岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

今日の佐藤雅彦さんの言葉です。

2017年05月19日 | 佐藤雅彦さんと認知症のページ 

佐藤雅彦さんについては、カテゴリー「佐藤雅彦さんと認知症のページ」をお読みいただければと思います。

以下、FBより転載いたします(原文ママ)。

 

5月19日 金曜日 皆さんおはようございます。
シェアしていただければ感謝です。
どう接してもらいたいか
1 記憶障害があっても、一人の人格のある人として接してもらいたい。
2 おなじアルツハイマーでも、それまで歩いてきた、人生によてことたるので、じゅぱひとからげにしないで、そせぞれの個性を尊重して欲しい。
3 できない事を指摘するのではなく、能力を発揮することがで来る、能力を引き出すことができる助言が欲しい
4 腫れ物に触る様に、特別視するのではなく、普通に接してもらいたい。
5 できる事まで、支援しないで、できないことだけ、さりげなく支援して欲しい。
6 上から目線でしてあげるのではなく平等な立場て、一緒にしましょう、一緒に楽しましょうと言ってもらいたい。
7 何を食べまか聞くのではなく、洋食しますか、和食にしますか、中華にしますかと選択肢を示して、聞いてをしい
8 気候、気分によ飲むものが異なることがあるので、毎回意向を聞いて欲しい
9 一度できなくとも、気分によってやりたくないときもあるので、きめつけないでほしい。次のとき頑張りましょうねとはげましのことばがほしい
10 個性、好みを尊重して欲しい。
11 目的地までは、先を行き、目的地につたら、ゆっくり見たいので、後からついてきてもらいたい。
12 分からないことは、推測、思い込みでするのではなく些細なことでも聞いてはしい。
13 危険な事を除いて、学習効果があるので、何でも挑戦させて欲しい。
14 出来ることは、待って、自分でさせて欲しい。
15 私たちの能力を信じて欲しい。決して何もでくない人ではない。
16 この方法ででくなくとも、別の方法があると、柔軟に考えて接して欲しい。
17 認知の人にも人格がある事を認めて 尊重してほしい。
18 出来ることと、人間の価値は異なることを理解して欲しい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中央構造線」が動き出した... | トップ | 浅田訴訟 応援紙「ささえ65... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。