宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

◎「連帯保証人廃止」へ 民法改正法案、2015年国会提出へ 2009民主党マニフェスト実現へ

2013年02月28日 18時35分21秒 | 第189回通常国会2015年安保国会

[写真]谷垣禎一リアル、前川清成ネクストの両法相。それぞれ、法務省ホームページと、プレス民主から。

 再来年2015年の通常国会となると、おそらく会次は「第188回国会」ぐらいになるでしょう。民法制定以来初めて、第3編、「債権編」、(債権法という呼び方もあります)を全面改定する法案が提出される公算になりました。

 この中で、連帯保証人制度が廃止されます。

 民主党2009マニフェストは「自殺の大きな要因ともなっている連帯保証人制度について、廃止を含め、あり方を検討する」とあります。これは融資を受ける際の連帯保証人のことであり、アパートを借りる際の連帯保証人のことではありません。

 千葉景子法相が政権交代直後の2009年10月28日に、「法制審議会民法(債権関係)部会」に対して第88号諮問というのを出しています。千葉法相は諮問で「民事基本法典である民法のうち債権関係の規定について、同法制定以来の社会・経済の変化への対応を図り、国民一般に分かりやすいものとするなどの観点から、国民の日常生活や経済活動にかかわりの深い契約に関する規定を中心に見直しを行う必要があると思われるので、その要綱を示されたい」と要請していました。

 これについて、2013年2月26日、中間とりまとめができました。4月からパブリック・コメントを募り、来年に「民法改正要綱」を諮問。法務省民事局が法案を書き、内閣法制局の作業を入れて、2015年2月ごろに国会提出。4月~5月に審議入りし、2015年6月前後に採決を迎えるというようなスケジュール感でしょう。

 民法第434条は「連帯債務者の一人に対する履行の請求は他の債務者に対してもその効力を生ず」とありますが、中間とりまとめでは「民法第434条の規律を改め,連帯債務者の一人に対する履行の請求は,当事者間に別段の合意がある場合を除き,他の連帯債務者に対してその効力を生じないものとする。」となっています。

 下の法務省ホームページに情報があります。 

民法(債権関係)の改正に関する中間試案のたたき台(改訂版)
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900183.html
http://www.moj.go.jp/content/000108218.pdf 


 第183回通常国会の時点では、衆議院法務委員には民主党の枝野幸男さん、田嶋要さん、自民党の平沢勝栄さんらがかまえます。参議院法務委員会では江田五月理事や小川敏夫委員らが2016年までの任期を持っています。しかし、銀行などが巻き返しを図る可能性があります。自民党は党本部、派閥、後援会とも、銀行から多額の資金提供を受けており、金融機関に有利な連帯保証人制度を残すように巻き返しを図るのは間違いないでしょう。しかし、連帯保証人がなければ融資できない金融機関などは本来存在意義が無く潰れるべきなんです。それが自由主義経済の常識であり、日本の常識は世界の非常識です。

 2009マニフェストの実現に向けて、連帯保証人制度の抜け道無き完全廃止に向けて、党派を超えてたたかって参りましょう。これは絶対に実現させましょう。

 政権交代ある政治のその先にある「政治を国民の手に取り戻す」。

[法務省ホームページから引用はじめ]

http://www.moj.go.jp/content/000103338.pdf


民法(債権関係)の見直しについて
現在,法制審議会民法(債権関係)部会では,民法のうち債権関係の規定の
見直しについての調査審議が行われています。
○ 諮問第88号(平成21年10月28日総会)
 民事基本法典である民法のうち債権関係の規定について,同法制定以来の社
会・経済の変化への対応を図り,国民一般に分かりやすいものとする等の観点
から,国民の日常生活や経済活動にかかわりの深い契約に関する規定を中心に
見直しを行う必要があると思われるので,その要綱を示されたい。
○ 見直しの対象
 民法のうち債権関係の規定について,契約に関する規定を中心に見直しが
行われています。
具体的には,民法第3編「債権」の規定のほか,同法第1編「総則」のう
ち第5章(法律行為),第6章(期間の計算)及び第7章(時効)の規定が検
討対象であり,このうち事務管理,不当利得及び不法行為の規定は,契約関
係の規定の見直しに伴って必要となる範囲に限定して見直すこととされてい
ます。

法制審議会民法(債務関係)部会第71回会議平成25年2月26日(火)

http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900183.html
http://www.moj.go.jp/content/000108218.pdf

3 連帯債務者の一人について生じた事由の効力等
(1) 履行の請求(民法第434条関係)
民法第434条の規律を改め,連帯債務者の一人に対する履行の請求は,
当事者間に別段の合意がある場合を除き,他の連帯債務者に対してその効力
を生じないものとする。

[引用おわり]



[お知らせ1 はじめ]

 「国会傍聴取材支援基金」を設けました。他メディアにはない国会審議を中心とした政治の流れをこのブログで伝えていきます。質素倹約に努めていますが交通費など諸経費がかかります。

 「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い

 ご協力ください。どうぞよろしくお願いします。

[お知らせ1 おわり]

[お知らせ2 はじめ]

 会員制ブログで今後の政治日程とそのポイントを解説しています。

今後の政治日程 by 下町の太陽

 最初の1ヶ月は無料で試し読みできます。取材資金にもなりますのでご協力下さい。

[お知らせ2 おわり]

[お知らせ3 はじめ]

 このブログは次のホームページを参考にして、記事を作成しています。
 最近の法律・条約(内閣法制局ホームページ)
 衆議院議案(衆議院ホームページ) 
 今国会情報(参議院ホームページ)
 
予算書・決算書データベース(財務省ホームページ)

 衆議院インターネット審議中継
 参議院インターネット審議中継

 国会会議録検索システム(国立国会図書館ホームページ)

 民主党ニュース(民主党ホームページ)
 goo ニュース

[お知らせ3 おわり]

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石破茂幹事長は岡田克也幹事... | トップ | ◎やる気あるのか? 政府、の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まったくとしか言いようのない記事、賄賂という政治献金)
2016-04-30 18:01:59
ワイドショウというテレビはなにも放送しない

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。