岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

伊吹山(滋賀・岐阜1377m)に行ってきました。

2017-08-22 06:49:22 | Y21山の会と、ハイキング
大阪、京都のなかまと新快速で合流、米原まで乗りました。 米原駅下車は初めてです。 大きな広告です。 自転車のレンタルができます。琵琶湖1周200kmチャレンジです。 もちろん、高速の自転車です。2日で回れば観光もできると思います。 一度は挑戦したいです。 20年以上前に台風で新幹線が止まってしまい、この駅の近くで一晩を明かしたことを思い出しました。 車内で缶詰になりとても心細 . . . 本文を読む
コメント

上高地・明神の朝霧が美しい。

2017-08-08 10:11:28 | Y21山の会と、ハイキング
前日に宿のご主人に朝6時から穂高神社奥宮の境内である明神池に参拝できることを聴いていました。 小雨の中を参拝に行きました。 梓川が幻想的でした。 6時前だったので社務所は閉まっていました。 奥宮の背後にある明神池は霧の中です。 参拝客が集まりだしました。 午前6時、境内(明神池)に入りました。 . . . 本文を読む
コメント

上高地・明神を巡りました。

2017-08-05 07:51:31 | Y21山の会と、ハイキング
上高地から約1時間、梓川を遡ると明神に着きます。 明神の見どころは、嘉門次小屋と穂高神社奥宮そして神域である明神池です。 穂高神社奥宮の鳥居をくぐると嘉門次小屋が見えてきます。   上條嘉門次は、この地で岩魚や熊などをとって生活していたそうです。ガイドもしていました。 日本アルプスの命名者、ウエストンの案内もしました。 上高地の主のような人です。 ↓上條嘉 . . . 本文を読む
コメント

岳沢のお花畑を探して。

2017-08-03 23:21:07 | Y21山の会と、ハイキング
  5時に朝食をいただく。 前穂高岳に向かうグループが宿を後にする。 ここから上部はヘルメット着用が求められている。 雪渓までつめてみた。震えるほど寒い。そうそうに引き上げる。 天狗のコルへの取り付きを見に行った。 この辺りはお花畑だが時期が少し遅い。 . . . 本文を読む
コメント

穂高岳直下の岳沢小屋からの眺め。

2017-08-02 14:38:41 | Y21山の会と、ハイキング
上高地から岳沢小屋まで標高1500mから2100mの登りです。 通常、3時間コースだが、我々は4時間かけて登りました。 すべての登山者が追い抜いていきました。 登山者の多くは岳沢小屋まで登りそのまま下山をする。これは欧米からの登山者が多い。 一方、岳沢小屋に泊まり翌朝、穂高山荘まで登る人は日本人や韓国人が多い。 私たちもできればそのコースを取りたかったが、わがメンバーには無理だった。 . . . 本文を読む
コメント

久しぶりの上高地・岳沢ハイキング。

2017-08-01 22:33:20 | Y21山の会と、ハイキング
恒例の年1回、山の会の夏山遠征に行きました。 会の実力を考え岳沢小屋往復と明神・徳本峠訪問となりました。 ↓上高地を歩く 樹林帯を登る 風穴から冷風が。 黙々と登る   ↓左:奥穂高岳 中央から⇒吊尾根 ↓左:天狗のコル 右:奥穂高を望む 振り返ると上高地 左に河童橋界隈 右の赤い屋根は帝国ホテル . . . 本文を読む
コメント

矢田丘陵 法隆寺から松尾寺ー矢田寺ー東明寺ー霊山寺を歩く

2017-06-12 17:40:36 | Y21山の会と、ハイキング
この里山歩きは2004年に一度歩いていると山の仲間の言葉です。 上の写真は法隆寺の南大門前です。1438年再建、国宝です。 奥の中門(国宝)は改修中でした。 法隆寺は土塀に囲まれています。なかなか見ることのできない景色です。 たんぼと紫陽花 ↓北側から法隆寺を望む。五重塔と金堂ですね。 大和松尾寺です。日本最古の厄除け寺だそうです。 ↑石仏によ . . . 本文を読む
コメント

星ケ城(小豆島・寒霞渓)から石門洞へ。4月9日

2017-04-19 13:54:28 | Y21山の会と、ハイキング
星ケ城山頂は不思議な風景です。  星ケ城山(817m)は瀬戸内最高峰です。 ↑下山途中にある岩です。 ↑草壁の町が眼下に。 大きな岩のアーチをくぐり小豆島札所・石門洞にたどり着く。 二見ケ浦ではなく二見ケ岩 下山してバスを待つ山の仲間。 . . . 本文を読む
コメント

