元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

プーチン大統領との会談を行った安倍首相は、いかにもタイミングが悪い。

2017年04月29日 15時19分43秒 | 日記
 今朝早朝5時ころに、北朝鮮はミサイルを打ち上げ、発射後しばらくして爆発したらしいとのニュースを、NHKが流していた。

 米韓合同の軍事訓練に日本の自衛隊も参加して、北朝鮮に軍事圧力をかけている。

 まあ北朝鮮としては、周辺で行われる軍事訓練に対抗したくなる気持ちもわからぬではない。

 国連で行われている北朝鮮の核問題を話し合う国連安全保障理事会の閣僚級会合に合わせての、対抗手段だと見る見方もあるようだが、北からの正式なアナウンスが出ていないから不明だ。

 しかし、ここ数回打ち上げる北朝鮮のミサイルは失敗続きだ。 まあ実験を重ねて成功に導く手段と言えなくもないが、固形燃料方式なのか液体燃料方式なのかもはっきりしない。

 さすがに核実験までは行わないと思うが、米トランプ大統領の挑発に乗る北朝鮮の金正恩政権に対して、ここにきてロシアのプーチン大統領が、北朝鮮に援助の手を伸ばしているように見える。

 ロシアの思惑が筆者にはさっぱりわからないが、この東アジアの不安定な時に、ロシアに訪問してプーチン氏と会談を持った安倍首相が、北朝鮮問題についてお互い何を話したのだろうか?

 共同記者会見を見ても、プーチン大統領は北朝鮮に対する軍事圧力は好ましくないと、基本的には中国とよく似た考え方のようで、トランプ・安倍などの軍事圧力攻勢の考え方と基本的に異なっている。

 安倍首相はトランプ氏に、日ロ両国の会見結果をどう伝えるのだろうか?

 とてもではないが、安倍首相に米露の架け橋などという役割ができたとは見えない。

 日ロの経済発展を望んでの会談であったのかもしれないが、会見を持つ時期が余りにも悪いと思う。

 筆者は、なんとも意味不明の会談であったと思うのd。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮問題が遠のくと、やは... | トップ | NHKのサイトで、籠池氏のICレ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事