宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

「言論を制限するのか!」の野次の中、自民党が制限動議を提出、山本国務大臣問責決議案、参議院本会議【追記有】

2017年06月14日 10時31分17秒 | 第193回通常国会(2017年1月から)

 自民党は、平成29年2017年6月14日(水)午前10時15分前後、伊達忠一議長に対して、

 「山本幸三国務大臣問責決議案の審議では、演説時間を、趣旨説明は15分以内、討論は10分以内に制限する」とする、

 発言時間の制限動議を提出しました。牧野京夫(まきの・たかお)さんら2名が提出しました。

 これには、議場から「言論の自由を制限するのか」という野次が飛びました。

 民進党などはこれに対抗。足立信也さんらの提案で、この動議に対する賛否を、記名投票表決(堂々巡り)にするよう要求し、実施。

 山本幸三国務大臣問責決議案を議題に追加するとの伊達議長の提案については、議場から異議は出ていませんでした。

【追記】

 動議は、投票総数238、賛成165、反対73の賛成多数で可決しました。

 15分の制限動議がかかった中、趣旨説明に、民進党の相原久美子さん(自治労)が立ち、「本院は国務大臣山本幸三君を問責する」と語りました。

 この後、午後11時半前後に、投票結果を集計して、議長が発表。投票総数238、賛成73、反対165の賛成少数で山本国務大臣問責決議案は否決されました。【追記終わり】

このエントリーの本文記事は以上です。

(C)2017年、宮崎信行。

[お知らせはじめ]

宮崎信行の今後の政治日程(有料版)を発行しています。

国会傍聴取材支援基金の創設とご協力のお願いをご一読ください。 

このブログは以下のウェブサイトを活用しエントリー(記事)を作成しています。

衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)

参議院インターネット審議中継

国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)

衆議院議案(衆議院ウェブサイト

今国会情報(参議院ウェブサイト)

各省庁の国会提出法案(閣法、各府省庁リンク)

予算書・決算書データベース(財務省ウェブサイト)

インターネット版官報

[お知らせおわり]

Miyazaki Nobuyuki 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [きょうの国会]山本特区相... | トップ | 【速報】共謀罪法案を、午後... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む