元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

液晶TVが故障し、乱れた画像で見るしかなくなったが、政治スキャンダルにはお似合いの画面だ。

2017年07月06日 14時41分32秒 | 日記
 安倍首相の外遊が始まった。

 都議選も終わり、都民ファーストの会の議員が大量に当選し、自民党がものの見事に議席を大幅に失った。

 まあ安倍自民党に対する批判票がなせる業なのだろう。

 しかし、安倍政権がどこまで反省したのかは、まったくわからない。

 ところで、我が家のTV報道を映す肝心の液晶テレビが、突然画面の具合が悪くなって、ものすごく見ずらい画像になってしまった。

 さては、安倍政権による報道管制かと勘ぐってしまったよ。

 しかし、修理屋さんが来てくれて、映像を見るなり「あー、これは液晶パネルの裏に取り付けてある映像エンジンのLSIの不具合ですねえ」だということであった。

 しかし、最近の液晶TVは、このような不具合が発生すると、液晶パネルごとそっくり交換せざるを得ないのだという。

 まだ購入して1年半ほどの製品であり、4K対応のTVだけに映像エンジンなどが、昔の液晶TVとは比べ物にならないくらい、複雑で微妙なのだという。

 確かに、映し出される通常の放送でも、大型画面にもかかわらず、非常に繊細な画像であるとは感じていたが。

 幸い、長期保証の契約があったから修理費はかからないだろうが、通常の一年間保障であれば新品を買い替えるくらいの請求をされるところであった。やはりこういう高額の電気製品は、長期保証をしておく必要を感じた次第だ。

 ただ、液晶パネルの取り寄せに時間もかかり、4~5日は醜い画像のままで過ごすことになっている。 最近は政治スキャンダルが次々に発覚するだけに、汚い連中の映像は、この乱れた画面のTVで見るのがお似合いかと思ってしまうのだけど。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの、書類がないと言い通し... | トップ | 支持率急降下の安倍内閣の、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事