児嶋勝のエンタメニュース/広告代理店

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

児嶋勝のエンタメブログ!ボブ・ディランのノーベル文学賞に文学者らから批判の声

2016-10-14 15:02:02 | 日記
日刊ゲンダイDIGITAL 10月14日(金)15時0分配信




 今年のノーベル文学賞が米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)に決まり、世界中に衝撃が広がっている。

 文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは反米・反ポップで知られており、米国人の受賞は1993年に黒人女性のトニ・モリスン(85)以来23年ぶり。ディランを選出したことで、米メディアからは、同アカデミーがこれまでの方針を大転換して、「文学」の定義を拡大しようとしているのではないかとの見方が出ている。

 このことを質問された同アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は、ディランの代表曲「時代は変る」にかけて「時代は変わりつつあるのね、たぶん」と明言を避けた。「答えは風の中」ということか。

 同アカデミーの選択に、文学者などからは批判の声が上がっている。フランスの作家ピエール・アスリーヌ氏は「ディランは好きだが、どこに文学作品があるのか。スウェーデン・アカデミーは失態をさらした」と切り捨てた。また米紙ニューヨーク・タイムズは、ディランは素晴らしい歌詞を書いたが、ミュージシャンとして素晴らしいのであって、文学者としてではない。ミュージシャンに文学賞を与えては、文学者を称賛する機会がなくなってしまうと、アカデミーを批判した。

 ディランは受賞に関しては、今のところコメントしていないが、ラスベガスで13日夜(日本時間14日午後)からコンサートを行う。発言に注目が集まっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児嶋勝のエンタメブログ!井... | トップ | 児嶋勝のエンタメブログ!加... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。