いつか、どこかで

花、昆虫、そして鳥など身近で見られるものを撮っています

ヒメウズ

2007-04-23 22:58:56 | 

ヒメウズは、どちらかと言うと日当たりの余り良くない場所で見かけることが多い野草です。




佇まいはひっそりと目立たないけれど、よく見るとしとやかな上品なイメージの花です。








ヒメウズはキンポウゲ科ヒメウズ属です。








顎片は一見した所では白色にしか見えませんが、うっすら紫色を帯びています。
花びらの様に見える顎片の長さは5~6mmと、とても小さいので、見つけにくいかもしれないですね。








花びらのように見えるのは顎片で、顎片の内側に見えている黄色っぽい所が花びらです。
そして花の後にはキンポウゲ科特有の尖がった種子が2~5つ実ります。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キューリグサと~・・・?

2007-04-21 20:54:52 | 

とっても、とっても、小さな可愛いキューリグサが空き地にも道べりにも畑にも~~、いたる所に咲いています。




花の大きさは2mmほどでしょうか。
しゃがみ込んで、見る気で見ないとこんな花だとは判らないかもしれませんね。
忘れな草みたいでしょ!ハナイバナみたいでしょ!







茎はこんな感じに放射状伸びています。
咲いている場所によってはもっと青々としているものも多いです。







こんな小さなキュウリグサの上に乗っちゃってる、小さなアナタはだ~れ??
触覚がやけに長いなぁ~。。。正体不明です。
(イナゴ?バッタ?・・・ 果たして誰の赤ちゃんなんだろう~)






小さな目がこっちを見てますねぇ~。

と~・・・ここまで書いて来てヤッパリ誰の赤ちゃんなのか?
気になって仕方無いので作業を中断して検索を
やったぁ~キリギリスの赤ちゃんと判明しました。
(そんなに喜ぶほどの事じゃないか・・・、でも、スッキリ~)




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴの花と実

2007-04-20 00:01:11 | 

イチゴの花と実~と言っても、ヘビイチゴでした~。
名前がちょっと嫌ですね。こんなに可愛い花と実なのに・・・




ヘビイチゴはバラ科なんですね。何となく納得~。
花の実物の大きさは12~15mmと小さいです。







周りのオオイヌフグリやキュウリグサ、その他いろんな野草と一緒に仲良く咲いています。
去年よりその数がはるかに増えています。何か条件が良かったのかな?








横顔はこんな感じ~。








まだ、出来て間もない実です。これからもっと綺麗な完熟ヘビイチゴになっていきます。
あっ!でも、食べても美味しくないから食べない方が良いと思いますよ。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スジグロシロチョウとベニシジミ

2007-04-17 21:48:42 | 

もたもたしていると花の時期が過ぎてからの投稿になってしまいそう~です。
急げ急げ~~!





桃の花にずっぽり顔をうずめて蜜に夢中のスジグロシロチョウさんです。
こうして見ると、モンシロチョウと間違いそうもないですが、
ヒラヒラ飛んでいる時に見ると区別が難しいかも・・・です。







ムスカリの蜜は吸いにくいんじゃないですか!?
『長いお口があるからご心配な~~く』 あぁ~、そうでしたね。








春、いち早く飛びはじめたベニシジミさん。
春の固体は色が【赤っぽい】んだそうですね。
ちなみに夏の固体は黒っぽく、秋の固体は両方のタイプが見られるそうです。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山桜と梨の花

2007-04-16 21:20:38 | 

今年は丁度お花見に絶好の時期に家中で風邪を回しっこしてまして
おまけに、乳母仕事も忙しく桜の写真を撮る時間的な余裕も無く・・・
何処にも行かない内に桜は葉桜になってしまいました。
桜を見るだけは、あちこちで見られたのですが、
なんと言っても、満開の桜の下でお弁当を広げないとねぇ~。。。。

それだけが、心残りです!





辛うじて撮ったのは裏山の山桜です。






我が家の近くには山桜が多くて山が薄いピンクの塊で彩られるのですが、
それも、見て通っただけ~、来年は撮るぞぉ~。。。







これは、裏の畑に父が植えた梨の花です。
花は咲きますが、何も手入れしてないので実はなりません。







この梨の木に今年の冬は、いろんな鳥さんたちがやって来て
写真を沢山撮らせてくれました~~。







山桜を背景に梨の花で~す。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビロードツリアブ

2007-04-16 00:31:11 | 昆虫

収穫が遅れて菜の花畑となってしまった我が家の畑に~
チョット風変わりなアブさん登場~です。




今までにも見かけたことはありますが、写真に撮れたのは初めて。
毛むくじゃらでまん丸で、『可愛いね』と思うのはワタシだけ!?