「寒霞」渓とは「神懸」から来ているそうです。

2017-04-13 20:33:17 | Y21山の会と、ハイキング
小豆島2日目は、寒霞渓から星ヶ城に登ります。 寒霞渓は奇岩がそびえる渓谷です。 ロープウェイでも登れます。     鎖場があるコースもあります。 1時間ほどで上部に出ます。 草壁港を望みます。 岩場から覗いてみました。 ロープウェイ乗り場にレストランや土産店があります。 星ヶ城神社です。 祭神に佐々木信胤、阿才局とありま . . . 本文を読む
コメント

小豆島着 大部港から池田へ  国民宿舎「小豆島」泊です。

2017-04-12 09:51:26 | Y21山の会と、ハイキング
日生港から濃霧の中、小豆島北部の大部港に着きました。 小豆島にはいっぱい港があります。6つです。兵庫(2港)、岡山(2港)、香川(4港)とつながります。 17時です。一日かかりました。 港には、国民宿舎「小豆島」のマイクロバスに来ていただきました。 今日一日の旅先案内を電話でしていただきました。 では、国民宿舎「小豆島」を紹介させていただきます。 冒頭の写真のように霧の中に浮かんでいま . . . 本文を読む
コメント

欠航を見込んで姫路駅にもどりJRで日生に向かいました。

2017-04-11 09:46:26 | Y21山の会と、ハイキング
船会社というのは「欠航です」とはなかなか言わないもののようでした。 今夜泊まる宿から情報が入りどうも欠航らしいとわかりました。 小豆島に渡る唯一の方法は岡山県の日生港に行きそこから小豆島に渡るフェリーに乗車するとのこと。 タイミングを計ってバスに乗り姫路駅に戻りました。 途中、姫路城前を通過しました。 姫路は外国旅行者がとても多いです。もちろんお城目当て。 もう一つは新幹線プラットホー . . . 本文を読む
コメント

山のホワイトアウトは怖い。海のそれも怖いことを知りました。

2017-04-10 11:00:23 | Y21山の会と、ハイキング
小豆島にフェリーで渡るために、バスで姫路港に向かいました。4月8日のことです。 姫路駅のバス停に行くと。家島行きのフェリーが荒天のため欠航と書かれていました。 荒天って、天気予報で言わなかったよなー。不思議な気持ちになったまま姫路港行きのバスに乗ったのですが。 港に着いた瞬間にわかりました。 港に冷たい海風が吹きつけ、海面は濃霧で覆われていました。 沖では船の汽笛がひっきりなしに聞こ . . . 本文を読む
コメント

的場山から鶏籠山をへ。たつの市です。

2017-01-16 21:54:56 | Y21山の会と、ハイキング
的場山から下って、鶏籠山に登り返します。右の山です。   鶏籠は鳥籠を伏せたような山ということです。 山城にぴったりの山です。 赤松氏3代が78年にわたって居城したそうです。秀吉の進軍までということです。 黒田官兵衛はこの地で活躍していますね。 本丸跡です。二の丸後もありました。スケールの大きい山城です。龍野古城と呼ばれています。 本丸跡から下の段です。屋形 . . . 本文を読む
コメント

初ハイクは、酉年にちなんで、鶏籠山。兵庫県たつの市です。

2017-01-15 22:15:27 | Y21山の会と、ハイキング
岡山発で姫路駅で乗り換え姫新線で本龍野駅というアクセスでした。 が、本日はこの冬一番の大寒波襲来です。 岡山市は出るとすぐに雪の中。 姫路駅から見る白鷺城は、一層白く輝いていました。 ところが集合場所が突然山陽本線の竜野駅に変更。 急きょ、乗り換えて向かうことに。 合流した3人は、タクシーで龍野の城下へ。 三木露風の碑の前で装備準備。 雪の中、まずは的場山を目指します。 . . . 本文を読む
コメント

屋島から瀬戸内海を望む。

2016-12-02 09:43:10 | Y21山の会と、ハイキング
屋島の展望台から瀬戸内海を望むと、 昨日、歩いた島々が眼下にあった。 左が女木島。中央右に男木島です。 ↓アップです。女木島と男木島の間にある海峡(加茂の瀬戸)にめおんが差し掛かっています(右手下) ↓左は小槌島 右は大槌島です。なかを取り持つ連絡船♪ ↓めおんが海峡をわたり男木島港に向かっています。 ↓岬を回れば男木島の港です。 . . . 本文を読む
コメント