いつか、どこかで

花、昆虫、そして鳥など身近で見られるものを撮っています

アサギマダラ

2016-11-02 19:52:50 | アサギマダラ

26日(水)午前11時頃のこと。庭先で水道を使って居た時、

近くの鉢植えのフジバカマで、何かが動いたように見えたので、何かなと確かめに・・・



いや~マジで!お久しぶりのアサギマダラが来てるじゃないですか!?

今年はもう~見ること無しで10月が終わるなぁ~。。。と思っていただけに、

見つけた時の喜びもひとしおでした。

ちなみに、アサギマダラが我が家、我が家周辺に来るのは大体10月頃です。



アサギマダラって、そうそう見た人が多くない部類のチョウではないかと。

2006年に初めて見て以来、出会えた年、出会えなかった年があって、

去年は来ていたのかもしれないけど、出会えず仕舞いだったし、

今年も10月末になってしまい、もう~出会いを諦めていただけに、

嬉しいのなんのって!嬉しくてたまりませんでした。



よく見たら右側の下裏翅が内側にクルンとなっています。

これって、羽化する時に上手くいかなかったのかな?

でも、飛ぶことに支障はない様子でした。



このフジバカマは野山に自生しているものではなくて、園芸品を購入したもので、

家の壁側に2鉢、道路側に面した方のプランターに1つと鉢植え1つ、

全部で4つに分けて鉢植えしています。(そこそこ増えるみたいで)

この写真は、プランターのフジバカマに止っているところ。



アサギマダラの名前の由来になっているのが、半透明に透けている部分に

鱗粉が少なく薄い水色をしていることからで、

和名の浅葱斑(あさぎまだら)の浅葱とは、青緑色の古い呼び方から来ているそうです。







アサギマダラが好んでやって来て吸蜜する花は、フジバカマ、ヒヨドリバナ、オミナエシ、

そしてアザミも好きな花なんだそうです。

私が過去に写真を撮った時も、ヒヨドリバナ、フジバカマ、オミナエシに飛来している時でした。



この翅の感じを見ていて、ふとどこかで見た何かに似ていると思ったんですけど、

そうそう~薩摩切子や江戸切子のガラス細工みたいに見えませんかね?

繊細でとても美しいところが。



写真を撮っている間にも、何度も花から離れて高く低く飛び立つことを、

繰り返すんだけど、すぐに戻ってきては飽きることなく、又、蜜を吸い続けていました。

こんなに長い時間ずっと此処に居るって、どうして?と思う程で不思議なことでした。



ご存じかと思いますが、アサギマダラは「旅するチョウ」として有名で、

秋には日本本土から南西諸島・台湾に渡りをする個体が多数確認されているのです。

このシーズンに南下(渡り)をする個体には直線距離で1500kmも移動した記録があるそうです。

又、日本本土の太平洋沿岸の暖地や中国四国、九州では、幼虫越冬をするそうで、

春から初夏に本州で見られる個体の多くは、本土で羽化したものではないかと言われています。



北の地からはるばる飛び続けて、我が家を南下の途中休憩の場所として寄り道してくれたことは、

言ってみれば、奇跡のような出会いの機会をもらっている気がします。

今回は余程疲れていたのか?長時間充分たっぷり栄養補給をして、夕方が来てしまった為か?

26日午前11時過ぎから翌日の午前9時半頃まで、ず~っとフジバカマの花に居たのです。

こんなに長く居続けたことはこれまでに1度も無くて、

このアサギマダラは無事に旅を続けられるんだろうか? もしかして・・・・

ここで力尽き果てるんじゃないよね!?とかって心配になったりしましたが、



翌日の朝にはまだ姿が確認できて、午前9時半過ぎに出かけるついでに確認をしていたら、

目の前でふわ~りと飛び立って、屋根の上もっと上に、上にと飛んで行って姿が見えなくなりました。

ひょっとしたら、又、帰って来ているかも・・・と思いながら用事を済ませ帰宅しましたが、

もう2度とその姿を見ることはありませんでした。

どうか無事に旅を続けて、どこかの終着地で好い相手に出会ますように。

有り余る程の写真を撮らせてくれて、一杯観察させてくれてありがとう~。

又、会える日を楽しみにしてますからね~。。。。。


写真は全部で283枚撮ったので、もう1回、どこかの日でアップしようかと思っています。

まぁ~左程違いの無い写真ばかりなんですけどね。




『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウィン | トップ | コマユミの実と野の花たち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hirugao)
2016-11-02 20:16:19
こんばんは
まだアサギマダラはいるのですね~
実は神戸の摩耶山の天上寺で今年の10月に100匹はいたと思うのですが会えました。

此処でまた素敵に撮られたお写真を拝見してすごくうれしかったです。
無事仲間と会えるのかな・・・・
いらっしゃいませ (azami)
2016-11-02 22:38:47
hirugaoさん、いらっしゃいませ。
拙い写真ですが、見に来て頂いてありがとうございます。
今年はもう~見れないかと思っていましたが、
10月も終わり頃になって出会えることが出来ました。
先ほど、お邪魔して見せて頂いて来ました。
想像を絶する数のアサギマダラに、集まる所にはこんなに凄い集団で立ち寄るのだと、
とても驚きました。
hirugaoさんのお写真にうっとり見とれてしまいました。
こんな素晴らしい出会いの機会があって羨ましい限りです。
たくさんの仲間たちとどこかで、無事に合流してほしいものです。
まるで影絵のような・・・ (Micchii)
2016-11-20 17:57:01
とても美しい模様の蝶々ですね!
見る人が大人でもメルヘンチックな気分にさせてくれ
ます。
アサギマダラに出会ったazamiさんの喜びがひしひしと
伝わってくるようです。
例えれば初恋の人と再会した時の胸ときめくような
お気持ちになられるのではないでしょうか?
貴重な写真を拝見させていただき僕も喜んでおります。
それにしても・・・238枚もお撮りになったとは!
何と素晴らしい根気と忍耐力の持ち主なのでしょう?
心から尊敬させていただきます。
特別なチョウ (azami)
2016-11-21 20:10:29
Micchiiさん、こんばんは~。
正に!影絵の様にも見えるチョウですよね~。
青く透ける色と模様に特別感があって、もう~うっとりです。
何より、嬉しく感激するのは、1年に1度会えるか?どうか?のチョウだけに、
初恋の人というか・・・七夕の織姫さまと彦星のような。。。かな?
(・・・って、私はそんな良いもんじゃないけど)
それぐらい毎年の出会いを楽しみに待って居るので、喜びもひとしおなんですよ。
沢山の写真を見て頂いて、本当にありがとうございます。
同じような写真ばかりしか撮れないのに、自分でもその集中力には飽きれるんですが、
今この時を逃したら、この次はいつか分からないという思いが強くて・・・
いい加減で止めよう~と思っても中々。
それも、今回は長い滞在時間だったお蔭でたくさん撮れたんですけどね。
その年に寄っては、ほんの僅かな時間しか撮影できないことも多いんですよ。
ちなみに、私って基本的に根気も忍耐力も無いんですけどね~、
どうしても撮って置きたい被写体があれば、いつになく頑張れます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。