元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

731部隊での人体実験が行われた、戦争がもたらした狂気。

2017年08月14日 22時00分09秒 | 日記
 筆者は、NHKスペッシャルで放映された、「731部隊の真実 ~エリート医師と人体実験~」を、見逃してしまった。

 旧日本軍が731部隊という秘密組織を作って、各種の人体実験を行っていたという話は聞いていた。

 しかし、米軍の進駐で実態を暴かれることを恐れて、徹底的に資料を破壊隠滅したと聞いていた。

 田中弥生氏は、この事件でナチスドイツで行われた、T4作戦を併記する。

 ナチスの優生学思想のもとに、ドイツのエリート医師が集められ、知的障碍者、認知症高齢者、寝たきりの高齢者など7万人を安楽死で殺害された。ここでガス室の予行演習が行われた。

 後には優生学的にユダヤ人を劣等民族とみなして、ユダヤ人の大虐殺に発展したのはご存知の通りだ。

 規模こそ小さかったが、まさに戦争が生み出した狂気であろう、日本軍の管理下で731部隊に一部のエリート医師を集めて、有毒ガスや各種の兵器で、その効果を人体実験していたのだろう。

 その実験証拠を徹底的に隠滅した結果だろうが、戦後なにくわぬ顔で大学に戻り、医学研究者として成功した医師たちが存在している。

 ただ、良心の呵責から自殺した医師も存在したという。

 もう戦争の記憶を持つ人たちがどんどん減っていく日本で、戦争中のこういう現実を生み出した戦争の狂気を、若い世代に引き継がなくてはならない。


(BLOGOSより貼り付け)

この史実にどう向かい合うのか「731部隊の真実 ~エリート医師と人体実験~」
田中弥生
2017年08月14日

 昨晩のNHKスペシャル「731部隊の真実 ~エリート医師と人体実験~」はショッキングなドキュメンタリー番組だった。 軍の要請とはいえ、日本のエリート医師が、「お国のため」と自らを正当化し、多額の研究費を得て、人体実験に関与していたという史実が、実名や写真とともに赤裸々に描かれていたのだ。

 この番組を観ながら、すぐに思い出されたのが、ナチスドイツのT4作戦だ。これは、優生学思想に基づいて行われた安楽死政策で、知的障碍者、認知症高齢者、寝たきりの高齢者など7万人が殺害された。ここでガス室の予行演習が行われた。ここに、多数のドイツ人エリート医師が、人体実験に参画していたのだ。後にカトリック教会からの抗議で中止されたが、その後も、医師が自発的に人体実験を行っていたという。

 遠く、ナチス・ドイツの出来事と思っていたことが、規模こそ異なるとはいえ、日本軍とエリート医師において起こっていたのだ。また、生物兵器を作り、実践していた。この史実を、日本人の何人が知っていたのだろうか。

 さらに、複雑な気持ちにさせたのは、戦後、冷静さを取り戻した社会における彼らの態度だった。何事もなかったのように、大学に戻り、医学研究者として成功していた者の名前が挙げられていた。NHKは番組の中で、東大に取材を申し込んだが、「組織的な関与はなかった」との回答があったと明記していた。

 番組の最後で、後悔の言葉を述べ、自殺した医師が紹介されていた。それは、番組制作者の気持ち、つまり、「他の人々も事実に向かい合って、自らを振り返ってほしい」という希望であったと思う。われわれ日本人は、この史実にどう向かい合うべきなのか。「見て見ぬふり」は許されないのではないか。終戦記念日を前に、非常に重い課題が提示された。

(貼り付け終わり)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅官房長官に果敢に質問を繰... | トップ | 疑問が深まるばかりの、加計... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
虚偽の例と真贋判定法 (れきしがく)
2017-08-15 11:40:06
現在、歴史認識問題で、ニセ情報工作が問題になっています。

慰安婦訴訟で慰安婦勝訴をもたらした日本人弁護士が、
史実考察法の「虚偽の例」を隠し、「真贋判定法」を、隠していました。

   「真贋判定法」や「虚偽の例」は、以下の私のページにあります。
   その内容は、警察の捜査に通じるものがあります。「史料批判」
   http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/tikyuu.siryouhihann.html

これは、東大西洋史・今井登志喜『歴史学研究法』東大出版1935年
を土台にしています。

慰安婦問題では、訴訟担当弁護士に「渡辺春己」という方がおられました。
氏は、『歴史の事実をどう認定しどう教えるか』 教育資料出版社1997のP190等で、

    今井登志喜『研究法』を紹介しながらも、
   「虚偽の例」と「真贋の検討方法」を、隠したのです。

「吉見義明」氏は、慰安婦問題専門家のトップです。

彼は、「南京事件」での、慰安婦問題を証言する医師の日記を、
古本屋で買ったと言います。(『現代歴史学と南京事件』柏書房2006・p195)

