マイレポ05号

マイレポート

徒歩記録 (西丹沢-檜洞丸ー蛭ヶ岳-丹沢山-塔ノ岳-大倉[2017.6])

2017年06月17日 | 徒歩記録(山)
西丹沢ビジターセンター-檜洞丸-蛭ヶ岳-丹沢山-塔ノ岳-大倉バス停

歩行距離26km
歩数41000歩
行動時間8時間50分
累積標高(登り) 約2300m

当日は、6月第3木曜日
天気は、麓は晴れ時々曇り、山中は曇り時々晴れ
気温は、小田原の最低気温14.7度、最高気温24.7度
東京基準での日の出は4:25、日の入りは18:58

(新松田7:15発バス乗車、西丹沢ビジターセンター8:30着)
西丹沢ビジターセンター 8:40
檜洞丸 10:50 (気温15.7度湿度71%)
(休憩10分) 11:00
臼ヶ岳 12:15 (気温15.8度湿度73%)
(休憩10分) 12:25
蛭ヶ岳 13:25 (気温16.2度湿度69%)
(休憩15分) 13:40
丹沢山 14:45
(10分休憩) 14:55
塔ノ岳 15:40
花立茶屋前 16:00 (気温16.6度湿度87%)
(休憩5分) 16:05
堀山の家前 16:25
(休憩5分) 16:30
大倉バス停 17:30 (気温19.6度湿度90%)
(大倉17:52発バス乗車)
※数値は個人測定値


5月に蛭ヶ岳で予定変更した檜洞丸-蛭ヶ岳-丹沢山-塔ノ岳の経路へ再挑戦
尾根上はほぼ曇りで気温が上がらず、風もあって歩きやすい一日
--- ツツジ新道入口


ゴーラ沢出合での徒渉地点の沢の水は少なめ
--- ゴーラ沢出合


--- ゴーラ沢出合の檜洞丸への階段


曇っていて富士山は見えず
--- 展望台


標高の高いところでは株によってゴヨウツツジの花がまだ数輪残っていた
--- 檜洞丸0.8km(標高約1400m)道標付近


--- 檜洞丸0.8km道標横のゴヨウツツジ


--- 檜洞丸近く


檜洞丸上部でエゾハルゼミの声を聴くことができた
--- 檜洞丸


--- 檜洞丸から金山谷乗越への下り下部


金山谷乗越近くでは山ツツジとウツギが紅白で咲いていた
--- 金山谷乗越近くの山ツツジとウツギ


--- 金山谷乗越付近


--- 金山谷乗越-神ノ川乗越間


神ノ川乗越から臼ヶ岳への途中で久しぶりに鹿と出会い
--- 神ノ川乗越


--- 神ノ川乗越-臼ヶ岳間で出会った鹿


--- 臼ヶ岳


--- ミカゲ沢ノ頭


--- 本ダルミ付近


(見出し画像は蛭ヶ岳上部のトウゴクミツバツツジ)
蛭ヶ岳、丹沢山での休憩は山頂を一人占め
--- 蛭ヶ岳


--- 鬼ヶ岩ノ頭のゴヨウツツジ(この株のみまだ花が沢山)


--- 不動ノ峰


--- 丹沢山への登り


--- 丹沢山


--- 外されている丹沢山山名標


蛭ヶ岳から塔ノ岳間の稜線には所々で霧が木に当たって落ちた水たまりができていた
--- 日高


--- 塔ノ岳への登り


塔ノ岳も外で休んでいる方は1名のみ
--- 塔ノ岳


塔ノ岳から大倉への中盤までは霧で濡れている状態で慎重に降下
--- 花立のヤマツツジ


--- 花立山荘下階段


堀山の家から駒止茶屋の間に猟師の方がおり、通過して少ししたところで沢側から鉄砲音
大倉尾根下部はほぼ乾いた状態
大倉バス停にはほぼ予定どおりに到着
--- 大倉バス停付近


ツツジ新道では10人位とすれ違い、追い越し
檜洞丸からの下り始めで2人組、金山谷乗越近くで1人、ミカゲ沢ノ頭付近で1人とすれ違い
蛭ヶ岳-丹沢山間、丹沢山-塔ノ岳間ではそれぞれ単独者5人程度とすれ違い
塔ノ岳からの大倉尾根では1人に追い越され10人位を追い越し、数人とすれ違い

行きの新松田発バスの登山者は20人位で、玄倉、浅瀬入口で下車あり
帰りの大倉発のバスでの登山客は10人以下
ツツジ新道から蛭ヶ岳間で熊除け鈴を使用
蛭の被害は無し

水は4.7L携行3.2L消費、ゼリー状食品6袋携行3袋消費
トイレは、西丹沢自然教室、青ヶ岳山荘脇、丹沢山、塔ノ岳、大倉尾根各所が利用可
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徒歩記録 (明神峠-不老山-駿... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。