児嶋勝のエンタメニュース/広告代理店

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

児嶋勝のエンタメブログ!早乙女友貴、殺陣の腕前を演出家&共演者が絶賛「500年に1度の天才」

2017-06-15 15:51:43 | 日記
ORICONNEWS 6/15(木) 15:37配信



 俳優の早乙女友貴が15日、東京・有楽町に新たにオープンするオルタナティブシアターのこけら落とし公演『アラタ~ALATA~』の公開けいこを行った。

 同公演は、極力言葉を用いないパフォーマンスでありながら、演劇のようなストーリー展開で構成される。舞台は2020年、人口1000万人を越える巨大都市トーキョー。平凡な日常に不満を抱えるOL・こころ(Elina)は、15XX年の戦国時代からタイムスリップしてきた勇ましい武将・アラタ(早乙女)に出会い、元の時代に帰そうと奔走する。

 アクションディレクターも務める早乙女は、高度な殺陣アクションで魅了し、「戦国や現代の違いで殺陣の種類を変えたり、蹴り技をやったり、場面によっていろいろな殺陣を表現できれば」と意気込み。演出の岡村俊一氏は「日本一の剣の使い手」と絶賛し、共演の塚田知紀も「アクションを長いことやっている僕から見ても天才です。500年に1度の天才です」と感服した。

 それを聞いた早乙女が「そんなわけないじゃないですか。僕のお兄ちゃんでさえ100年(に1人の天才女形)ですよ。塚田さんが本当にそう思ってくれていたらうれしいですけれど、思っていないと思う」と冗談めかすと、塚田も「実際のところは300年に1度の天才です」と年数を減らして笑わせ、息の合ったやり取りを見せていた。

 そのほか、こころ役とダンスクリエイターとして参加するElina氏、キャストオーディションで選出された吉田美佳子らが出席した。同シアターは、7月7日にオープン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児嶋勝のエンタメブログ!横... | トップ | 児嶋勝のエンタメブログ!須... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。