元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

東芝フラッシュメモリー事業の、買収先に興味津々。

2017年04月19日 17時04分53秒 | 日記
 東芝が、原子力産業に注力し米国ウエスチングハウスを子会社化した結果、WHの関連会社などが巨大な赤字を発生し、その処理に東芝の本体を揺さぶっている。

 東芝の収益源であった、優秀なフラッシュメモリー部門まで売却を検討しているが、果たしてそのあとに残る事業で、東芝は経営していけるのだろうか?

 このフラッシュメモリー事業を買い取ろうと、海外各社が名乗りを挙げている。

 シャープを買い取った台湾の鴻海が、子会社にした日本企業であるシャープとともに、東芝の半導体部門を買い取ろうと意欲満々だ。

 筆者には、鴻海の戦略としては、シャープブランドの最大限の利用を考えているように見える。鴻海社内ではシャープ製品を徹底的に売り込めと、檄が飛んでいると聞く。

 日本人の知っていた、かってのシャープ。液晶TVでは評価されていたが、家電製品ではパナソニックや東芝、日立などと比べて、一段格下に見られていた企業であった。

 しかし、鴻海傘下になり、数年先になると、東芝のメモリー事業も手に入れるようになると、世界有数の企業に変身しているかもしれない。

 場合によっては、鴻海の社名を完全にシャープに替えるかもしれないと思うくらいだ。スマホの主要部品供給から、世界有数の組み立て能力を持つことになり、スマホのシェアにも変化がでるかもしれない。


(日本経済新聞 電子版より貼り付け)

東芝の半導体買収、シャープが参加も 鴻海の陣営に
2017/4/18

 東芝の半導体メモリー事業の売却を巡り、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が傘下のシャープを自陣営に参加させることを検討していることが18日分かった。鴻海は既に関係が深いソフトバンクグループに協力を要請。米アップルにも連携を打診したもようだ。中国や台湾企業への技術流出を懸念する声があるなか、日米の企業を巻き込んで状況を打開する狙い。

 鴻海は約3兆円の買収額を提示し、1次入札を通過したもよう。東芝は5月中旬に締め切る2次入札を経て優先交渉先を決める。鴻海側は国内の電機大手であるシャープを自陣営に参加させることで、東芝側との交渉をスムーズに進めたいとの狙いがあるようだ。具体的なスキームは今後詰める。

 シャープは主力の液晶パネルに加え、スマートフォン(スマホ)用のカメラ部品にも注力する方針だ。iPhone向けなどで強い東芝のメモリー事業が鴻海グループに加われば、取引拡大など相乗効果も期待できる。

(貼り付け終わり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮問題の正確な認識は、... | トップ | ペンス副大統領との会談で、6... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。