(東京)DILA国際語学アカデミー英語講師のブログ

四ツ谷、江東区で開講している英語講座や、英語学習等についていろいろ書いていきます。よろしくお願いいたします!

幻のグループの歌で英語を学ぶ2

2017年07月15日 | 英語学習法
Good evening! Are you looking forward to the holidays? Yes? So am I!

All right, let's start where we left off!

昨晩は、Justin Timberlakeが所属していたグループ、NSYNCの曲で少し勉強をしました。

It's gonna--be--me それは僕になることだろう。
Oh, yeah 
You might been hurt, babe 君は傷けられたのかもしれない。
That ain't no lie それが嘘ってことはないだろう。
You've seen them all come and go, oh 君は彼らがみんなよってきて、去るのをこれまで見てきた。
I remember you told me 僕は、君が次のように言っていたのを覚えている。
That it made you believe in 
No man, no cry それが(その経験が)君に、“男がいなければ、泣くことはない”と信じさせたのだと。
Maybe that's why もしかすると、それ(そんなこと)が次の理由かも。

はい、昨日はここまででした。それでは、勉強を進めましょう。原文の下に訳文を入れてみてください。

「こんなに少しだけで勉強になるのかな?」

はい、勉強になります。As one English proverb goes, "Constant dripping wears away a stone."
英語には、「ポタポタ落ちるしずくでも、続けば石を削る」という諺があります。

原文「Every little thing I do」
ヒント:「僕がする~な事は」
訳文「僕がするすべての小さなことは」updated!  

原文「Never seems enough for you」
never:決して~ない
seems enough:十分に思えない
訳文「君にとって決して十分に思えないようだ」updated!

原文「You don't want to lose it again」
lose it:それ(恋)を失くす
訳文「君はもう失恋はしたくない」updated!

原文「But I'm not like them」
like~:~のような
訳文「でも僕は彼らとは違う」updated!

原文「Baby, when you finally get to love somebody」
when~:~するとき
finally: ついに、やっと
get to~:~するようになる
訳文「君がやっと誰かを好きになったとき」updated! 

原文「Guess what」
訳文「わかるかな」updated! 

原文「It's gonna be me」
訳文「その誰かというのは僕になるのだよ」(どこかに書いてあります笑)updated! 

When you hear any English song, even a little understanding of it will
always make you feel great. So I will embed the video one more time!
少しわかっただけでも楽しいので、もう一度ビデオを貼っておきます!

Sing at the top of your voice and have fun!

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GQMlWwIXg3M" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻のグループの歌で英語を学ぶ | トップ | 英語における「はい」「いいえ」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。