元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

プーチン大統領の来日直前。メディアも領土進展ないだけに、経済協力を必死に説明する寓。

2016年12月14日 11時01分40秒 | 日記
 今朝は休みであったので、TV朝日の羽鳥慎一のモーニングショーを何となしに見ていたが、プーチン大統領が来日するといっても、北方領土に関してはまったく進展がないため、なんと日本のロシア経済協力を話題にしていたよ。

 よっぽど話題に事欠くせいだろう、北海道、樺太経由で、ロシアのシベリア鉄道につなげる計画を、詳細に取り上げていたが、筆者などはまず採算が合わないとみるのだが、日本の技術を利用すれば可能とか。

 あとは天然ガスのパイプライン計画など、安倍官邸から要請されたのかと疑いたくなるほど、経済面の協力で得られるメリットを、カニの販売価格が3割引きになるなどと、家庭の主婦層に納得してもらえる説明をしていた。

 安倍外交が、TPPに関してもトランプ氏の離脱宣言で破たんが明確に、中国包囲網も比ドゥテルテ大統領の中国親交でご破算に、ベトナムへの原発輸出も商談も、やはり事故後の被害の甚大さを懸念され、ご破算に。

 どう見ても危なそうな南スーダンに自衛隊員も送るし、地球温暖化対策のパリ協定では、参加のタイミングを失して中国に先を越されるし、北朝鮮の拉致問題も,安倍政権で解決すると公言しながら、全く進展なし。

 ことごとく外交で失敗しており、国内経済もさっぱり向上していないのに、なぜ高支持率なのか、まことに不思議な安倍政権だよ。

 いまだに支持率60%と言われる秘密が、メディアがらみの、国民だましの結果なのではないかと、筆者はいぶかっているゾ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IR法案というカジノ設置法案... | トップ | オスプレイの墜落で、沖縄県... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事