いつか、どこかで

花、昆虫、そして鳥など身近で見られるものを撮っています

模様

2007-01-31 22:00:00 | 好きなもの

自然は画家さん!ですね。
季節、時間、その時々、素敵な絵を描いて見せてくれます。
ワンコの散歩時間のささやかな楽しみです。


風が模様を作る。






夕陽が色を添える。






流れ込む水も模様を作る。






木立が色を添える。



私の心模様は・・・『ここの池に居るカワセミ君を撮りたい!』です。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の北アルプス(6)

2007-01-29 16:13:47 | お出かけ

今日で北アルプスのシリーズ終了となります。
最後の今日は噴煙の上がっていた焼岳と乗鞍岳の一部を見て下さいね。






展望台を出て左側に見える焼岳は去年8月上高地から眺めた思い出深い山です。
今回、こうして見る事が出来るとは思ってなかったので嬉しかったです。
又、乗鞍岳はう~~んと若い時職場の同僚4人と旅した懐かしい思い出の山です。





今回の撮影ツアーは好天に恵まれ、好きな雪の山を満喫して新たな思い出を作る事ができました。
機会があれば次回こそは!樹氷を撮影したいものです。
それまでに、雪を撮る腕を磨かなくては・・・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の北アルプスへ(5)

2007-01-27 23:22:23 | お出かけ
西穂高口駅の展望台に上がると、ほぼ360度雪の山が目の前に広がっていました。
(駅舎の建物がある部分だけは展望が遮られています)
展望台に出て右側に一際目立つ雪を被っていない岩の山が天を突くようにそびえていました。
これが標高3.180メートルの槍ケ岳ですね。
登山をする人、ちょっと山に詳しい人は【槍】と呼ぶみたいですね。






山小屋らしき建物が見えていますね。





↑上の画像の山小屋らしき物がある所ををトリミングしてみると!
      これは【槍ケ岳山荘】でしょうかねぇ~?(全く自信が無い、間違っていたらごめんなさい)



槍ケ岳山荘は標高3080mの所にあり、収容人員が650とか700とか。
季節の良い時はこんな高い所にそんなに大勢の登山者が押しかけて来るのですね。
近年はロープウェイや車で2000m級の山に苦も無く登る事も出来ますが
自力で2000m3000mの山に登るのはやはり選ばれた人達ですね。
その人たちだけが見ることが出来る景色、、どんなにか素晴らしいものでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の北アルプスへ(3)

2007-01-25 21:48:17 | お出かけ

千石園地にて



この状態の上に、更に雪が何回も何回も元の木の形が判らなくなる程
吹きつけて、まるっきり違う形状を作り出すのも樹氷ですよね?
それと、葉を落とした木の枝に吹き付けた雪が凍りついて出来るものもありますよね。
う~~ん、辞書で調べたけど・・・イマイチ解りづらいです。


では、ここからは、展望台から望む山々を見てくださいね。



写真の一番奥に白い雲(?)と思える所がありますね。
あれは白山連峰ですね。
近づいて見ましょう~~。



なんと~~、美しい山々の連なり~。感動しました!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の北アルプスへ(2)

2007-01-23 22:50:20 | お出かけ


これって、樹氷の出来かけ??って思ってもいいのでしょうかね!?






樹氷を撮影するための周回路は圧雪されて居て簡単な滑り止めを装着するだけでOK!安心して歩けました~。






2005年にここ千石園地で、素晴らしい樹氷を撮っている方のサイトを
見せてもらったんですが、それと比べて見ると雪の少ない事がよくわかります。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の北アルプスへ(1)

2007-01-23 01:08:41 | お出かけ
1月20日午後9時50分夜行バスで岡山を出発して
山陽自動車道→名神高速道路→東海北陸自動車道→清美IC→新穂高(朝)→
新穂高ロープウェイ→標高2156mの西穂高口駅に到着。
駅の屋上展望台と駅の外に広がる千石園地撮影会が行われました。


西穂高口の展望台から撮影開始です。が・・・果たして白い雪を白く撮ることが出来たでしょうか!?

(屋上展望台より望む)







全体の殆どを占める白の世界、明るく輝く雪を撮るために初めて露出補正に挑戦しました。
(千石園地にて)





明日から、暫くの間この撮影会の写真を見てくださいね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョウビタキ

2007-01-18 14:03:10 | 

ジョウビタキ君のオレンジの体色と羽にある白い模様は離れていても目に付きます。
でも、黒い顔に黒い目なので、目もとをバッチリ撮れません
(もう~、少し腕が良くならないと・・・・


今日も近くに来てくれないジョウビタキ君です

画像の上にマウスを持って行って下さいね。
手のマークが出たら画像に一言添えてあります。
又、画像をクリックして頂くと少し大きくなります。


いつまで撮ってるの!もう~止めてよね!
コメント (10)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

冬のリース

2007-01-18 00:33:29 | いろいろ
          
               リースと言うとクリスマスのイメージですが、
               今日のリースは【冬のリース】と名付けてみました。
               何のことは無い、私の好きなヘクソカズラの実と
               サルトリイバラの実と名前の判らない草の実(?)を
               クルクル巻きつけて飾りたかっただけです

          
 


               これは何処ででも見られるツル性の草で確か~、
               黄色っぽい小さな花が沢山付く草の実(?)だと
               思うのですが・・・
               何方かご存知だったら教えてくださいね。

                 

1月18日 判らなかった草の名前をnojinさんに教えて頂きました。ありがとうございました。
ヤマノイモ科の【オニドコロ】でした。

              
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2007-01-14 15:39:11 | 
岡山へ買い物に~ 車窓から~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒーカップ

2007-01-13 21:41:20 | 好きなもの

どこのお家にもお返しなどの頂き物のコーヒーカップって
沢山あるのではないでしょうか?
それでも、全部が好みに合う・・・とはいかないですよね。

【自分の感性に触れてくる!】 
コーヒーカップ1つにもそんな出会いがあって、無駄な買い物をしてしまう事があります。
これも↓安いものだけど何処かに惹かれて・・・





普段はいつもこんな大きなカップで好きなコーヒーを、
たっぷり飲むのが私流です。




まるで、二人お揃いのカップの様でしょう~。
でも、そうではないのです!では、どうして~?
それは・・・どちらの色も気に入ってどちらか1つに
絞れなかった結果なのです。




持った時、素朴で温かみのあるゴツゴツした所も好いのです。



気に入った物は2つ買う、又は買いたい!私。
これって、心理学で分析したら、どうしてそうなるのか判りそうですね。
さてさて、使い心地はどうかな。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加