岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

政治家と政党をどのように育てるか。

2006-02-28 09:29:28 | 国会と政治
今日にも永田議員が登場するとのこと。 しっかり話しをしてもらいたい。 今回の件は、明確なかたちで終止符をうつことが必要だ。 それがどのような責任の取り方になるのか、私にはわからない。 そして、疑惑の何点セットを真剣に進めてほしい。 野党第1党が失点したといって、これら疑惑は放置していい問題ではない。 今回の騒動で、国民にとってのマイナスはなにか。 当然、直接的にはマイナスはない。 損害があった . . . 本文を読む
コメント

オムツをしたバス運転士

2006-02-27 09:25:28 | 日本の仲間
毎日新聞の記事要約。 休憩なしに乗務を続ける定期バスの運転士から取材をしている。 定期バスは、早朝から出勤する人々を乗せ、昼間の休憩後、帰宅する 人々を深夜まで運ぶ。 一人の運転士が早朝から深夜まで働くそうだ。 90年代から進む規制緩和は、バス会社の分社化を進め、分社化した会社の 新規採用の運転士は賃金が出向社員の半額という。 新規組と出向組が同じ仕事をして、この賃金格差だ。 (このようなこと . . . 本文を読む
コメント

どしゃぶりの中

2006-02-26 22:03:58 | 国会と政治
今日はわくわくして、1日中動いていた。 まず「石井十次研究」を聞きにいった。 地域権利擁護事業のセミナーにもいった。 びしょびしょになりながら。 夜は、寄り合い。 くたくたになったので また明日。 そうだ、昨日は京都で、前原氏と馬淵氏にニアミスした。 前原氏、結構骨太だ。 2年前とはえらい違いだ。 ここを乗り越えれば、大化けするかも。 . . . 本文を読む
コメント

プルシェンコの「カルーソー」

2006-02-25 11:45:37 | スポーツ(身体に魅せられて)
ルチアーノ・パヴァロッティが謳い、荒川静香が舞った 「誰も寝てはならぬ」から, 今未明は、男子フィギュアの金メダリスト、プルシェンコが エキジビションのアンコールで使ったパヴァロッティが謳う 「カルーソー」まで、開催国イタリアの名曲を堪能させていただいた。 「カルーソー」という曲自体は、1988年に発表された曲 (ルチオ・ダルラ作曲)で歌劇の中の曲ではない。 カルーソーは、19~20世紀初頭の有 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

誰も寝てはならぬ。

2006-02-24 11:53:44 | スポーツ(身体に魅せられて)
歌劇「トゥランドット」が初演されたのは今からちょうど80年前の 4月25日。ミラノ・スカラ座だった。 だが作曲者のジャコモ・プッチーニはその舞台を観ることができなかった。 2年前にすでにこの世を去っていたのだ。 この「トゥランドット」の中で謳われる「誰も寝てはならぬ」は、 リリコ・スピントの名曲である。ドミンゴやカレーラスの18番だが、 イタリア人にはやはりモデナ出身のルチアーノ・パヴァロッティ . . . 本文を読む
コメント

トリノのガセネタ

2006-02-23 15:10:26 | スポーツ(身体に魅せられて)
メディアの報道・警察用語を乱発している国会だが、本家のメディアも ガセネタばかりではないか。 トリノ五輪の話である。 日本人がメダルを獲らないのは全然かまわないが、メディアの事前宣伝の 狂乱ぶりはなんだろう。さんざん盛り上げ、期待させて、実際に中継を観ると 海外の強豪がいるわいるわ。 スノーボードなど観るとレベルの差に唖然とする。 現実の情報がないのか、あっても話さないのか。 あまり正直に報道す . . . 本文を読む
コメント

【メール告発】次男さん、偽メールで告発すればいい。

2006-02-23 11:01:08 | 国会と政治
永田議員の雲隠れには、ほとほとあきれた。 このような行為自体が国会議員にあるまじきことだ。 メール告発には、確固たる証拠があると思っていたが、今や信じることは できない。(信用した私自身も恥じる) マスコミの追及も、「ネタ元」に集中している。 もう時間を浪費している時ではない。永田氏の議員辞職と、国会対策担当の 野田氏は責任をとって委員長を降りる。代表も自らの責任を認めるべきだ。 それが代表を降り . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (3)

朝、6時前に起きて トリノの華を観る

2006-02-22 16:34:15 | スポーツ(身体に魅せられて)
朝起きるとちょうどスルツカヤの演技が終ったところだった。 間に合った。目覚しもないのに、うまく起きれるものだ。 フリーの時もぜひ目を覚ましたい。 さて、荒川さんの演技はどうだったか。最初のジャンプは、緊張していたが、 なんとか取り繕った。 V字バランスも手を離すところで少しバランスが崩れかけたが、持ち堪えた。 後は彼女の大きな滑りを楽しめた。 彼女の得点は予想以上だった。審判の評価が高い。 村 . . . 本文を読む
コメント

