岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

軍政下にあった日本について

2007-09-30 23:09:02 | 社会福祉士
ビルマ(ミャンマー)の軍政下にある悲劇にこころを揺さぶられて 今日は、社会事業思想史研究会に参加した。 大学者が集う研究会ながら敷居は低く 末席を汚している。 今日は、戦後の生活保護法成立の経緯から現在の介護保険制度への 流れを批判的に問題提起をされた。 議論の中心は 現在の社会保障制度の混乱と後退がどのように なされていったのか。 戦中から戦後、そして70年代、80年代と、後退し続ける社会保障。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

街のバリアフリー展

2007-09-30 10:13:34 | 社会福祉士
今日は朝から雨。 突然涼しくなった。 昨日は街の福祉会館で開かれたバリアフリー展を 手伝ってきた。 福祉用具の事業者の方々が協力していただいたおかげで 小さな街では出来ないさまざまな器具の陳列や試乗ができた。 電動車椅子4台の試乗も可能となった。 足の悪い方も多いので 見学の皆さん 試乗されていた。 移動用リフトにも乗って(乗せられた)みたが、 取り扱いがかなり難しい。 人一人をリフトするとい . . . 本文を読む
コメント

軍政に終止符を。

2007-09-29 11:17:20 | 世界のなかま
長井さんの死に 憤りを強く感じる。 軍部トップは、国民を圧政下におくことでしか 自らの不安を軽くすることができない。 独裁政権の末路をみれば 彼らの行く末は暗い。 その不安感から逃れるためには 国民を全員牢獄状態に することしかない。 恐怖政治は自らの恐怖から生じる。 しかし、国民が街角からいなくなれば 政権は存続できない。 僧侶がいなくなれば 精神的に荒廃どころが  崩壊してしまうだろう。 国 . . . 本文を読む
コメント

松坂 ポストシーズンへ 15勝。

2007-09-29 10:58:08 | 世界のなかま
松坂の好投でこの日のツインズ戦に勝利したRソックスは ポストシーズンの柱に松坂を置くことができることになった。 松坂のデビュー15勝をどのように見ればよいのか。 まず第1に評価しなくてはならないのは、シーズンを通して ローテーションを守れたこと。 本人やチームの波がある中で先発を維持したことが大きな価値である。 昨年から移籍騒動とキャンプと長い160試合帯同である。 すべてが未知の経験である。 そ . . . 本文を読む
コメント

方針転換はいいが、ちゃんと説明してよ。福田内閣。

2007-09-28 23:44:45 | 国民と国会と政治
ここ数年の、財務省主役が厚生労働省脇役の 聖域なしの歳費削減が強行されたが、 一旦 逆風になると 障害者自立支援法は凍結するという。 なんだこれ。いい加減にしろと思う。 野党が対案を提出すると、一顧だにせず、予算の裏づけがないと 切り捨てる。 今回の豹変振りはなんだ。 予算はこれから考えるという。 まさに破廉恥。もちろん、凍結することはよい。 しかし一つの政党が 強行採決して2年もたたないうちに . . . 本文を読む
コメント

6ヶ国協議に影を落とすミャンマーの動き

2007-09-27 20:30:51 | 世界のなかま
このブログで国際政治のことを書いても どうかと思うが、 私の頭の中は、この問題で30%は占有されているからには 書かなくてはならないのだろう。 中国が20世紀の残滓として 処理できずにいる国際的課題は 北朝鮮とミャンマーといっていいだろう。 台湾問題もあるが、これは内政か外交か意見が分かれる。 この2国とも、独裁政権である。 独裁政権でも利害が一致すればいい、という姿勢で取り組んできた 中国で . . . 本文を読む
コメント

NHK は、興行と報道の区別がわかったのだろうか。

2007-09-27 00:03:22 | 日本の仲間
大相撲の事件や不祥事に だんまりを決め込むNHKに 報道機関として不誠実さをみていた。 不誠実というより、欺瞞といったほうが正しい。 なぜなら、NHKしか見ることができない人々には 大相撲の内外で起こっている事件について 何も知らされない=なかったことになっている。 これは視聴者にとって欺瞞以外のなにものでもない。 もっとも元NHK記者への北の海理事長の仕打ちを見れば NHKは 怖くてなにもいえ . . . 本文を読む
コメント

