宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治を実現する。
(2)開かれた国会を報じる。

民進党の山井和則国会対策委員長「会期延長に反対」「共謀罪法案はいったん閉じて、新しい大臣で出直せ」

2017年05月18日 12時57分08秒 | 第193回通常国会(2017年1月から6月まで)学校法人森友・加計学園国会

 民進党の山井和則国会対策委員長は、18日の記者会見で、
 「当然会期の延長には反対」とし、

 「一たん国会を閉じて、この共謀罪についてもじっくりと国民に説明をあらためて行う。そして、金田大臣ではない、新しい説明責任を果たせる大臣のもとで審議をすべきだ」と語り、

 与党から出ている「40日前後延長論」を牽制し、第193回国会は6月18日(日)に閉じて、共謀罪法案(閣法64号)を審議未了廃案(秋の国会に継続審査)に追い込むかまえを改めて強調しました。

このエントリー記事の本文は以上です。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年通常国会に自民党... | トップ | [きょうの国会]特区法改正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む