いつか、どこかで

花、昆虫、そして鳥など身近で見られるものを撮っています

イヌタデ

2017-10-19 23:27:01 | 野草の花

この所、毎日の様に雨降り続きでうんざりしているのに、

おまけに強い寒気の流れ込みとかでグっと寒さも強くなって、

10月の今頃からこう~寒いなんて・・・おかしいだろう~?

かと思えば、台風も日本に向かって進んできているし・・・・・

これじゃ~お天気の回復も今しばらく望めそうにないという。。。。。

なんかね~爽やかな秋の青空はいつになったら見られるんでしょうね。

畑仕事、まだ出来てない準備もあるし、間引き菜もしたいのに・・・

こればっかりは中々思うようにならないもので、いささか焦り気味のazami です。



田舎暮らしをしていると珍しくも無い、ありふれた身近な野の花イヌタデ。

でも、それが田んぼの斜面に群れる様に咲くと、中々可愛らしいものです。



紅色の小花をたくさんつけて花の様に見える部分は、

本当は花弁ではなくて、ガクなんだそうです。



こどもの頃、アカマンマと呼んでままごと遊びに使ってた、

懐かしい思い出がある方もいらっしゃるでしょうね。



イヌタデの名前は食用になるヤナギタデに似ているけど、

食べられないタデってことからきているそうです。

ちなみに、蓼酢(タデズ)っていうのがありますが、

それはヤナギダデの葉っぱを磨り潰して酢と出汁で伸ばした酢のことで、

鮎の塩焼きに添えられていますよね。




又、ヤナギタデの発芽したばかりの赤紫色の芽タデは、

刺身のつまに用いられ、小さくてもちゃんと辛みがあるんですよね。



そこへ行くと、食用にならないダデはイヌとか付けられちゃって・・・

少々お気の毒な感じですけどね~。

見た目の可愛さとその風情ある佇まいで、写真や絵の素材としては人気があるみたいです。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情熱の彼岸花

2017-10-05 00:07:13 | 野草の花

今月は私めの誕生月です    69歳になりました~。

妹たちからプレゼントを貰ったので、「ありがとう~」と言うと、

妹曰く、「この歳になったら誕生日って嬉しいの半分、淋しいの半分じゃな。。。」と、

やけにしみじみ言われました。本当にその通り、言い当ててると思います。

でも、まぁ~元気で1つ歳を重ねられたことはめでたいってことで。 

いつまで経っても、気分だけは若いつもりで居る所があって、

年齢を自覚するような事象があると、戸惑うことも多多ありますが、

せめて、気分だけでも若く暮らしていきたい所存でございます。

さて、誕生日プレゼントに貰ったキャッシュ、何に使おうかなぁ~?

・・・って、特に買いたい物、欲しい物が無いってこれも歳の精?


9月26日撮影

我が家でも鉢植えの真っ赤な彼岸花が競って咲いて、ああ~綺麗

地域によっては、随分と 怖い別名 で呼ばれたりもする花ですけど、

一方で、多くの方がこの時期に彼岸花の写真をブログなどに載せていらっしゃるから、

被写体としての人気はかなり高いんじゃないでしょうか?

・・・かく言う私も、魅力的な花だと思う1人です。



艶やかな真っ赤な色、なんかね~気合いを入れてくれそうで好きなんです。

蕊がシュッシュッと勢いよく伸びている感じも好いなぁ~と思って!

赤の彼岸花の花言葉は「情熱」「独立」「思うはあなた一人」「また逢う日を楽しみに」

「再会」「転生」など等、その他にもいろいろあるみたいですよね。








美しい花にはトゲがあるってよく聞く言葉ですよね~。

で、美しい彼岸花にトゲは無いけど、毒はあるんですよね。

(まぁ~毒のある綺麗な花はいくらでもありますけどね)

昔から田んぼの畦に植えて野ネズミやモグラの被害に合わないようにしたとかも聞きます。

(モグラは肉食だけど、彼岸花を植えていると餌になるミミズが居なくなるので効果があるとか)



