始めよう 平飼い養鶏入門ログ

このウェブログは南信州のりんごのさとに移り住んだ娘夫婦とその友人たちのために作成した庭先でできる平飼い養鶏入門ブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏場の食欲減退による食べ残しについて

2017年06月15日 | 飼育する
娘に最近の鶏の様子を聞いてみたところ、米ぬかを食べ残しているとのこと。

鶏は基本的になんでも食べますが、当たり前のことですけど好き嫌いもあります。それぞれの嗜好もあるでしょうし、その時々の季節や体調によっても違ってくるものです。餌が残っているのに床を掘り進んで無心に土をつつき続ける鶏がいるかと思えば、野菜や草ばかり好んで食べる鶏がいたり・・・。でもこれが平飼い養鶏の真骨頂。「餌の自由摂取」ってやつだと思ってます。

米ぬかに関して言えば、この時期は鶏にとって食べづらいものとなります。自分におきかえるとよくわかります。きなこや小麦粉を粉のままで食べるのは罰ゲームのようなものです。この場合「好き嫌い言わずにちゃんと食べなさい!」と親の論理でしかりつけるのではなく、食べやすいように工夫してやることで食べられるようになります。鶏の場合は特別なレシピなど不要。水をかけるだけでよく食べてくれます。

夏場はとくに、皮膚呼吸ができない鶏は口を開けて「ハーハー」することで体温を下げていますのですごくのどが渇いています。この時期の餌には最初から多少の水分を加えてやるのもいいかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 平飼い自家養鶏で賞味期限、... | トップ |   
最近の画像もっと見る