岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

安倍政権が崩壊する過程を見ている。

2017年06月16日 | 国会と政治

今週は「共謀罪」が参議院で可決。

加計学園関係文書の文科省公開、そして16日は内閣府の文書公開と急転直下の進展があった。

「共謀罪」参院可決後の発表という姑息さに加え、公開された文章は内閣府からの圧力が

あったことを明らかにした。

文科省がこの文章を公開したことは、「白状」(在ったことを認めた)したということ。

これ以上なにもありません。再々調査は勘弁してほしいと。

これは文科省の反乱にはあたらない。国民の声に従ったというそれだけのこと。

そのことでさえどれだけ大変なことか。

本日で実質的に国会審議は終了となる。

国会閉会、ゴングに救われたいという安倍政権だが、もう国民もマスコミも追及を緩めはしない。

政治家も官僚も官邸から距離をおき始めている。

人心が離れるとはこのことだ。

顎る平家は久しからずや。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢田丘陵 法隆寺から松尾寺... | トップ | 1週間、ブログを書かなかっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。