彼岸花、全草に毒がある為、子供の頃のことに手折って来ようとしたら、

親に「触ったらダメだ」と厳しく言われたものでした。

なので、子供の頃は怖い花だというイメージをずっと持っていました。



それが今は、写真の被写体として大好きになっていると言う。。。。。

勿論、やたらに触ったり折ったりはしないですけどね。



全国には彼岸花の群生地として有名な場所がたくさんあるんですよね。

この花が好きな人達が、折々に大切に手入れをして群生させているんでしょうね。

そんな所へ行ってみたいなぁ~。。。と思ったりもしますが、

写真を見てウットリするだけで、実現しなさそうです。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニバナボロギク

2017-09-21 20:00:36 | 野草の花

今週の月曜日放映された、宮崎あおいさん主演のNHKドラマ『眩(くらら)~北斎の娘』を録画して、

翌日に観たんですが、やっぱりね~あおいちゃん、綺麗で演技も素晴らしかったです。

(勿論!原作、ドラマ化どっちも良いからに他ならないと思いますけど)

それにしても、あおいちゃん演じるお栄は生き生きとして時にすごみさえ感じさせられました。

父、天才画家の北斎を手伝いながら、自分自身も納得できる作品を描きたいと苦しむ娘(お栄)が、

晩年には自分独自の絵が描けるようになるというストーリー。

北斎を長塚京三さん、幼馴染の良き理解者に松田龍平さん他、演技力の高い方達が、

共演されていて見ごたえあるドラマになっていました。

それと、絵画の世界を描いているから・・・? 画面全体の色がとても美しかったんです。

丁寧に作られたであろう良いドラマって、見終わった後に余韻が残るんですよね~。

あおいちゃんが好きだから見よう~と思ったし、絵の世界って興味あるしで

録画したんだけど、間違いなく良いドラマだったので久々に得した気分でした。


さて、今日は可愛そうな名前の花です。



ベニバナボロギクってもう~何年も見かけたことがありませんでした。、

それが畑の横の肥えてない空き地(ジニアや他の花をちょっとだけ植えている)に初めて出没。

まだ、はな子(犬)が元気だった頃、山道を散歩しててこの風変わりな花を見つけて、

何だろう~と思って名前を調べたら、その名前もちょっと変(?)で~。

だって、ボロギクて!



ただ、それを見たのは当時2回だけで、その後には全く出会わずだったけど、

名前があまりにも強く印象に残った様で、すぐに名前を忘れる私なのに覚えていました。

「ベニバナ」は普通よね~まぁ~花の部分が赤いんだからね。

だけど、ボロギクってあんまりじゃない!?いくら何でもね~。



花後の種子の綿毛がボロ布みたいだから・・・って説もあるようですけど、

それでこの名前になったって根拠は???らしいですけどね。

私にはボロ布みたいには見えないけどなぁ~。。。。。



花が咲き始めて咲き終わる頃までは、こうしてうつむいているんですよ~。



で、花の時期が終わると、あら~?不思議。頭を持ち上げてくるんです。

後ろにボヤけて写っている綿毛を見て~。上に向いているでしょう~。



写真を撮っている内に、風に吹かれて綿毛が飛び出して・・・・



次々に1つ2つ3つ・・・と、風に乘って飛んで行ってました。

綿毛が飛んでいく植物て何かね~可愛くて・・・

綿毛好きなんです私。











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホトケノザ

2017-03-31 10:55:02 | 野草の花

左程寒いと言うわけでも無く、それなりに春らしくなっているんだけど、

3月末としては去年より暖かくなるのが足踏みしている様な気がします。

・・・って、下書きをした28日とは打って変わって、

昨日は何と!岡山の最高気温21℃ですってよ!

夏野菜を植える畑の準備として、まず畑の周りの草抜きをしたら汗をかく程でした。

かと思えば、今日は雨降りで最高気温12度しか上がらないって言うし・・・

これが春ってもんですかね~?








