静岡古城研究会副会長:もっちーのブログ

静岡古城研究会副会長:望月のブログです。主に静岡県内の中世城郭関係の情報を発信します。※当ブログはリンクフリーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊豆の国市シンポジウム「北条氏のふる里・再発見」に参加しました

2017-03-19 00:06:51 | 講演会・シンポジウム情報

3月18日(土)、伊豆の国市の韮山時代劇場映像ホールで、「北条氏邸跡(円成寺跡)国指定史跡20周年記念 北条氏のふる里・再発見-発掘調査の成果から-」が開催され、参加してきました。会場は市当局の予想を上回る約170人の参加者で埋め尽くされ、大盛況でした。

最初に、伊豆の国市の池谷初恵氏から「北条氏邸跡(円成寺跡)の発掘調査成果」の報告がありました。報告は、北条氏邸跡(円成寺跡)の発見の経緯と発掘調査の成果について、12世紀中頃~13世紀前半の北条氏館の時代、14世紀中頃~15世紀後半の円成寺の時代の遺構・遺物について、時期を追ってわかりやすく説明がされました。

次に、学習院大学の家永遵嗣先生の講演「文献資料から見る北条氏邸・円成寺」が行われました。先生のお話は、文献史料と考古学の成果をリンクさせ、北条氏と京都とのつながり、北条氏邸の変遷、山内上杉氏と円成寺、堀越公方足利政知と堀越御所・円成寺について、大変興味深いお話をしてくださいました。平安時代末から鎌倉時代・室町時代を経て戦国時代に至るまでの時間の幅と、伊豆から京都更に東アジアへと空間の広がりをつなぐ、ダイナミックな話だったと思います。

その後、帝京大学文化財研究所長の萩原三雄氏を加えてパネルディスカッションが行われ、北条氏邸・円成寺の遺構・遺物の位置付け、今後の史跡整備の方針などについて、短い時間でしたが、中身の濃い話し合いが行われました。

「城跡」が好きな人たちは、ともすると戦国時代、それも後半の城跡に目が行ってしまいがちですが、時にはそれ以前の時代の居館や寺院などにも目を向けて、戦国時代の城の位置付けを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋市の普門寺・船形山城に行きました

2017-03-18 23:41:59 | 県外の城郭の情報

少し前の話になってしまいますが、2月26日(日)、豊橋市の美術博物館(吉田城内)に行き、当日最終日だった特別展「普門寺と国境のほとけ展」を見てきました。

特別展は、三河と遠江の国境近くにある普門寺とその周辺の仏像や仏具、古文書、発掘調査で出土した遺物など非常に豊富な展示物が見られ、地域の博物館としては近年にない、内容の濃い展示でした。

展示を見終わった後、せっかくだから現地に行ってみようと、普門寺に行きました。同寺はもともと山岳寺院とのことで、現在の寺院の背後の山に所々平坦部があり、そこには寺院の建物の基壇跡や池の跡等々、寺院の遺構が明確に残っていました。この周辺地域の山岳寺院としては、湖西市の大知波廃寺が有名ですが、それに次ぐくらいの見事な遺構でした。

   

その寺院遺構を過ぎて山の尾根上にたどり着いてしばらく西側に歩いていくと、今度は山城の遺構が見えてきます。今川氏の文書にも出てくる船形山城です。城の本曲輪には残念ながら鉄塔が建ってしまっていますが、それでも土塁が観察でき、尾根に沿って堀切・竪堀が残っています。山上からは豊橋の街や遠州灘が一望に見渡せました。

   

普門寺・船形山城は、山岳寺院と山城の遺構の両方が楽しめる、なかなか贅沢な遺跡です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太田金山城の現地説明会に行ってきました

2017-02-20 00:02:23 | 県外の城郭の情報

2月11日(土)、群馬県太田市の太田金山城で発掘調査の現地説明会が開催され、静岡県からは少し遠い所でしたが、車で約4時間かけて行ってきました。太田金山城といえば、東日本で織豊期以前に石垣(石積み)が用いられる数少ない城郭の一つとして名高く、今回の発掘調査でも石造りの遺構が数多く検出されたようでした。

調査は主に大手虎口から山麓方面へ伸びる大手道で行われており、排水のための暗渠や岩盤を掘削して造った排水溝、石塁や石組の井戸など、関東の城郭にはあまり見られない石造りの遺構が良好な状態で残っていました。

太田金山城が築城された場所はもともと石が多い岩山であるということで、石は周辺にふんだんにあったことは確かですが、天正18年(1590)の小田原攻め以前に関東でこれだけの石を積んだり岩盤を掘削したりする技術があったことに改めて驚かされました。太田金山城にみられるような石積みは八王子城や津久井城にも一部みられ、また岩盤を掘削する技術は韮山城(天ヶ岳砦)や長浜城、河村城の障子堀でもみられることなどから、やはり太田金山城も北条氏が最終的に整備したのではないか、と個人的には思いました。