目がくっ付いているのでこれはオス、メスは目が離れているそうなので~。







飛んでいる時も翅を超高速で動かしていますが、蜜を吸っている時も翅をブンブン動かしていますね。
ビロードツリアブさんはホバリングが得意で、まるで糸か何かで吊っているかのように
同じ所にとどまって居られるのでツリアブと言われるのだとか・・・








ビロードツリアブさんの特徴は、この長い口(口吻と言うそうです)とガガンボのような細く長い肢
そして、ビロードのようなフワフワツヤツヤの毛に覆われた丸い体ですね。

(このアブさん、名前が違っていたらごめんなさい。あまり自信がありません)




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪柳

2007-04-15 20:17:32 | 





下の畑から雪柳を撮ろうとすると手前の芝桜のピンク色がこんな風に入りました。
チョット、不自然ですが面白いので~。










しなやかでふんわり優しい感じがとても好きなんです。








雪柳と同じく好きなのがコデマリなんですが、まだ咲いていません。
早く咲かないかなぁ~と待っています。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンペン草 (ナズナ)

2007-04-14 00:26:36 | 

暖かくなって一気に大きく育って来たナズナたち。
ナズナが別名ペンペン草と呼ばれる由縁となっている実も沢山出来てきました。




強く逞しい雑草、でも、その花はとても可憐です。
(根っこの香りも大好きです)







いつの間にか芽を出して、肥料を上げなくてもドンドン大きくなって!









虫にも食べられず、病気にもならず、アンタ達はエライ!
私の作る野菜さん達も少しは見習ってほしいものです。







さて、この形、どこかで見たことありますよねぇ~。
これが別名ペンペン草と呼ばれるナズナの実ですが、
三味線のバチの形に似ている所からそう~呼ばれるようになったとか。。。
『う~ん、なるほど』 三味線を弾けば♪ペン♪ペン♪かぁ~。





畑の空き地にバチが一杯~~。 ♪ペン♪ペン♪が一杯~~。
津軽ジョンガラ節でも聞かせて貰おうかしら~。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みつばち (花粉団子)

2007-04-09 00:19:58 | 昆虫

明日からの5日間の奮闘を前に、今日は久しぶりに写真を撮ったりしてのんびり過ごしました。
(風邪をひいて喉も痛く、お花見にも行けないから~)







皆さんはミツバチさんが後ろ肢に持っている塊を見たことがあるでしょうか?
私は初めて見ました。







花の蜜を吸っている時に、花粉が一杯体にくっつくんですね。
それを肢のブラシに蜜を少しつけて湿らせて、飛びながらブラシで体についた花粉を取って丸めていくんですって!





で、丸めたものは後ろ肢にある【花粉籠】(バスケットとも言う)に集めて、
1本の長い毛を串のように使って花粉団子の出来上がり~となるんだそうです。






飛びながらお団子を作るなんて~、ミツバチさん器用ですねぇ~。
この時はまだ、1個しか持っていませんでしたが
両方の後ろ肢に花粉団子を持って巣に帰るので、ミツバチさんにとっては
結構な重労働らしいですね。






こうして蜜を集めたり、花粉団子を作って巣に持ち帰ったり、
セイヨウミツバチさんのお仕事は役割がちゃんと決まっているんですね。
巣まで持って帰ったら、そこで待っている働きバチさんに渡すのだそうです。
その後、花粉団子は幼虫の餌になるんだとか・・・
小さな体でブンブン楽しそうに飛んでいるミツバチさんの事も知ってみると
随分、大変なんだぁ~。。。って思います。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツグミ 風に吹かれて②

2007-04-08 21:15:34 | 

風に吹かれて①からの続きです。




もう~、大丈夫かなぁ~。。。。







大丈夫じゃないね!又、吹いてきたよ~。







これって、人間世界で『春一番』って言う風かもしれないなぁ~。







おっと~!危ない!あぶない! 油断大敵、落ちる所だった!







こんな日は早めに帰った方が無難かもなぁ~。。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加