大根や白菜を植えていた畑の周りや至る所に、ホトケノザが一杯咲いて、

まぁ~雑草っちゃ雑草なんだけど、ピンク色の花がわぁ~~っと集まって咲いているのは、

中々綺麗で好い感じ!可愛いからもう~少し抜かないで置いて上げることに。



ホトケノザと見間違えられやすいオドリコソウ。

こっちの方が花も小さくて控えめですが、

蔓延る所では見事に大集団を作っちゃうんですよね~。





少々蔓延っても、花が終わってから引っこ抜く時に割と簡単なのが、

ホトケノザの良いところでもあるのです。

同じように蔓延ってても、抜きにくい雑草は本当憎たらしいばかり。



ナズナは春の七草の1つですよね。これの若い葉は食用にされていたそうです。

根っこを引き抜くとアブラナ科の植物らしいとってもいい香りがします。



別名ペンペングサ、三味線草とも呼ばれているナズナ。

果実の形が三味線のバチに似ていることからそんな名前が付いたとか。

三味線を弾けば、ペンペンってね(^^♪





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野の花たち

2016-10-21 21:12:15 | 野草の花

ここ1週間程、一時の寒さが嘘の様に暖かくて気持ちいい秋の日が続いているazami地方です。

そんなお天気の良い日を逃してはならじと、一昨日サツモイモ掘りを完了~。

もっとも来週から平年並みの気温に戻るそうですけどね。


この頃やたら昆虫記事が続いているので、久しぶりに秋の野の花を見て頂こうと。



田舎の道べりや畑の隅っこやいろんな所で蔓延っている、どうでも良い人には何の関心も持て無い様な、

雑草っちゃ雑草なんですが、あえて私は野の花と呼んでいます。(野草と呼びたい)






野の花といえども可愛い花たちで・・・たくさん集まって咲いているとそこだけが明るく見えます。

手折って来て、花瓶に差してみるとこんなふうな感じ。

ノコンギクとイヌタデとミゾソバとエノコログサと名前も知らない草。



ミゾソバは湿地に群れて咲く、とっても愛らしい小さな野草です。



小さな花がいくつか集まっているのですが、その中の1つが花開くと、

それはそれは可愛らしくて愛おしい気持ちすらします。






同じ場所で一緒に混ざり合いながら、それぞれが自分を主張するでもなく、

仲良く共生しているイヌタテ(赤まんま)とミゾソバ



それらと同じ場所で咲いているのがノコンギク。

田舎育ちの私にとって、これら野の花たちは名前こそ知らないものの、

田んぼや畑で遊んでいた頃から、ず~っと身近にいつも見ていたものでした。

そしてブログを書くようになって、改めて花の名前を調べるようになったのですが、

ノコンギクとヨメナは実にそっくりで見分けが付かなくて・・・

写真を撮る度に「え~~っと、どっちだったかな?}と迷ってしまうものの1つです。

(大体近くの同じ場所に咲くんだから、覚えて置けよ!!!」って話なんですが)

毎年この花の写真を撮るわけじゃないから忘れるんだよ~。



今日は名前をハッキリさせる目的もあって花を摘みながら、

葉っぱの表面を撫でてみました。

葉っぱを撫でたらザラザラしていたのでノコンギクと決定。

(葉っぱの表面がツルツルしていたらヨメナです)



人知れず蕾を付け花開き、そして枯れていく野の花たち。

小学生の頃、刈り入れの終わった田んぼの畦で、

何が楽しかったのか走り回っていた自分の姿や、

脱穀の終わった稲わらが積み上げられ山の様になった所を、

駆け登ったりして遊んでいた姉妹3人の姿が、

これらの秋の野の花を見ると、とても懐かしく思い起こされるのです。

そんな年齢になったということですな。。。。。。



そんな長い長い暮らしの中で育まれた愛着のある野の花たちです。

これから先もずっと世間では「雑草」としか見られない花たちに、

変わらぬ愛着を持ち続けていくんだろうな。。。と思います。

そこには数知れない思い出が一緒に宿っているから。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

秋なのに・・・

2016-09-26 00:05:10 | 野草の花

秋なのに・・・曇り空や雨がパラパラする日が多くて何なんだかなぁ~なazami地方。

スッキリ晴れ渡る爽やかな日、いつになったら来るんでしょうか?

