国会傍聴記 by 下町の太陽  宮崎信行

政権交代ある二大政党政治の完成。オープンな国会(衆議院、参議院)を報じる。

「高木3原則」でさあ巻き返しだ (1)改革推進(2)提案主義(3)現場主義 高木義明・国対委員長

2013年01月31日 20時08分55秒 | 第183通常国会(2013年1~6月)附則・附帯決議

[写真]高木義明・民主党国会対策委員長。

 民主党の高木義明国対委員長は2013年1月31日(木)の民主党・無所属クラブの代議士会で、(1)改革を推進する(2)提案をしていく(3)現場の声を国会に出していくーーの高木3原則を示して、来週からの予算委員会で巻き返し、会期終了後の参院選の大逆転につなげる考えを示しました。民主党の海江田万里代表が同日の定例記者会見で紹介しました。

 高木さんの国対委員長は第1次野党期に、渡部恒三さんから受け継ぎ、山岡賢次さんに引き継いで以来2度目。与党期にも衆議院議院運営委員会筆頭理事や、議院運営委員長、文部科学大臣を務めました。

 (1)野田首相の置き土産である自公民3党の枠組みによる社会保障と税の一体改革、立党の原点である政治改革、税金の無駄使いをやめる行政改革といった、改革推進主義
 (2)提案をしていく提案主義
 (3)現場の声を丹念に拾って国会に出していく現場主義

 の3点。このうち、提案主義に関しては、第21・22期参議院では、みんなの党が参院側に議員立法(参法)を繰り返しており、党議違反議員を処分しないところまでしてその権利を確保してきました。しかし、第46期衆議院で民主党の協力を得るか、日本維新の会の協力を得るかのいずれかで法案が出せるようになったため、みんなの党と他党との連携が進む可能性があります。同党の渡辺喜美代表は同日の衆議院本会議で「野党時代の自民党はみんなの党と国家公務員制度改革法案を一緒に提出した」と秋波を送りました。一方、現段階では日本維新の会は、国会では政府与党と協力する色合いが強いため、「民み」連合による衆法提出のケースも増えそうです。

 長妻昭・衆議院予算委員も、さっそく今国会第1号の質問主意書提出者となり、政府・厚生労働省を揺さぶり出しました。頼もしい気がします。国会論戦に勝って、選挙に負けることはよくありますが、いずれにしろ、持てる力を出し惜しみせず、悔いのない人生を送ることが、一人一人の民主党議員・総支部長に求められています。

[お知らせ1 はじめ]

 「国会傍聴取材支援基金」を設けました。他メディアにはない国会審議を中心とした政治の流れをこのブログで伝えていきます。質素倹約に努めていますが交通費など諸経費がかかります。

 「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い

 ご協力ください。どうぞよろしくお願いします。

[お知らせ1 おわり]

[お知らせ2 はじめ]

 会員制ブログで今後の政治日程とそのポイントを解説しています。

今後の政治日程 by 下町の太陽

 最初の1ヶ月は無料で試し読みできます。取材資金にもなりますのでご協力下さい。

[お知らせ2 おわり]

[お知らせ3 はじめ]

 このブログは次のホームページを参考にして、記事を作成しています。
 最近の法律・条約(内閣法制局ホームページ)
 衆議院議案(衆議院ホームページ) 
 今国会情報(参議院ホームページ)
 
予算書・決算書データベース(財務省ホームページ)

 衆議院インターネット審議中継
 参議院インターネット審議中継

 国会会議録検索システム(国立国会図書館ホームページ)

 民主党ニュース(民主党ホームページ)
 goo ニュース

[お知らせ3 おわり]

ジャンル:
政治
キーワード
国対委員長 みんなの党 日本維新の会 下町の太陽 厚生労働省 質問主意書 内閣法制局 衆議院インターネット審議中継 国立国会図書館 参議院インターネット審議中継
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« [国会トリビア]日本共産党・志... | トップ | ◎自民党政府、平成24年度第1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。