中国 黒竜江省通河県五四村

2006-02-21 15:13:28 | 戦争を語り継ぐ
滋賀県長浜で児童事件を起こした鄭容疑者の故郷。 ここは、かって満州帝国があったところである。 昭和初年、27万人にもおよぶ蒙満開拓団が移住した。 平嬢の近くにある港から、列車に乗った人々は通化を通って新京や吉林を 目指した。この通化が、今の通河だと思われる。 毎日新聞に掲載された容疑者の住んでいた家は、戦前の農家と変わらない。 「実家は農家だが、畑は小さく、貧困にあえいでたという」 この地域には、 . . . 本文を読む
コメント (2)

カーリング こんなに顔のアップが多いゲームはない。

2006-02-20 23:29:52 | スポーツ(身体に魅せられて)
今回の鳥のオリンピック(今や当て字のほうが有名)で、 どの競技を多くの時間観たかといえばもちろんカーリングということに なってしまった。小野寺さんや林さんのアップを何時間観ただろう。 驚きである。9試合全部放映だから、その時間数は10時間にも およぶのだろう。 大概の陶器オリンピック(これも有名)競技は顔をヘルメットで隠すので、 選手の素顔は一瞬だ。 フィギュアは、観るスポーツだから、顔も売りとな . . . 本文を読む
コメント

【平和の礎】に書かれなかったこと

2006-02-20 11:21:50 | 戦争を語り継ぐ
平和の礎には多くのことが語られている。忘れてはならないことが 書かれている。 しかし、当然だが書けないこともあった。 当事者の尊厳に関わることは書けるものではない。 書かれなかった記憶もやはり貴重な歴史だ。 忘れられた歴史は繰り返す、のだから。 毎日新聞の京都版に掲載されている「占領下 京都物語」14に いよいよ舞鶴が登場した。 引用させていただく。 「やがて8月15日の終戦でアジアその他の . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

【堀江メール】マスメディアも高見の見物ではいけない

2006-02-19 22:48:10 | 日本の仲間
今日は早朝から雪山に登っていたので朝番はみていない。 なにも出なかったようだ。 簡単に雪山について。 ホームゲレンデといっていい滋賀県比良山系に行って来ました。 今年は積雪が多く、2m以上あった。雪庇も大きく気が抜けなかった。 景色が素晴らしかった。眼下の琵琶湖の眺めはまるで空撮のようだった。 周りの山は、伊吹山、鈴鹿全山、北山、丹波の山、大阪の山の他、 日頃見えない御岳、白山、中央アルプス、乗 . . . 本文を読む
コメント

メール告発 次は日曜朝テレビ?

2006-02-18 10:11:42 | 日本の仲間
田原氏他、満を持していることだろう。 が、日曜の朝にみることはほとんどない。家にいないし、面白いと思った こともない。 さて、昨日の応酬はどうだった。 まず、自民の逢沢氏の「メール絶対ない」発言は面白かった。 次男氏の口座には振込記録なしはいいとしても、ホリエモンが拘置所から 「送っていない」との証言を得た、には笑ってしまった。 彼はライブドア事件への関与を否認している人間である。 すなわち、99 . . . 本文を読む
コメント

送金疑惑 一夜明けて

2006-02-17 11:47:55 | 日本の仲間
マスメディアの報道の仕方には差があるが、大方腰が引けている。 マスメディア発ではなく、国会発ということで後手に回っているのだろう。 特に朝日はNHKの件以来、とんと弱気だ。 こんな爆弾はそうない。 永田議員も議員生命を賭けている。 なら、週刊誌や議員に遅れをとっている新聞界も頑張れ。 なぜなら、ライブドア事件は、経済と政治そして社会に関係するとてつも なく大きな問題であり課題であるからだ。 この . . . 本文を読む
コメント

武部氏次男に送金 有り得る話だ。

2006-02-16 19:07:45 | 日本の仲間
選挙請負人、選挙コンサルタント。 ありうる話だ。 私の地元でも、自民新人候補には、そのようなグループがついた。 見たこともない人物とグループが応援を仕切っていた。 選挙活動が終了する直前の投票日前日の8時前、選挙車を事務所前に 乗り捨てて、誰もいなくなった。 選挙違反摘発を恐れたのかな、と勘ぐっていたが、このグループが、 選挙請負人グループだったのだろう。 このような様子を知っているから、武部氏次 . . . 本文を読む
コメント