岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

トランプが「TPP永久離脱」といっても、「なんとかなりませんか」とすがるワケは。

2017-01-25 20:59:01 | 国民と国会と政治

どうもよくわかりません。

TPPを強行採決したから後に引けないのか。

米国抜きはありえないというのは何故か。

豪州もニュージーランドも米国抜きのTPPを模索するというのに。

かつてはTPP反対を言っていた自民党がこれだけ強固な推進派になるというのも解せない。

現実にはTPPというのは過去のものになっている。

それより「貿易摩擦」が大きな課題になってきた。

妄想のような気もするが。

トランプの発言に右往左往することはないが、それなりに対応する必要がある。

ビジネスマンにはビジネスのルールが通用するだろう。

日本なりの手練手管を駆使できるかどうか。

安部政権の正念場は海の向こうからやってきた。

日米関係強化というだけの「ひっつきモチ」路線が通じる相手とは思えない。

※写真は龍野城。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『岡山移住組』は、よくでき... | トップ | 「いま、居住支援を本気で考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国民と国会と政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。