ゆらぎつつゆく

添島揺之歌集。ツイッター感覚で毎日つぶやきます。色調主義とコラボ。

あはれてふことをあまたにやらじとや春に遅れて独り咲くらむ

2017-07-11 03:12:44 | 古今抜粋

あはれてふことをあまたにやらじとや春に遅れて独り咲くらむ   紀利貞


風情ということをそう多くはやらないのだろうか。春に遅れて独り咲くというこの桜は。

みなと同じころに咲けば、それなりの楽しみもあろうに。

なぜ一人咲くのだろう。



ひとり咲く花の心は天つ空はるかにこひむそのふるさとを   揺之





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の手の瑠璃は開きて空光る... | トップ | たまかぎるほのかに白きを指... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む