ジジババのたわごと

孫たち世代の将来が、明るく希望が持てる時代になってほしい。

自分の会社の食品を食べていたの?

2007年06月22日 | Weblog
食の安全って何だろう。消費者は何を信じたらいいのかわからなくなった。またまた、苫小牧の食品加工会社の「牛ミンチ偽装」が明らかになった。
「ミートホープ」という会社名の「ホープ」の意味は本来「希望とか、希望をかける人」の意味だろう。
それがとんでもない方法で消費者を欺いてたのだ。詐欺だ。

牛の代わりに豚、鶏皮、ヒツジや内臓、脂、くず肉までごっちゃ混ぜにして牛ミンチとしていたというから本当に許せない! 怒り心頭とはこのことだ。
混ぜてしまえば分かるはずがない、の考えなのだろう。
消費者がさぞトンマな牛か豚に見えただろう。
TVでのらりくらりと答える社長は、良心のかけらもないようにさえ見える。
自社ミンチが混入したであろう加工品を口にしなかったのは、社長はじめ関係者とその家族か。
それらの人たちが、自分の家族や孫が買って食べるのを黙って見過ごすとは思えないからだ。

この会社は以前から悪いうわさがあったという。早くに取引を引き上げた会社もあるらしい。
賞味期限間近の冷凍コロッケを格安で仕入れて、転売していたというからかなり悪質だ。
こんな利益優先の会社が北海道にあったなんて恥かしい。
そんな会社で働いていた従業員も、恥かしくて顔を上げて歩けないだろう。
告発した側は、良心の呵責に耐えられなかったのだろうか。
悲しいことにこんな会社では愛社心も愛着心もおこらない。
いまだ記憶に新しい雪印、日本食品、日本ハム、不二家などの不祥事も、対岸の火事くらいにしか考えていないのだ。
しかも信じられないことに雪印の頃にはすでに偽装に手をだしていたという。

中国産のいろいろな輸入品にも、近頃とんでもないものが混入されていることが見つかっている。
野菜にしてもしかり。冷凍ほうれん草、枝豆、ピーマンなどの残留農薬問題。
最近では練り歯磨き粉までに農薬が。
ババはそれまでは中国産の野菜でも安さで買っていたが、次々と出てくる問題に不信感を覚え、以来少々高くついても国内産を選ぶようになった。
これだって100%でないかも知れないと思っていたが・・・。
それが国内でこんなデタラメなことをしていたのだ。

いったい何を信じ、何を安全の基準にしたらいいのだろうか。
消費者にはなんの手立てもない。
北海道農政事務所が内部告発を放置していたとも聞く。
告発した側の勇気、心情を全く無視してるとしかいえない。
行政側に、調査したくない都合でもあったのか、と勘ぐりたくもなる。
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働生産性が低いから? | トップ | 会期延長しても同じ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL