岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

今週の介護:母親の介護でほぼ缶詰状態でした。

2017-12-08 09:43:02 | ケアラーのために
簡単に書きます。 母親は特養に入所しているのですが、職員での対応が困難になり、私が3泊、添い寝をしましたが、限界でした。 認知症の確定診断と服薬調整のために入院しました。 目が離せない(転倒骨折の可能性が高い)状態です。 うまくいくといいのですが。 限度額適用認定証を交付してもらはなくてはなりません。 その他、入院に関する準備もいろいろとありますし、特養の利用継続ということの話も必要で . . . 本文を読む
コメント

昨夕の介護 様子が変わりました。

2017-11-02 16:06:18 | ケアラーのために
午後6時前にいつものように訪問しました。 もう食事は始まっており、半分は食べていました。 職員さんから昼もそこそこ食べられましたとお聞きしました。 本人は私を見るなり、「もう帰ってええよ」、「自分のことをしなさい」と言われました。 今までそんなは発言は聞いたことがありません。 毎日通って「食べろ食べろ」というのが嫌になったのでしょうか。 早々に退去しました。 帰りに看護師さんと話をす . . . 本文を読む
コメント

今日の介護 婦人肌着売り場をウロウロ。

2017-10-31 21:37:06 | ケアラーのために
もう婦人肌着の売り場に行くのも慣れましたが、どうも目のやり場に困ります。 母親は極度の寒がり屋です。そこで暖かそうな肌着を買いに出かけたわけです。 他の利用者の方がポロシャツ(長袖ですが)1枚というエアコンディションですが、母親はカーディガンを羽織った上にひざ掛けを頭からかぶって寒い寒いと言います。 冷房を止めてくれと言います。もちろん暖房しています。昨日はキルティングのベストを持って行った . . . 本文を読む
コメント

昨夕の食事介護 食事ってとても重要ですが簡単ではないですね。

2017-10-31 12:01:06 | ケアラーのために
昨夕も自転車で6時前にホームに行きました。 すでに食事は進んでいてまずまず食べてくれていました。 でも、途中から「もういいよ」と受け付けてくれません。 他の入居者の方も食が進まない人が数名おられて、職員は必死です。 家族からは「食べさせてください」と言われているようです。 でも食べたくない人に食べてもらうことは本当に難しい。 母の場合は、無理に食べてもらおうとすると断固拒否します。 . . . 本文を読む
コメント

週末の介護 雨のホーム訪問。

2017-10-29 11:45:30 | ケアラーのために
昨日は雨が降り続いていたので、自転車移動は中止。 午後から、街中で「おしゃべり会」があったため、3km歩いて行きました。 4時過ぎに終了、それから西に向かって5km歩いてホームに行きました。 6時前に到着。いつものように食事介護。半分量の3分の2が精いっぱいです。 寒い寒いと言って毛布をかぶっています。その姿が赤ずきんちゃんのようなのでデジカメに撮って母に見せると笑っていました。本当に寒が . . . 本文を読む
コメント

今日の介護 少し食べてくれた。一喜一憂です。

2017-10-27 21:17:14 | ケアラーのために
今夕もホームに出かけました。 食事時間は大変だ。 入所者は10数名で介助する職員は3名。 配膳、投薬、食事介助、一人でどこかに歩いていく認知症の方の見守り。 食べた直後に、「私は食べていない」という方。 食後は、歯磨き、投薬、トイレと続く。 もうひとり家族の方が食事介助に来られていた。   母親は、半分量の3分の2ほど食べました。栄養は全然足りないけれど、うれしかった。 . . . 本文を読む
コメント

今週の介護 毎夕の食事介助ですがなかなか食べてくれません。

2017-10-26 20:24:07 | ケアラーのために
昨日と本日の様子です。 現在、必要量の2分の一を配膳してもらっていますが、なかなか食が進みません。 隣で励ましたりなだめたりとこちらは必死ですが、少ない量の半分を食べるのがやっとです。 「喉が詰まる」、「食べられない」を聞きながら、なだめすかして食べてもらっています。 「死にとうない」と言います。なら「食べてよ」と言いますが食が進みません お互いもう無理というまで頑張り食事を諦めた頃には . . . 本文を読む
コメント

