nobuのアウトロー国会傍聴記(旧宮崎信行の国会傍聴記)

2017年の選挙で、民進党(無所属の会)が衆議院わずか13議席の野党第3党に。やむなくアウトローに転じました。

公約って何? 安倍首相の消えた年金嘘公約「最後のお一人までお支払いします」にお灸をすえろ!

2013年07月03日 15時47分30秒 | 第23回参院選(2013年7月)二番底

[画像]6年前の参院選で「(消えた年金記録は)最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」と演説する安倍晋三・自民党総裁(首相)、テレビ朝日ニュース映像から。

 公約とは何でしょうか?

 公約とは「公衆に対して、ある事(政策など)を約束すること」「公衆との約束」(広辞苑など参照)とあります。

 この「約束」という言葉は、日本人で受け取り方が違う場合があります。

 キリスト教では、約束とは、神と自分との約束です。おおかたの日本人にとって約束とは人と人の約束で、いわば「紙の約束」=「契約」という意味です。クリスチャンにとって、約束とは天国に行けるか、地獄に落ちるかを決める人生のモノサシ。日本で「約束だからね!」と軽い気持ちで言っても、その言葉の重みに違いがあり、コミュニケーションがうまくいかないことが多々あります。

 さて、安倍晋三・自民党総裁は6年前の政見放送で次のように語っています。

当ブログ内エントリーから引用はじめ]

 多くの国民のみなさまはこの問題に対して強い憤りを感じていると思う。

 私も「社会保険庁いったい何をやってきたんだろう」、そういう気持ちです。

 しかし、私は現在の行政の長として、この問題にかんして、一番大きな責任があります。まずは国民のみなさまにおわびを申し上げなければならないと思います。

 そのうえで、この問題は基礎年金番号に統合した10年前から今日に至るまで、社会保険庁において、先送りしてきた問題です。

 私の内閣で、すべて、解決をして参ります。そのためには二つ、私に使命があります。

 第一の使命は最後のおひとりに至るまで、記録をチェックして、まじめに保険料を払って来られた方々にしっかりと年金を正しく、お支払いをしていくということです。

[引用おわり]

 「最後のお一人に至るまで、年金をお支払いしていく」との政見放送での安倍晋三さんの公約。

 これについて、ことしの通常国会で、民主党の長妻昭さんから質疑がありました。 


[画像]消えた年金について質疑する民主党の長妻昭さん、2013年5月10日(金)、衆議院インターネット審議中継からキャプチャ。

 長妻さんは「かつて、総理は、国会で、最後の1人に至るまで徹底的にチェックをし、そして全てお支払いをするということはお約束したいと思いますと答弁されました。総理、その方針は今も変わっていませんか。全てお支払いするというのは、いつまでに、最終的に何人、幾らを想定していますか、お答えください」と聞きました。

 安倍首相は「今後、さらに、1人でも多くの方の記録の回復につなげていきたいと考えており、これに向けては、国民の皆様が御自身の年金記録を再確認していただく必要があることから、国民の皆様にぜひとも御協力をお願いしたいと考えております。現時点において、いつまでに、何人、幾らになるかを想定することは困難ですが、今後とも、紙台帳とコンピューター記録の全件突き合わせの実施や、ねんきんネットを活用した国民への記録確認の呼びかけなどを進め、年金記録問題にしっかりと取り組んでまいります」と答弁しました。

 ところが、 これは、平成20年12月5日の衆・予算委で、当時自民党麻生内閣の舛添厚相が「大変残念ながら、お支払いしたのが十一月中旬、お亡くなりになったのが十一月の初旬、間に合いませんでした」と答弁しています。亡くなった人には、回復した年金は払えず、この時点で、「最後のお一人まで」の公約は破綻しています。

 安倍首相は第21回参院選で惨敗(自37議席、民60議席)しましたが、その後の内閣総辞職については、「体調不良のためだ」との説明をしています。自民党の先輩総裁である宇野元首相、橋本元首相のように参院選惨敗の責任を取って内閣総辞職していれば、公約破綻の責任とともに去ったということになりますが、「体調不良のため」総辞職したのなら、この年金公約の違反は現在でも続いているといえるでしょう。

 安倍首相は「国民所得150万円増」と「年収150万円増」という異なった演説をしていて、そもそも分かっていないのではないかとの指摘も出ています。第2次安倍内閣でも、「憲法改正」、「尖閣諸島の公務員常駐」、「竹島の日記念式典を島根県主催から政府主催にする」といった公約について、やるつもりがないのではないかとの懸念が、自民党員からも出ています。

 民主党は公約を実行しようと前のめりになって失敗しましたが、安倍自民党はそもそも公約を実行する気がはじめからないのではないか。

 「年金を最後のお一人までお支払いします」との6年前の言葉について、まったくけじめをつけていない安倍首相。

 これは、自民党か民主党かという問題ではなく、総理大臣と国民との約束です。

 このまま、お灸を据えずに「安定した政治」になったら、それは総理大臣にとっての安定に過ぎないことは間違いありません。


[画像]自民党の「公約」とは、いったい誰と誰の約束なのか? 自民党ホームページ


国会会議録データベースから引用はじめ]

001/005] 183 - 衆 - 本会議 - 21号
平成25年05月10日

長妻昭さんの質疑] 

○長妻昭君 民主党の長妻昭でございます。

 私は、民主党・無所属クラブを代表し、議題となりました厚生年金保険法等の改正案について質問をいたします。(拍手)

(中略)

