮影。

 第196回通常国会が、来月、平成30年2018年1月22日(月)に召集されることになりました。複数報道もあってか、与党・森山裕国対委員長がきょう=前月19日=に明言した、と報じられています。

 当初会期末は、平成30年2018年6月20日(水)になります。

 この日程は、1月12日(金)午後1時30分からの、衆参の議院運営委員会理事会で、内閣から国会に伝えられます。

 召集日に、今年度第1次補正予算案と来年度予算案が提出され、衆参本会議で政府4演説。代表質問を補正と本予算で別々にやるかどうかが、最初のかけひきとなりそうです。テレビ入り委員会は、2月に入ってすぐの衆・予算委の補正審議から始まり、2か月間にわたって、テレビショーが楽しめそうです。

 新年度予算案の衆通過・自動成立の目安は3月2日(金)の夜の衆・本会議まで。これは、与党内の参議院執行部の要望で、逆に3月5日(月)以降になるシナリオもありえます。予算案は年度内に必ず成立。

 3月15日までに小選挙区選出議員が亡くなった場合は、4月10日(火)告示同月22日(日)投開票で、補欠選挙があるかもしれません。

 5月4日(祝)は、田中角栄さん生誕100年。連休明け国会は5月7日(月)からスタート。一般法案の審議日程は十分にあります。

 会期中に会派の結成などがあっても、前年秋に選出された衆参の常任委員長の顔ぶれは変わらないだろうと、私は試算にもとづき推測します。

 審議では、前年からの「もり・かけ」特区・学校法人問題、新年度予算案のイージスアショアや巡航ミサイルの導入や検討の予算案。民法の「成年」を18歳にする法案、IRカジノ施設法にもとづき国交省が書く実施法案及び与党提出のギャンブル対策法案、日銀正副総裁の国会同意人事案(本会議のみ)などが議題になりそうです。前年から「保険業法改正案」(195閣法4号)を、野党が議長の委員会付託に反対する「つるし」をしており、衆参の財金委員会で、年度末及び会期末に波乱の兆しが無くはありません。

(この記事の初投稿は11月25日で、12月19日に書き直しました)

このエントリーの本文記事は以上です。

(C)2017年、宮崎信行。

[お知らせはじめ]

宮崎信行の今後の政治日程(有料版)を発行しています。

国会傍聴取材支援基金の創設とご協力のお願いをご一読ください。 

このブログは以下のウェブサイトを活用しエントリー(記事)を作成しています。

衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)

参議院インターネット審議中継

国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)

衆議院議案(衆議院ウェブサイト

今国会情報(参議院ウェブサイト)

各省庁の国会提出法案(閣法、各府省庁リンク)

予算書・決算書データベース(財務省ウェブサイト)

インターネット版官報

[お知らせおわり]

Miyazaki Nobuyuki

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第196回通常国会の2月2... | トップ | 【改正民法債権編】2020... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第196回通常国会(2018年1月召集)群雄割拠」カテゴリの最新記事