気持ち良い秋の風と青い空のもと、山歩きとかしたいのになぁ~。。。。



我が家の鉢植えのヒガンバナも雨に濡れて・・・

次々に蕾が上がってきて、そこだけが日に日にパッ~と明るく華やいでいます。



ヒガンバナが群生するの田んぼの畦や自然公園には、大勢の見物の人やカメラマンの人が集っているとか・・・

テレビでも各地の美しい群生地が紹介されたり、新聞では真っ赤なヒガンバナと棚田の写真が掲載されたりしています。

なんのかんのと言われたりもするヒガンバナですが、愛好家が多いのも事実のようですね。

私もこの花が好きな1人です。



そろそろ終わりが近くなってきたフヨウにも雨粒が・・・

この子は強い日差しの日も小雨の日も、咲き続けてくれています。

あと少し、頑張れ~。



涼しい風が感じられるようになると、あっちやこっちの草むらに、

小さなつゆ草がワタシは此処にいますよ~と、アピールするように、

くっきり鮮やかな青い花を咲かせるようになりました。



小さいけれど存在感のある愛らしい花、子供の頃から好きな野草です。



ヒヨドリバナにヒカゲチョウがやってきていました。



表翅の色や裏翅の模様が、よく似ているチョウがやって来るので、

拡大して裏翅の模様の違いを比べてみました。



ちょっと見には、よく似ている目玉マークのあるヒメジャノメ。



でも、こちらも拡大してみると、目玉マークの数や並びの違いと、

ラインの入り方や色が明らかに違うことが良く分かります。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アリアケスミレとイカリ草

2016-04-25 23:53:53 | 野草の花

今日もお天気が良くて、スカ~っと晴れた気持ち良い一日でした。

もう~いらないかなぁ~?と思って、ひざ掛け毛布を洗濯しました。

明日明後日と雨マークあるけど、肌寒いってことないよな。。。

若い頃は少々肌寒いくらいでも、季節を先取りした服装をしてたものだけど、

この頃の私ときたら、いつまでも用心深く薄着に中々なれない、年取った証拠ですね~。



野生のアリアケスミレ。一気にみんな揃って咲きました。






白に紫のスジ状の紋がよ~くお似合いで、私の大好きなスミレです。






この大きい鉢からこぼれた種から、あっちこっちに小さなアリアケスミレが、

たくさん顔を出していますが、今年は花が咲くところまでにはならないのかな?



これは道端とか空地などに咲いている野路スミレ。

同じ様に見えるけれど「スミレ」とは別物です。

ちなみに、葉っぱにギザギザのあり無しとか、葉裏に細かな毛のあり無しだとか、
その他にも見分ける違いがあるようです。




3株あるイカリ草の内、一番たくさん花を付けた子。

まさに、錨をイメージさせる花の咲き方ですよね。






大きくなったらかなり強力なアゴの持ち主になるヤブキリも

今はまだまだ小さくて可愛らしいです。



去年、お礼の肥料が足りなかったか!?花付きがよく無かったです。



この子も3輪ほど咲いただけで・・・手入れが足りないか?土がやせているせいかもしれないですね。

ちょっと気合いを入れて見て上げないと・・・

(花の下にある葉っぱが虫に食べられてみっともないので、チョット色を塗っちゃいました




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オダマキ&ヒメウズ

2015-04-16 23:11:40 | 野草の花

3年程前だったかな?ホームセンターで買ってきたオダマキ、2年は咲いたんだけど、

今年はその影も形も見当たらなくなって・・・どうして?消えちゃった?と思っていたら、

妹がもしかしたら?引っこ抜いたかもしれんわ~って!



なので、先日又買って来て同じ場所へと植えたばかり。

場所が合わなくて消えたんじゃないよな。。。。

オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の植物の総称。

日本原産のオダマキと西洋オダマキと2つのグループに大別することが出来るらしい。



初めてヒメウズを見つけた時、何かに似ているな~と思っていたら、

オダマキに雰囲気が似ていることに気が付いた。(キンポウゲ科ヒメウズ属)

それもそのはずで、花冠の付け根の後の飛び出したものが無いということで、

オダマキ属から分離されたのだけど、学者によっては、オダマキ属とする場合もあると言うことだから、

似ていて何の不思議もないわけだ。



畑や人家周辺、山間部にと広い範囲で見られるヒメウズ。

いつ頃からか、我が家の庭先にも2.3本生えるようになって、

多年草なのと環境が合っているのだろう、年々その数を増やしてきている。

ただ、とても小さくか細い野草なので、上手く写真に撮れないのがちょっと残念。



いつもは沢山花を付ける春蘭、今年は2本しか咲かなかった。

去年、鉢の置き場所を少しずらしたことが関係したのかどうか?

