ジジババのたわごと

孫たち世代の将来が、明るく希望が持てる時代になってほしい。

卑劣だメロンに除草剤

2017年08月09日 | Weblog
北海道富良野のメロン農家の寺坂農園で、ハウスに除草剤が撒かれて6600玉のメロンが全滅した、というニュースをネットで読んだ。

除草剤が撒かれる前にもハウス棟の設備の設定が何者かに操作されていたり、電源ブレーカーが切られたりということが起きていたという。
警察の科学調査で除草剤によることが確認された。
まったく陰湿であくどい。

1500万円に上る損失という。
そして一連の事件の詳細を寺坂氏がブログで発表した。
犯人が明らかになってほしい。捜査は進んでいるようだ。

ネット上では犯人像を、JAを脱退したことを恨む農協にかかわる者でないかとか、年商1億円超えの「成功農家・寺坂農園」に嫉妬してのことでないか、とか推測が流れているが、手慣れた犯行や使用された除草剤から農業のことをよく知っている農業関係者だろうと推測されている。

「そもそも農協抜けたんだからこれくらいされて当たり前な気もするけどな。協調性のない人は日本には必要ないよ」。 「もうけすぎたからでは? 身勝手に農協抜けるとどうなるかよくわかったやろ(笑)」(wawawa@wawawa)。 という投稿もあったようだ。

ところで、センセーショナルなこの事件を、一般の新聞が報道していない
北海道でシェアの大半を占める北海道新聞にも載っていない。
新聞が報道しないのはなぜなのか、不思議に感じた。       
                                (画像転載)
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国に「反ノーベル平和賞」を | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL