岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

「中央構造線」が動き出した。広瀬隆氏講演より。

2017年05月17日 | 原子力発電

今日、5月17日、福井県の高浜原発が再稼働しました。

現在再稼働しているのは鹿児島県川内原発1,2号機、愛媛県伊方原発3号機、そして福井県高浜原発と4機になりました。

西日本ばかりです。さすがに東日本は難しいと考えたのでしょう。

大地震が起こる可能性は全国で高まっています。数百年単位の活動期に入っていると言われています。

怖いのは阪神淡路大震災、熊本大地震に代表されるような直下型地震です。

最近、伊方原発の6km沖に活断層があることを研究者が突き止めています。

活断層はまだまだ未知な部分があります。熊本大地震が起こることで阿蘇周辺の活断層が地表に現れました。

地震が起きてからわかったのです。

熊本大地震のテレビ報道では、震度表示の図に鹿児島県が除外されていました。

活断層も川内原発の近くにはないと言われていました。活断層図には確かにありません。

視聴者の抗議により是正されました。よく覚えています。

ところが2015年9月11日の日本地質学会学術大会では、中央構造線は川内原発の沖合6キロにあると報告されています。

全国の活断層図というのがいかに不完全なものかがわかりました。

熊本大地震は熊本県だけではありません。大分県も大きな被害に遭いました。

大分県から愛媛県の伊方原発は中央構造線でつながっています。

直下型地震の怖さについては、原子炉を緊急停止させる時間的な余裕がないことがあげられます。

直下型の上下動は硬い岩盤をも割ってしまいます。3mくらいの断層は熊本大地震でも見られました。

そのような事態になれば、原発はひとたまりもありません。

被害は西日本全域にわたります。放射能は偏西風に乗り、瀬戸内海沿いに北東の方に流れていきます。

岡山県はその中にあります。

広瀬隆氏の発言を疑問視する人も多いと聞きます。

しかし、予測が的中してきたのは広瀬氏だったように思います。

安全神話は崩壊してしまいました。

誰の話を聞くべきか明らかだと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広瀬隆さんの講演会のあらま... | トップ | 今日の佐藤雅彦さんの言葉です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。