現地を一通り見学した後は、麓のガイダンス施設で映像や出土遺物などを見学し、記念にマフラータオルも購入しました。雪による東名高速道路の通行止めや圏央道・関越道の渋滞でかなり大変な道中でしたが、その苦労も十分報われた思いがした、充実した一日でした。

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンポジウム「戦国黎明期に築かれた城郭 扇谷上杉氏の城」に参加しました

2017-02-19 23:20:07 | 報告、その他お知らせ

2月4日(土)、横浜市歴史博物館で神奈川県考古学会主催のシンポジウム「戦国期黎明期に築かれた城郭 扇谷上杉氏の城」が開催されました。

このシンポジウムは、15世紀後半~16世紀前半に相模~武蔵にかけて勢力を誇った関東管領の一族:扇谷上杉氏の城郭にスポットを当て、戦国前期の、小田原北条氏が関東の大半を制圧する以前の城郭について考えてみようというものでした。会場はほぼ満員の盛況ぶりでした。

シンポジウムは、糟屋館・丸山城(かながわ考古学財団:松葉崇氏)、深大寺城(調布市郷土博物館:生田周治氏)、茅ヶ崎城(玉川文化財研究所:坂本彰氏)、大庭城(藤沢市郷土歴史館:宇都洋平氏)のそれぞれの縄張や発掘調査成果についての説明の後、川越市立博物館の田中信氏の講演「『大名系かわらけ』の可能性を探る」が行われ、その後討論会が行われて閉会となりました。

シンポジウムに参加して改めて感じたことは、考古学的発掘調査においては、15世紀後半~16世紀前半の遺構・遺物が出土する城郭が結構多いということです。むしろ縄張研究でよくとり上げられる16世紀後半(永禄~天正期頃)の遺構・遺物は意外と少なく、16世紀のある時期を境に、城郭の性格がある程度変化するのではないかと思わせるくらいです。関東地方の城郭史を考える上で、今回のシンポジウムでとり上げられた扇谷上杉氏だけでなく、関東管領家の嫡流である山内上杉氏も併せた両上杉氏を抜きにしては考えられない、ということを再認識しました。

静岡県、特に伊豆地方(旧伊豆国)は、伊勢宗瑞(北条早雲)が進出する以前は山内上杉氏が守護を務めていた国で、伊豆の城郭については上杉氏が城づくりに与えた影響をよく考えてみる必要がありそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「駿東・北伊豆の戦国時代」 沼津、富士の展示を見に行ってきました(沼津は講演会も)

2017-01-10 00:53:41 | 報告、その他お知らせ

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、静岡県東部の三島市・沼津市・富士市の博物館・資料館では現在、3市博物館共同企画展「駿東・北伊豆の戦国時代」を開催中ですが、1月8日(日)に沼津市の明治史料館の展示「駿豆争乱 国境の攻防」と関連の歴史講演会に行き、翌9日(月・祝日)に富士市の富士山かぐや姫ミュージアムの展示「三国同盟とその周辺」を見に行きました。

沼津市の展示では、伊勢宗瑞(北条早雲)が駿河東部に影響力を及ぼしていた時代(15世紀末~16世紀初頭)から江戸初期に至るまでの文書がズラリと展示してあり、見応えがあります。関連する城館跡についての展示コーナーもあり、駿河東部~伊豆北部の国境地帯における大名間の紛争や地域の人々の動きについて、非常に興味を持って学ぶことができます。8日午後に行われた則竹雄一氏の関連講演「戦国の争乱と沼津 -境界の戦国史」では、駿河東部から伊豆北部にかけての「国郡境目相論」と今川氏・後北条氏・武田氏の抗争、境界領域の民衆の動向などについて、則竹氏がわかりやすくお話をしてくださいました。

富士市の展示は、富士市域の戦国時代について、主に今川氏・後北条氏・武田氏の「三国同盟」とその推移を軸に、同市にある東泉院文書などを多数展示しながら、文書の内容をLINEの画面を使いながらわかりやすく解説していました。 

なお、既に三島市郷土資料館の展示「北条五代と山中城」は見に行きましたので、3館の展示全てを見ることができました。3館ではスタンプラリーを実施しており、全て回ると今川・北条・武田3大名のうちいずれかに関係するしおりセットをもらうことができます。今川・北条・武田の3つの大名の中から1つを選ぶのですが、下の写真は北条と武田のものです。今川のものは手元にありませんので、見てのお楽しみ、ということで・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加