最後に、いわゆる消えた年金問題でございます。
 かつて、安倍総理が、予算委員会の私の質問に、年金そのものに対する不安をあおると答弁された記録問題は、現在、一千三百二十四万人、生涯年金額で一・八兆円が回復されました。記録数でいえば、二千八百九十五万件が解明されました。紙台帳の全件照合も、公約どおり、今年度中に七千九百万人分が終了いたします。
 かつて、総理は、国会で、最後の一人に至るまで徹底的にチェックをし、そして全てお支払いをするということはお約束したいと思いますと答弁されました。総理、その方針は今も変わっていませんか。全てお支払いするというのは、いつまでに、最終的に何人、幾らを想定していますか、お答えください。

 (後略)

安倍首相(自民党総裁)の答弁] 

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 長妻昭議員にお答えをいたします。

(中略)

 年金記録問題については、平成十九年七月に政府・与党で決定した方針に基づき、さまざまな取り組みを行い、国民の方々の信頼回復に取り組んでまいりました。民主党政権においても、引き続きこの問題に取り組み、成果を上げてこられたものと承知をしております。
 今後、さらに、一人でも多くの方の記録の回復につなげていきたいと考えており、これに向けては、国民の皆様が御自身の年金記録を再確認していただく必要があることから、国民の皆様にぜひとも御協力をお願いしたいと考えております。
 現時点において、いつまでに、何人、幾らになるかを想定することは困難ですが、今後とも、紙台帳とコンピューター記録の全件突き合わせの実施や、ねんきんネットを活用した国民への記録確認の呼びかけなどを進め、年金記録問題にしっかりと取り組んでまいります。(後略)


183 - 衆 - 予算委員会 - 9号 平成25年03月07日

(前略)
○安倍内閣総理大臣 先ほども、細野大臣は原発の担当大臣でありましたね、御自身のことも反省されながら、しかし、その前の政権のことにも言及をされた。そのときがあったから自分はあんなに苦労されたということですね。

 消えた年金問題については、私のときに発生したんじゃないんです。私のときにわかったわけですよ、問題があるということがわかったんですよ。申しわけないけれども、それは相当前のことですよ。それはそうですよね、今、長妻さんが違うようなことを言っていますが。それはそのとおりなんですよ。
 しかし、そこで……(発言する者あり)今、事実関係を述べているんですがね。そこで、しかしそれに対応しなければいけないというのは、私は対応していく責任者であったのは事実であります。そして、私はそのときに、やるべき手は全て打ったというふうに考えているわけであります。

(後略)

[引用おわり] 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党、参院選TVCM廃止... | トップ | 民主党に投票してください。... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
消された履歴 (野イチゴ)
2014-04-13 17:36:50
事業所の制度で支払った退職金源泉徴収申告書の手続きと旧制度脱退手当金請求を退職する事業所が退職に関わる所得として手続き行う書類!資格要件を満たさない又委任状のない書類を本人確認行わず被保険者の納付保険料を清算し(退職に関わる所得として申告をする)
制度上は本人の請求により支給される。しかし、本人の関与が無い届けを“所得”として届ける書類!事業所は、旧社会保険事務所が通知し受け取るか否か?本人が決めるものと、日付を記載せず届けた書類!支払い方法は
は社会保険事務所しか知らない(隔地払い又は当地払い
送金されていないお金を“支払い済み”と改ざんされた
第三者委員会は“訂正する法”が無い!厚生省に手紙
書いて下さい!と非あっせん、事実と異なる回答内閣府
審査会も“棄却”田村厚生大臣は、不訂正!清算された保険料の記録が有る者は年金に統合しないと決めたのは政府であり間違いであれば訂正すると約束されたのも行政トップの現総理しかし、不訂正の判断を受け若い時働いた期間72カ月履歴は消された!
日本年金機構に納付履歴は管理され年金ネット新機能で消された履歴は資料の情報を入力すると回復したが
厚生省年金局から、訂正の回答は受けていない!?
年金事務所職員は、5か月受取が無ければ国の特別会計に返納されていたと言うことだが、金に色が付いていないので確認出来ない!との事、受け取れる年金が支給拒否を受けている。政治と行政に振り回された8年!!
不条理な制度運用の問題 (野イチゴ)
2017-09-02 19:03:45
給付を抑制する為に「納付保険料を保険事故として払い戻す」事業所を関与させ本人に確認一切行わず、事業所に厚生年金被保険者証提示させ(本人確認)委任状の添付を義務つけず、脱退手当金裁定請求書の裏は退社時に係わる所得申告書(請求書に払渡しを指定する金融機関の項目は設定されていない)
受給資格要件を満たした手続きであったように書類を作成「辞めた日」を訂正し、辻褄を合わせて「送金偽装」2年遡り厚生年金被保管者加入期間と国民年金を重複させ「履歴を改ざんし納付履歴を消した記録」の問題。
請求書と領収が一対ではない関連資料。
申請者に、裁定を請求した事実が無い。払い渡しを希望した事実が無い。
審査会は「不適切な手続で違法に事務処理され管理された」資料を見抜けず「机上の空論」で「推認」で結論付け「代理請求」と棄却。
時の政権の不条理な制度創設により、行政が歪められていると感じる。
納付保険料は計算の基礎に残額として残され「宙に浮く」公平・公正・適正な判断が行われず10年経っても宙に浮いたままである。
年金ネットで検索することにより記録は簡単に回復するが、国の過ちを行政ぐるみで認めない姿勢は、森友学園、加計学園と似ている。が、年金問題は、多くの女性の不利益に成る。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第23回参院選(2013年7月)二番底」カテゴリの最新記事