風雲の志

心・道を開催

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際通信社の取材 介護について学んでいる人たち

2010-01-25 14:23:25 | 日記
介護職を目指す学生の減少に悩んでいた島根県のある専門学校が昨年、町や社会法人の協力を得て
失業者らを対象に学生を募集し、入学者の大幅増に成功したとの記事が新聞に載っていました。
また、以前には雑誌「現代画報」でも介護に関する記事が取り上げられていたように思います。

県西部の山間地に位置する人口約7000人のある町。病院が母体の専門学校の介護福祉科は一昨年に
入学生の募集停止を決めたのだそうです。それは、2008年度の入学生が4人にとどまったためなのだ
そうです。しかし、社会法人のある協会が支援を申し出たのをきっかけに、町ぐるみの学生募集が
スタートしました。

協会は、授業料が免除になる国の離職者対策事業を活用、経済的サポートを全国的にアピールして
入学者を募ったのだそうです。その結果、2009年度は18歳から61歳までの43人が入学しました。
失業者が9割の39人を占めました。現在は、体調を崩すなどして学校を辞めた2人を除く41人が介護
について学んでいるそうです。

ある40代男性は「高齢化が進むこの町で暮らしていくには、介護の仕事しかないのではと感じていた。
失業後、ハローワークでここを勧められて、これは運命だと思った」と話しています。
また別の40代の男性は、前職は大手広告会社勤務だったそうです。「介護の仕事は大変だが、やりがい
があると思う。卒業したら当分は町内の施設で働いて、できれば理学療法士を目指したい」と
新たな目標をもって学んでいます。

「介護」という職は、体力、精神的にもかなり大変なものだと聞いています。ですが、人のために
何かができるというのは仕事であっても素晴らしいことなのではないかと思うのです。介護をする
ことによって、多くの人に喜んでもらえたら嬉しいですね。


国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
現代画報の美食探訪を読んで
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル経済白書
占い日記
国際ジャーナルからの飛躍
weblog.cms.am
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際通信社の取材 何かと評判... | トップ | 国際通信社の取材 特攻キュー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。