福田氏 御歳の効用

2007-09-25 22:57:58 | 国民と国会と政治
福田氏の歳の効用について書いてみよう。 安倍氏から20歳も上の福田氏が首相になったことで、 既に過去の人と思われた人々が、われもわれもと 名乗りを上げることが出来ることになった。 小沢氏など選挙前は政界を去ることも話していたが、 福田氏に比べると若い。まだまだ旬であるとまでいえる。 これで俄然やる気になった人も多いだろう。 伊吹さんや古賀さんも、まだ過去の人ではなくなった。 世間では65歳が高 . . . 本文を読む
コメント (1)

変わったのは「首相のみ」内閣です。

2007-09-25 19:46:35 | 国民と国会と政治
こんな内閣、いつ以来だろう。 国会開催中だからいじれないということだが、 現実に内閣が発足してみると、不思議なものを見る思いだ。 監督のみ替えて、シーズンを乗り切るチームとなったわけだが、 成功した例をしらない。 これで、何かを成し遂げれば、首相の評価が上がること請け負います。 狭き厳しき道を歩む福田氏にはエールを送りたいところである。 前提として、派閥領袖に囲まれながら 派閥の都合政治に なら . . . 本文を読む
コメント

おっと 新総裁 人事は私の都合では。

2007-09-24 23:29:41 | 国民と国会と政治
自民党役員人事が決まったが 古賀氏の希望で 総務会長と選対委員長が入れ替わった。 面白くないのは二階氏だろう。 この人事入れ替えで、「私の都合」では 役員人事もできないことがわかってしまった。 棚ぼた総裁の限界をみる思いだ。 福田さん。内閣ではこのようなことはないでしょうね。 麻生さんの処遇も、拒否されては先が危うくなるよ。 とにかく 解散 総選挙 勝利と続かなくては 内閣は磐石にはならない。 . . . 本文を読む
コメント

再生の本当の意味

2007-09-22 09:04:27 | 日本の仲間
福岡の飲酒運転事故で愛児3人をなくされた大上夫婦に 2女愛子ちゃんが誕生したニュースをみた。 毎日新聞の朝刊では1面に写真が掲載されていた。 救われた思いがした。 ふたたびの命とは、再生のことである。 再生とは、rebirth。まさに再び生まれたのである。 子どもに先立たれた母親が、 「大丈夫、もう一度 産んであげるから」という。 これが再生なのである。 悲惨な交通事故か続く。 車さえなけ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

けさの諍い

2007-09-21 19:18:26 | 日本の仲間
今日は朝から カッカした。 珍しい。 敬老の日の行事を各自治会でやっているが その集いに議員さんからの祝電が来るのが 無駄遣いだという。 市内ではそのような無駄を止めろという。 相手の知り合いだったから、気軽に反論をした。 「祝電を送るぐらいの自由はあるだろう」と私が言うと 「それは違う。各会場で祝電が着たり来なかったりする ことが、でてくると問題だ。電報代も馬鹿にならない。」 と言い返してくる . . . 本文を読む
コメント

出前講座の講師

2007-09-20 19:14:48 | 地域包括支援センター
今日は地域で「介護予防講座」を行った。 いきいきサロンの講座の講師だ。 テーマは介護予防と介護保険。 1時間程度だが、準備の資料づくりなどを含めれば、 5時間くらいの準備は必要だった。 講座で地域包括支援センターについての知名度を聞くと ほとんどゼロ。 それもそうだろう。市は積極的に説明できていない。 認知度が上がれば、今の陣容では対応できない。 情けない話だ。 市役所は典型的な縦割り組織。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

藪の中

2007-09-19 23:02:42 | 国民と国会と政治
私たちの見えない聞こえないところで、 闇の情報や怪文書が飛び回っている総裁選。 事前に安倍首相辞任を知っていた人間はだれか。 俺だけではないと麻生氏。 だんまりを決める太田氏、否定する中川氏。 状況証拠は黒だが、 これは選挙に直結した話で闇に葬りたいのだろう。。 しかし、傍でみるとこの危機的状況で 何をしているんだとなる。 マスメディアを独占できる総裁選という好機が、 まったく台無しではないか。 . . . 本文を読む
コメント (1)

ママでも金だよね。

2007-09-18 20:11:49 | 日本の仲間
コケまくりの世界柔道ブラジル大会。 最終日はやっと日本デーになった。 それもこれも、谷選手のおかげのようだ。 決勝戦はしっかり見させてもらった。 今の世界の柔道は、かって親しんだ柔道ではない。 世界の格闘技の技に、日本の技名がついているようだ。 朽木倒しやモロテうんぬんは、使ったことも 仕掛けられたこともない。 その朽木倒しを受けながら、内股がかけられる谷の技は 心底、凄いと思った。 谷は過去 . . . 本文を読む
コメント