しるしのないカレンダー

定年退職した自由人のBLOGです。庶民の目線であんなこと、こんなこと、きままに思ったことを書いてみたい。

世帯数が減る

2017年04月19日 | Weblog
昨日は小学校区の世帯数の調査をまとめた。例年コミ協の会費の根拠としている。町内会・自治会単位での世帯数調査である。世帯数、班数、回覧数、配布数、を調査する。4月1日基準で行政が町内会長に報告を求めるあの数字である。今年も報告が出た。まとめてみるとかなり世帯数は減少していた。数年で100世帯減った。1600世帯から1500世帯へ下がった。新潟市がコミ協の活動に対し、活動補助金を出している。基準となる世帯数は2000世帯が最低数字である。多いコミ協は7千世帯を超える。かなり格差が出る。
それだけ少子高齢化の進んだ地域と言える。高齢者の単身世帯が多い。死亡すると空き屋となる。校外のコミ協は世帯数が増えている。住宅が建設される地域ということ。小生の地域は過疎化が進んでいる。空き家が解体されると空き地となる。駐車場は増えるが手入れの行き届かない草ボーボーの空き地も増えて来た。地元の空き地の管理は地元でしてほしい。けっこう汚れる。道路との境界線、歩道、空き家の排水路、枯れ葉が吹き溜まりとなりやすい。当該の町内会長が気にかけて、ときどき掃除する。地域の見守りは小学生の登下校時のセーフテイ活動だけでない。そもそも小学生が少ない地域である。地域の安心・安全の見守り活動は空き家、空き地の状態を気にかけること。高齢者の一人暮らしの世帯を気にかけること。ゴミ出し支援の必要があるか民生委員と確認すること。地域包括支援センターと情報共有すること。
安心・安全の要の交番・消防出張所と地元の職員との交流を維持する事。班長、学校、消防団、PTAの役員との連携活動を心がけたい。今年も名刺が大分集まった。異動の時期だ。新任の行政関係者、学校、警察、消防、金融機関の集金担当、いろいろあった。名刺入れを差し替える。今年も整理した古い名刺がけっこう出た。捨てると二度と記憶に戻らない。高齢者の脳のキャパは年々乏しく感じるこの頃だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自主性の原点 | トップ | 人材発掘 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴミカレンダー (こーちゃん)
2017-04-19 03:02:09
新年度に入りゴミカレンダーをもらいに来る世帯がある。
回覧版に挟んで案内したのに。といつも思う。
回覧版すら良く読まない世帯ということ。
町内会に対する関心もその程度だ。
まず班長候補からは外れる。--

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。