 しかし、身なりの良い医師が、ボロボロの日記を古本屋に売りに行く。
 これは想像しにくい光景です。

また、同じグループの人達も、 資料「現物」が本物だ、と考えた「根拠」を、
説明しません。あった、あった、と言うばかりです。

 彼らは、資料と言うものは、出てくれば、それはすべて本物だ、
 と言わんばかりです。 

しかし歴史学の経験では、そうではありませんでした。
その歴史上の偽作の例が、歴史学全体から消えて、
かなりの時間がたっているようです。

「偽作の例」(古い自作ページです)
http://1st.geocities.jp/rekisironnsyuu/rekisitosyoumeirironnhenngisaku.html

歴史家が、偽作を疑わなかったら大変です。

「満洲憲兵隊」が検閲した手紙の「月報」について、
中国側は、それらは土の中に8年埋められていた、と説明します。

しかし、土が沁み込んだ様子はありません。
(『検閲された手紙ーーー』2006小学館・裏表紙 )

これは、ニセ文書とするには恐ろしいほどの、2万点という量です。
http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/170424kokazehidemasa.html

また、去年12月出版の『シベリア抑留』の本に、農村出身の兵は字が読めなかった、
という、あり得ない説明が挿入されていました。
http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/170226siberiayokuryuu.matigai.html

また、南京大虐殺の証拠として使われていた現物史料に、
ニセモノがありました。

それは、秦郁彦『南京事件』中公新書p131の、
元兵士の日記の「手書きの写真」でわかったのです。「井家又一日記」
http://1st.geocities.jp/rekisironnsyuu/syasinnbanniiemataitinikki.html
http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/tikyuu.sennkasyo.html

この部分だけで、疑問点が大量に含まれています。
       それを完全に握りつぶした人々がいます。    
そして彼らは、これを活字の本にして世に出しました。

靖国神社敷地内にある元将校団体偕行社が出した『南京戦史資料集』は、
すべて疑ってかかるべきです。

秦郁彦氏は、この「井家又一日記」を、元兵士から直接、手渡された人物です。
また、富田メモの鑑定者でもある方です。

その方が、「井家又一日記」の奇妙さに、気付かないはずはなく、
秦氏も、疑惑の人物であるわけです。

南京事件が、情報として発生してから、東京裁判を経て、日中国交回復後に再燃する、
その経過は、以下のページからたどれます。
http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/170223nannkinnjikennjouhoukaikarejume.html

戦闘詳報などの公文書は、米軍押収後に、マイクロフィルムで返還されたものが数多くあるようです。
(歴史科学協議会編『歴史科学入門』三省堂1986年、p186藤原彰筆)

どれがマイクロフィルムなのか、私が見た限りでは特定しないようです。
しかし、史料が本物かどうかを確かめる、という、第一歩の作業手順からしたら、
旧敵国からの返還物の利用には、細心の注意が必要であることは、言うまでもないことです。
ここでも基本を無視しているのは問題です。

   (内容に疑問があるのに、実物で紙質などを確認できない、マイクロフィルムかもしれない、
    というのは、いかにも馬鹿にされているようです)
http://1st.geocities.jp/rekisironnsyuu/kennkyuusyatatigasupaideha.html

上記のように、疑惑は、陸軍元将校団体、学術研究者、法曹界、
メディア・オピニオンリーダー、防衛省戦史資料室、等となっており、

ニセ情報工作の発信元は、中国・アメリカ・ロシア、
そしてその意を受けた日本人研究者、在日外国人と、言えると思います。

物証に関する真贋判定については、科学者の判断にも、
何重にもチェックが必要と思っている者です。

NHKの番組は、まさしく731部隊が非人道的な人体実験を繰り返していた、
という編集になっていました。

しかし、あの証言テープが本物であると証明されたわけではありません。

また、被告たちが、偽証を強制・脅迫されない環境だったと、
証明できるものでもありません。

あの証言に、「待遇改善や罪の軽減との引き換えという取引」はなかった、
と証明されるわけでもありません。

NHKが国民のメディアだと言うならば、こういう点について、
むしろ国民に注意喚起するべきなのです。

満洲の気候は非常に厳しく、水の少なさも想像を絶し、農民の衛生状態も
極めて悪かったことは、終戦間際に満洲に渡った方の証言でもわかります。
http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/170705mainitisinnbunn.731butai.html

私たちは今もなお、連合国の情報工作の渦中にいると思います。


そして中国は、恐怖と圧政の国です。

中国での、延安整風運動       (犠牲者 数千人・p25)、
    建国時の膨大な公開処刑     (犠牲者 70万人・p32)、、
   大躍進政策時の膨大な餓死者の黙殺(犠牲者 4千3百万人・p51)、
   文革時の膨大な犠牲者       (犠牲者 50万人・p72)
    天安門事件での殺害        (犠牲者 約4百人・p182)、
         (池上彰『そうだったのか!中国』集英社2010より)


ネットでは、日本で「公開処刑」が廃止されたのは、1879年と出てきます。
中国で公開処刑が廃止されたのは、2007年だそうです。120年違います。

人が目の前で殺されるのを見る制度のあった中国という国は、恐ろしい。

「お前はこう言え」と、強制・脅迫する社会では、適正な証言は、出ません。

人々を膨大なニセ情報工作に従事させることができるのは、
人権を無視する国だからです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事