宮崎信行の国会傍聴記

(1)岡田克也さんを応援して政権交代ある二大政党政治を実現します。
(2)開かれた国会を報じます。

第194回臨時国会召集要求書を提出 民進党、共産党など野党幹事長

2017年06月22日 19時42分16秒 | 第194回臨時国会(国難突破冒頭解散2017年9月)

[写真]川端達夫・衆議院副議長(右)に、臨時国会召集要求書を提出する野党幹事長ら、2017年6月22日、国会内、筆者・宮崎信行撮影。

 民進党、共産党など野党代表らは、平成29年2017年6月22日(木)、「臨時国会召集要求書」を、川端達夫・衆議院副議長、郡司彰・参議院副議長に提出しました。

 要求書は、臨時国会を召集する権限がある、安倍晋三首相(自民党総裁)宛で、(衆では)「安住淳ほか119名」が要請する内容となっています。

 野党幹事長らは、「先の通常国会において安倍政権は、森友学園・加計学園疑惑に関する説明責任を全く果たそうと」しなかったとし、「疑惑の真相解明に取り組むことが不可欠である」としました。

 野田佳彦・民進党幹事長はこれに先立つ幹事長・書記局長会談で、「来週に、官邸に赴いて安倍首相に直接要請する」としました。官邸に乗り込むとなると、異例の展開になります。

第194回臨時国会召集要求書を提出、野党4党幹事長会談 20170622 宮崎信行撮影

 ただ、野党内の、東京留守番ベテラン秘書らは、召集要求書を出しても内閣の返答の期限が無く、森友・加計問題の疑惑追及は衆参予算委員会の閉会中審査を1回ずつ開いて終わりではないか、との見立てを示しました。また、9月頃に、この要求書のもとづき、臨時国会を開き、冒頭解散というパターンは確率は極めて低いけれども、ゼロではありません。いずれにせよ、あす告示の都議選では、演説の材料に使えるので、良い動きではないか、との冷静な受け止め方が支配的でした。

このエントリーの本文記事は以上です。

(C)2017年、宮崎信行。

[お知らせはじめ]

宮崎信行の今後の政治日程(有料版)を発行しています。

国会傍聴取材支援基金の創設とご協力のお願いをご一読ください。 

このブログは以下のウェブサイトを活用しエントリー(記事)を作成しています。

衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)

参議院インターネット審議中継

国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)

衆議院議案(衆議院ウェブサイト

今国会情報(参議院ウェブサイト)

各省庁の国会提出法案(閣法、各府省庁リンク)

予算書・決算書データベース(財務省ウェブサイト)

インターネット版官報

[お知らせおわり]

Miyazaki Nobuyuki 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 参議院議院運営委員会の理事... | トップ | 第193回通常国会の制定法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第194回臨時国会(国難突破冒頭解散2017年9月)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。