宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

平成28年度第3次補正予算案待望論が与党・自民党で浮上、2017年1月提出視野に

2016年10月11日 23時59分31秒 | 第193回通常国会(2017年))

(12日朝投稿で、それから11日付にバックデートしました)

[写真]平成28年度予算の閣議決定当日(2015年12月24日)の首相官邸、筆者・宮崎信行撮影。

 平成28年度第3次補正予算案を編成して、2017年1月の通常国会冒頭に提出する構想が与党・自民党内で浮上しました。

 この構想は、平成28年2016年10月11日(火)、第192回国会の序盤で、平成28年度第2次補正予算(補正後の一般会計は100・0兆円)が成立したことを受けて、発信されました。

 翌日付日経新聞が見出しを立てて報じたほか、朝日新聞も報じました。

 予算の中身は、

 (1)2016年12月15日の日露首脳山口会談の経済協力案に盛り込む経済協力

 (2)東北太平洋岸から上陸し、岩手県の内陸と沿岸の違う場所や北海道で甚大な被害を出した、平成28年台風10号などの被害に対応したもの

 が骨組みとなりそうです。

 民進党の蓮舫代表は、10月9日、台風10号被災地視察で「参院で審議中の補正予算は今回の台風などの自然災害対策が予算に計上されていない。これには率直に怒りを覚えた」と語っており、蓮舫民進党の提案を受けて、補正編成に取り組むことになるかもしれません。

 概算要求書はすでに財務省に提出されていることから、麻生財務大臣の指示があれば比較的早く編成が可能とみられます。

 仮に、第3次補正予算案が国会に提出された場合、その成立より前に、衆議院解散のシナリオもありえます。

このエントリー記事の本文は以上です。

(C)宮崎信行 Nobuyuki Miyazaki 
(http://miyazakinobuyuki.net/)

[お知らせはじめ]

宮崎信行の今後の政治日程(有料版)を発行しています。

「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い 

このブログは以下のウェブサイトを活用して、エントリー(記事)を作成しています。

衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)

参議院インターネット審議中継

国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)

衆議院議案(衆議院ウェブサイト

今国会情報(参議院ウェブサイト)

各省庁の国会提出法案(閣法、各府省庁リンク)

日本法令索引(国立国会図書館)

予算書・決算書データベース(財務省ウェブサイト)

インターネット版官報

[お知らせおわり]

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補正予算に加えて、改正地方... | トップ | 安倍首相が過ちを認める、小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。