元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

日野原重明さんの、与えられた命を、少しでも人々のために使って欲しいという信念。

2017年07月23日 16時12分11秒 | 日記
 日野原重明さんが亡くなって、NHKなどで追悼スペッシャル番組が報道されている。

 高齢者が増える現代社会にあって、生きるということ、希望を忘れないこと、高齢でも何事にも興味を持つこと、若者に希望を失っている人たちがいることの責任は、高齢者が希望を失って生きているためだと叱責する。

 日野原さんは、「生き方上手」を始め多くの出版物を発行されている。どれを読んでも老いる事に恐れるなと、健康維持のためのストレッチなど、体力の維持にも力を注いでおられた。

 筆者も幸いにして、今現在は大きな病気の原因は抱えていない。 日野原さんの年令に到達するまでには、まだ30年弱も生きなければならないことになるゾ。

 そう思うと、あと数年の命なんて考えは霧散してしまう。

 もちろん、誰の命であっても、天の神様の手のもとにあるのかもしれない。せっかくこの世に与えれた命だ。できれば人のために役立つ仕事をしたいと思う。

 特に政治家として、命を懸けている人たちには声を大にして言いたい。 あなた方はどういう信念で政治家を目指されたのかと。

 少なくとも、言い逃れや、平気で嘘を話してごまかすなどで、世の中を渡り歩けるという処世術は使って欲しくない。 国民はあなた方の姿を見て、こんな人たちに政治を任せていいのかと、悲観しか残らないではないか。

 すくなくとも、この国を少しでも良くしようと、政治家に与えられた命を使って欲しいとつくづく思うのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田総裁が2%物価目標を、... | トップ | 衆院予算委員会のTV中継を観... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。