ちょっとした日当たりの加減や保湿の加減などが違ってしまった精かもしれない。

又、元あった場所へ返して様子を見ることにした。



植え替えをして2度目の花のシーズンを迎えたヒヤシンス。

まだまだ花数が少なくてひ弱な状態。それでも何とかこの場所に根付いてくれて良かった。

どうにか花が咲いたのが2本、花を付ける所まで育ってないのが1本ある。

来年少しでも球根が大きく太るように、これからお礼の肥料や堆肥を上げる予定。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ワレモコウと秋の草花

2014-10-12 21:00:28 | 野草の花



ススキの穂が風に揺れる下で、ワレモコウや小さな草花が咲いて・・・

秋が日ごとに深まっていく。



今では見られる所も限られてしまったワレモコウだけど、

此処だけは今年も変わらずに、昔の田んぼ後の斜面で花を付けた。



ヨメナの紫色、オミナエシの黄色、赤まんまのピンク色、ヒメジョオンの白色、など等、

どれも仲良く一緒に咲いて、見る者を穏やかな気持ちにさせてくれる。



ワレモコウの下の一面には、こんな可憐なミゾソバが極小さな花をたくさん咲かせていて、

その花の可愛さはというと、雑草と呼ぶのが可哀想なくらい。



ヨメナのちょっとした群落には、ネコまんま(イヌタデ)や、スイバに似た何か、

ツル性のちいさな紫色の花を付ける何かも、入り乱れている所へ、

小さなトンボも来るし、いろんな蝶やアブ、ハナバチや、もう~そりゃ~昆虫も入り乱れて・・・















コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ドクダミの花

2014-06-22 00:12:29 | 野草の花

”ドクダミ”で検索をかけると目に付くのが「駆除の仕方」っていうのが多いようで、

そうなんだ~増えて困っている人が多いのか~とちょっと凹む私。



こんなに趣きがあって可愛らしい花なのに・・・と。

問題は地下茎でいつの間にか勢力を拡大して、手に負えなくなるケースが多い精なんだろうな。。。



匂いが嫌いってのもあったな~。。。

でも、踏みつけたり抜こうとしたり茎を折ったりしなければ、多くの人が臭いと顔をそむけるニオイはしない。

ただ眺めている分には全く匂わないのに、なぜか?嫌われ者なんだよね。



それでも、嫌われてばかりかと言うとそうでもないので、ドクダミの花好きの私としてはホッとする。

何より多くの薬効があることは昔から広く知られていて、様々に利用されてもいるわけで、

身近な所ではドクダミ茶を愛飲する人や化粧水を手作りする人も結構居るようだ。



また、趣きがあるという点では俳句の季語にもなっているし、私の好きなアマチュアカメラマンの方も

先日とても素敵なドクダミの花の写真を撮られていた。(目の付け所が一緒~~!とすごく嬉しかった)

その方の真似をして撮ってみたいと思っても、腕もカメラも違い過ぎて似ても似つかない写真しか撮れやしないのだ。



この方の写真は何を撮られても一流の写真ばかりなんだけど、(長年サイトを見せて頂いているので)

最近撮っておられる写真は1枚の落ち葉だったり小さな野草だったりと、どこにでもあるありふれた被写体を、

見事なまでに主役にしてしまう、その凄さが素晴らしいと密かに憧れている。



さて、白い可愛い花びらと思われる部分、じつは花びらでは無くて葉っぱに近い性質を持った苞(ほう)と呼ばれるもので、

ドクダミには花びらはなくて、真ん中の黄色く見える芯の所に小さな花が集合しているのだそうな。

写真に見える蕾のような部分が開き、白い総苞片がまるで花びらのように見えるというわけだ。



まぁ~まぁ~そんな固いことはこっちに置いて・・・・・雨の鬱陶しいこの時季に、

ドクダミの花がフワァ~~と浮き上がるように咲いている様子はなんとも好いもので、

例え世間から嫌われ者扱いされることが多くても、私が眺めて癒されることに変わりはないのだ。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加