今日の介護 夕食介助続けています。

2017-10-25 09:03:09 | ケアラーのために
昨夕も5時過ぎにホームに行きました。 全介助の方は、他の入所者の皆さんに先駆けて食事介助が進められています。 軽い食事介助で大丈夫な人や食事介助が不要な人は定時からの食事になります。 とにかく職員さんは忙しい。 特養の食事介助は大変です。薬も飲まなくてはなりません。投与に間違いがあってはなりません。 食事の残量を見ながらのテーブルを移動しながらの介助です。   母親はおなか . . . 本文を読む
コメント

今日の介護 岡山に戻ってすぐにホームへ。

2017-10-23 20:11:02 | ケアラーのために
土日と岡山を留守にしたので帰宅後、急いでホームに行きました。 夕食時間に間に合いました。 食事は通常の2分の一で、ソフト食です。 薬を再投与したことの効果はまだでしょうが(医師は1週間はかかるとのこと)、 食事は少し介助すれば口に運べるようになっていました。 本人も喉を通ると言います。 点滴をしているし、食事の量はまだまだ足りないと思いますが、少しほっとしました。 隣の席には認知症を . . . 本文を読む
コメント

医療ソーシャルワーカーに聞かれて、忘れていることの多さに気づく。

2017-10-22 15:31:54 | ケアラーのために
私もソーシャルワーカーの端くれとして、相談を受ける場合に色々と今までの人生についてお聞きする場合がありました。 今回は聞かれる立場になりました。母親についてのことです。 母親はどのような人生を歩んできたか、病歴はどうだったのか。それはいつのことだったのだろうか。 これに答えることは思った以上に難しいかったのです。 母親自身は断片的にしか答えられない。しかも私からみても明らかに事実と反すると . . . 本文を読む
コメント

今月の介護 母が食事を拒否しています。

2017-10-22 11:07:22 | ケアラーのために
この8月から母親が特養に入所しました。 環境が変わって戸惑いもあるのでしょう。 認知症が進んだように感じます。 岡山にいるときは2〜3日に一度訪問しています。 先日、担当の看護師さんから電話があり、食事を拒否するとのことでした。 早速、食事時間に訪問し様子を見ました。 食事を見ると食べられないといいます。 喉に引っかかる恐怖感があるようです。 食事介助すると「喉を通った」といいます . . . 本文を読む
コメント

『見えない貧困ー未来を奪われる子どもたち』NHKスペシャル その6 ファイナル 

2017-09-04 11:32:33 | ケアラーのために
貧困問題をトータルに考える必要があります。   子どもが子どもとして生きる権利。親が親として生きる権利。 この番組を一人でも多くの人にみていただきたい。 そして、感じてほしい。 取材で出会った子どもたちの声です。 生き方はみんな違う。でもその違いが格差であってはいけない。 やりたいことが奪われるのは、本当に想像したくなくなってくるぐらい怖い。 . . . 本文を読む
コメント

『見えない貧困ー未来を奪われる子どもたち』NHKスペシャル その5 進学

2017-09-01 08:32:46 | ケアラーのために
高校三年生の真央さんは両親と3人暮らし。父親の年金があるので相対的貧困にはあたらない。 しかし住宅ローンの返済が重くのしかかっている。 母親がパートで生活費を稼いでいる。真央さんは母親にこれ以上負担をかけられないと思っている。 大学授業料と生活費のため奨学金を借りようと思っている。仕方ないと。 ところがまだ大きな壁がありました。 入学金です。奨学金の支給前に支払わなくては . . . 本文を読む
コメント

『見えない貧困ー未来を奪われる子どもたち』NHKスペシャル その4 家計を支える

2017-08-30 06:53:32 | ケアラーのために
上の画像は、高校生でアルバイトをしている実態です。 週4日以上働いている生徒が44%。 平日4時間以上の生徒が46%。 貧困が再生産されていることがわかる。 週末も部活動で過ごす生徒がいれば、労働に費やさざるを得ない生徒も。 理恵さんは高校入学と同時にバイトを週4日している。 母親の収入18万円。理恵さんのバイト代。約7万円。すでに自分の生活費は稼いでいる。 &n . . . 本文を読む
コメント

『見えない貧困ー未来を奪われる子どもたち』NHKスペシャル 2017年2月12日放送 その3 

2017-08-28 23:04:04 | ケアラーのために
ずいぶん写真を撮りました。45分番組の再編集に手間取っています。始めた以上は最後まで書きたいと思います。 お付き合いのほどよろしくお願いします。 修君の親への気持ちです。 自分の将来が楽しみではない。 親を見ていると大人の大変さがわかる。 もし自分が大人になれても… (こんなこと考えたことありますか) 自分の将来が楽しみとは言えないなって… . . . 本文を読む
コメント