しるしのないカレンダー

定年退職した自由人のBLOGです。庶民の目線であんなこと、こんなこと、きままに思ったことを書いてみたい。

趣味の小部屋

2017年06月19日 | Weblog
老人性の生活リズムと言えば朝が早いことだ。夜中に何度もトイレに起きる。早朝4時に目覚めたらそこで起きてしまう。そんな老人が多い様な気がする。普通夫婦で生活していると夜中に起きる人が居るとつれそいは迷惑だろう。自分はゆっくり睡眠をとる事ができないからだ。夫婦別の生活時間帯が可能となるには環境整備が必要だ。小生の場合、寝室の一部に小部屋がある。一坪にも満たない自分の空間である。ここに篭ると別の世界だ。自分だけの空間。ドアがあり、寝室とは隔絶されている。自分の好みの書籍、PC,趣味の道具が陳列されている。過去に触れた世界の貴重な資料を収めている棚もある。ここで過ごすと時間を忘れる。どうしても残しておきたかった過去の自分史の資料を残している。多分、他人がみても価値がわからないものばかりだ。当人が物故者となれば、家族は全部捨ててしまうだろう。そんな品が多い。UFO関係の書籍、世界の超常現象を集めた百科事典、過去に触れたスポーツグッズ、PCと周辺機器、椅子とテーブルが小生の城に収まっている。ポットが有れば多分何時間でも篭ることができる。毎日日記を書く。ブログを更新する。10年続けている。この小部屋が発信基地だ。誰にも入ってほしくない秘密の小部屋。これが宝であり、小生の活動の城であり、人生を考える大切な空間だったりしている。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世代間交流事業 | トップ | 立場が違えば »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (こーちゃん)
2017-06-19 03:50:47
城の主である。ここだけは誰も入れない。
入れる人は特別です。^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。