岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

本年もよろしくお願いします。

2006年01月05日 | 日本の仲間
年末年始は、見守りも兼ねて実家にいました。
本当に寝正月でした。
これでは太るばかりなので、近くのグランドで
毎日、歩いたり走ったりしていました。
今年は例年より寒く、広いグランドも人がまばら
でした。
古い木造の実家の冬は、普段コンクリートの家に
住んでいる私にはとても寒く感じられました。
子どもの頃はもっと寒かったはずなのにと、なんとも
情けない思いでした。

老いた両親と息子である私の3人が実家で過ごす感覚は
当たり前のようでもあり、とても不思議なものでもあります。

かって核家族の一員だった私が、成長して新たに核家族を
つくり、それから長い時間が過ぎ、ふたたび、かっての
核家族に戻っていく。
そのような体験を私はここ数年しています。

さて、今回の旧核家族戻りには、1冊の本を持参しました。
日頃、積読状態に陥っていた「ポストコロニアリズム」
カンサンジュン編 作品社です。
この読みにくい本を少し読んでみようかと思いました。
そして、同時に実家の書棚に眠っていた古い書籍の中から、
気になっていた本も枕元に持ってきました。

この本は、私の叔父が戦前中国の学校に留学する前に手に
いれた本だと思われます。
叔父は、上海の「東亜同文書院大学」で学んだ後、
20代で病死しました。
書籍の名は「大支那体系第3巻」岸田英治 榛原茂樹著
萬里閣書房 昭和5年発行 非買品です。連番もついています。
この本の発行意図はわかりません。
叔父は昭和10年前後に留学したので、その前に読んでいたので
しょう。
この本を読みながら、いよいよ中国の学習を始めなくてはならない
ようだなと思いました。

「支那」という文字は今のパソコンでは変換できません。
この言葉を日本人に思い出させたのは、石原慎太郎氏です。
最近の彼の本の表紙の写真は、「レーニン廟」を思い出させる
なんとも気味の悪いものでした。どうしたんだろう。

話が横道にそれましたが、「大支那体系」を読んでみると、私自身の
中国の知識のなさに唖然としました。
少しは勉強していないととても理解できないようです。

最後に、私が生まれた時にはすでにこの世にはいなかった叔父が
通った「東亜同文書院大学」がどのような学校だったかも知りたいと
思います。もちろん、敗戦とともに消滅した学校の一つです。
「東亜」「同文」という名称に、建学の意図があるように思われます。
1900年建学です。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日で今年のブログ納めです。 | トップ | 年越のアイススケート?ネタ。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サンプロ公安特集が何故か放送されない (toku)
2006-04-09 11:55:42




先々週のサンデープロジェクトで「公安警察の実態」を特集で報道しました。

3部構成で第一部は「反戦ビラを撒いただけで何故逮捕されるのか?」でした。

小泉政権にすっかり恭順した大谷昭宏がメインで報道してました。

小泉政権専属報道番組サンプロで何故報道したのか?

「?」ではありましたがなかなか見ごたえがありました。

次週は第2弾ってことで期待していたのですが、当日になったら何もなかったが如く放送されませんでした。

そして本日も何事もなかったかの如く…



間違いなく圧力でしょう。



みんなの力で糾弾しませんか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
改革ファシズムを止めに行こう - 銀のブログの背に乗って (世に倦む日日)
今度の総選挙で与党小泉政権は衆院で三分の二超の議席を占め、さらに野党民主党の翼賛転向を得て、フリーハンドで新自由主義革命を推進する合法的政治権力を得た。小泉首相と竹中平蔵はこの「構造改革の神聖権力」で、新自由主義が目的とする日本国内の二極化をさらに徹底さ
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。 (雑談日記(徒然なるままに、。))
 掲示板で見つけた言葉で実にうまいことを言うと思った。 反小泉3450万人が、ワ
年があけても、生活に密着した怒りは忘れない。 (とくらBlog)
 株価が上昇したニュースに続いて、景気がよくなる、とテレビで言っています。それなら税収が増えるはず、ぜったい増税するなよ!と、新年早々、思わずテレビにけんかを売ってしまうのですが、無党派リベラルさんが、消費税上げる前にサラリーマン増税。 庶民をなめとんな
本日確認、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のリストからはずされました。 (雑談日記(徒然なるままに、。))
 エントリー、「反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