岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

『両界曼荼羅図(伝真言院曼荼羅)』 京都・国宝展 番号2

2017-11-30 20:12:21 | 京都
両界曼荼羅図  平安時代 9世紀 京都・教王護国寺 両界とは、胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅であることはわかるのですが、どう違うのかはわかりにくい。 クリックをお願いします。 . . . 本文を読む
コメント

『火炎型土器』 京都・国宝展 

2017-11-29 17:08:41 | 京都
「火焔型土器」と火焔土器は違うらしいです。 要は火焔土器が最初に発見された土器。後に発見したものが火焔型土器と言うそうです。   . . . 本文を読む
コメント

『白氏詩巻 藤原行成筆』 京都国宝展 番号153

2017-11-28 22:39:29 | 京都
平安時代 11世紀 東京国立博物館 大阪・正木美術館 書跡は、まったく知識がありません。 2巻あったのですが、後から区別できません。 東京国立博物館の該当するページです。 大阪・正木美術館 確かに素晴らしかったのですが私には見る目がありません。 そのためネット上の画像もこれでよいのかどうかもわかりません。 白氏詩巻であることは間違いないと思います。 会場で惹きつけられました。 . . . 本文を読む
コメント

『金峰山経塚出土品』京都国宝展 番号209

2017-11-26 16:33:54 | 京都
平安時代 11~12世紀 奈良・金峰山寺 wikiの記載の中に経塚に関する記述があります。転載します。 ーーーーーーーーーーーー 金峯山寺の中興の祖とされるのは、平安時代前期の真言宗の僧で、京都の醍醐寺を開いたことでも知られる聖宝である。『聖宝僧正伝』によれば、聖宝は寛平6年(894年)、荒廃していた金峯山を再興し、参詣路を整備し、堂を建立して如意輪観音、多聞天、金剛蔵王菩薩を安置したという . . . 本文を読む
コメント

『崇福寺塔心礎納置品』 京都国宝展 番号202

2017-11-25 21:07:02 | 京都
崇福寺跡 近江神宮所蔵 飛鳥時代 7世紀   資料:近江の塔跡 廃寺となった崇福寺の木造心礎に収められていたという、 位置情報 . . . 本文を読む
コメント

『金銅透彫鞍金具』京都国宝展 番号200 

2017-11-25 19:58:13 | 京都
大阪・誉田八幡宮所蔵 古墳時代5世紀 八幡宮はここから始まったといわれます。 宇佐や岩清水より古い この時代、随分ときらびやかですね。       . . . 本文を読む
コメント

『桜ヶ丘遺跡出土品』 京都国宝展 番号 196

2017-11-25 19:37:11 | 京都
神戸市立博物館所蔵 神戸市桜ヶ丘遺跡で発掘された銅鐸には、絵が描かれています。 紀元前2〜前1世紀 目の前で見たのですが、こんなに鮮明には見えませんでした。 会場は作品保存のため暗くなっています。 仕方がないことです。   . . . 本文を読む
コメント

『荒神谷遺跡出土品』京都国宝展 番号194

2017-11-25 11:19:15 | 京都
弥生時代 紀元前2~前1世紀 荒神谷遺跡に関しては荒神谷遺跡博物館をクリックしてください。 出土量と技術の高さに驚きました。 なぜ、出雲か。この地域が当時の最先端だったのでしょうね。 膨大な出土品です。 出雲地域が注目されます。 島根県立古代出雲博物館保管 荒神谷遺跡博物館    ※画像は、ネットから . . . 本文を読む
コメント

『土偶(縄文のビーナス)』 京都国宝展 番号189 

2017-11-25 08:47:12 | 京都
茅野市尖石考古館所蔵です。 紀元前3000年~前2000年と推定されています。 5000年前後前の作品です。 桁違いに古く、視野を急激に開かされた思いです。 初めて拝見しました。 予想以上につややかな表面と力感です。 まだ造形的にも素晴らしい。 縄文時代の原日本人の表現力に驚きました。 もちろん、会場での撮影は禁止です。 ※画像はネットから . . . 本文を読む
コメント

「京都・国宝展」観ました。

2017-11-24 23:30:14 | 京都
2時間待ちとか、恐ろしい話が聞こえていました。 でも見逃すわけにはいきません。 比較的空いている時間を推定。今日の3時以降の入場となりました。 30分待ちでした。我慢できる時間です。 中に入れば広大な敷地でゆったりとした気分になります。 博物館入口前でも並びますが順調に流れて合計30~40分で展示物前につきました。 日本の国宝の4分の一(210点)が集合し、4期 . . . 本文を読む
コメント

「パリ・マグナム写真展」9月18日(月・祝)までです。お奨めです。

2017-09-13 18:52:26 | 京都
期間:2017年7月1日(土)~9月18日(月・祝)会場:京都文化博物館3階展示室 写真好きには大変魅力的な写真展です。京都まで足を伸ばしてください。感動して頭が混乱してしまいました。同時開催に「近代京都へのまなざし-写真にみる都の姿-」も京都が好きな方には見逃せない写真展です。 以下、チラシより 1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シ . . . 本文を読む
コメント

祇園祭 宵々山 世界中から人々が。

2017-07-16 09:12:04 | 京都
7月15日 祇園祭宵々山に行きました。 この時期の京都は厳しいですね。晴れれば酷暑、雨が降ればびしょ濡れ、どちらも蒸します。 とにかく大変な人出です。 画像は京阪電車発行のタブロイドの絵です。とてもさわやかです。長刀鉾 四条烏丸駅近く。長刀鉾は女性は登れません(怒)。 下は函谷鉾です。女性が登っています。 菊水鉾です。もちろん女性も登っています。 占出山の . . . 本文を読む
コメント

正月二日はブラタモリ本。

2017-01-05 20:28:11 | 京都
京都府南部の40年住んでいてもブラタモリには驚かされます。 八坂神社から円山公園は観光のメインコースですが、円山公園の奥がどうなっているのか訪ねることはありませんでした。 ブラタモリ本には、そのあたりのことが詳しく書いている。 八坂神社は四条通から一段高くなっている。 これは桃山断層と知りました。 桃山断層は伏見も通っている。 確かタモリさんは伏見桃山城も歩いていた。 さて、祇園四条 . . . 本文を読む
コメント

明けまして おめでとうございます。

2017-01-01 17:25:41 | 京都
1月1日 元旦です。 京都に帰って 家族揃っておせち料理をいただきました。 そして、恒例の初詣に石清水八幡宮(国宝)に参拝しました。 陽があたり社が黄金と朱に光り輝いていました。 一年の初めを実感します。 . . . 本文を読む
コメント

2016年 平成28年も本日で終了ですね。

2016-12-31 11:21:07 | 京都
皆様 お疲れ様でした。 2016年も過去になりますね。 なにが起こっても過ぎ去っていきますが、 希望の持てる日々を過ごしたいと思います。 個人ではいかんともしがたいことが多いのですが できることはしておきたいと思います。 特に若い世代のためになにかできないか、 そのように考える日々です。 幸い大学生との交流もあります。 彼らの世代のためになることを始めようと思います。 来年は実 . . . 本文を読む
コメント